好きなことの延長線上に仕事がある、添乗の喜びです

東京支店
牧原淳一郎
Makihara Junichiro

–––7年ぶりの東京支店ですが、まずは藤沢での経験を振り返りいかがでしょう。

はい、大好きなアジア・中国に再び携わることができてうれしいです。藤沢ではアジアだけでなく各地に添乗しましたが、とくにヨーロッパの魅力を肌で知ることができたのは大きな収穫でした。語学や歴史など勉強することも多く大変でしたが(笑)。

–––その分、成長したのですね。

そうですね、お客様と同じ目線で旅を見ることができるようになってきたのではと思います。この経験を生かし、これからどんどん中国などアジアの旅の魅力を多くのお客様に知っていただきたいです。

–––中国には思い入れがあるのですね。

子どもの頃、NHKの『シルクロード』を見て、天山山脈やタクラマカン砂漠にロマンを感じ、その歴史に感激しまして。入社3年目に添乗で訪れたときは本当に感慨深かったですね。その後中国には何度も訪れていますが、広大な国土にはまだまだ隠された絶景があったりと、本当に奥が深い国だと思います。

–––当社情報誌『WORLD旅のひろば』でも、中国のすごい絶景をご紹介しています。

現在、世界遺産の数はイタリアが1位で、中国が2位なんです。絶景だけでなく田舎町もすごくいい雰囲気だし、日本のお隣にこんなにもたくさんの見どころを持った国があるのですから、ぜひ何度も足を運んでいただきたいですね。中国はあまり……という方でも、万里の長城や兵馬俑は見たいというお声をよく聞きますし、まずは一度お訪ねいただければ。中国は儒教の国なので、実際に訪れてみると、皆とても礼儀正しいんですよ。テレビやネットだけでは見えない、中国の人々の素顔を知ってほしいと思います。


【プロフィール&ひと言】
東京都三鷹市生まれ、小学校4年から横浜で育つ。子どもの頃からサッカーに熱中し、高校までは部活動で、大学時代は社会人チームに所属。最近はもっぱら観戦がメインだとか。昨春藤沢営業所から7年ぶりに東京支店アジア・中国担当に。「東京の皆様、どうぞよろしくお願いします。藤沢の皆様もツアーや集いなどで再会を楽しみにしております」