速報・注目の旅

速報・注目の旅

2021年08月24日

漁港を食す 秋にお勧めしたい2コース

 この夏に新発表した「漁港を食す」シリーズは、季節の移ろいとともに訪問地を変え、地元自慢の旬の食材をまだまだご紹介していきます。秋は6つのコースをご用意しておりますが、ここでは月刊誌「旅のひろば8月号」で発表しましたベンガラの町吹屋とともに瀬戸内の海の幸を堪能するコースを、そして日本で唯一「ユネスコの食文化都市」に認定される鶴岡を食の語り部とともに巡り、旬の鮭やサワラを味わう越後のコースをご紹介します。

①ワタリガニと牡蠣 ベンガラの町吹屋と瀬戸内の海の幸 4日間

秋はガザミ(ワタリガニ)の季節。岡山自慢の瀬戸内の恵みです。

【東京駅集合 ・ 4日間】 11月14日(日) 旅行代金 ¥178,000(1名利用追加料金 ¥30,000)
【新大阪駅集合・4日間】 11月28日(日) 旅行代金 ¥168,000(1名利用追加料金 ¥30,000)


 古くから漁業の町として栄えてきた岡山・寄島町。四季を通じ様々な魚介が水揚げされますが、岡山のプライドフィッシュにも選出される特産品が、10月~12月に旬を迎えるガザミ(ワタリガニ)です。新鮮なガザミを生きたまま茹で上げれば、甲羅の中には卵とミソがたっぷり。ツアーではガザミ漁に同行し、底引き網漁を見学。船上では、新鮮な魚介の試食も。また、関西の料理人御用達の「寄島牡蠣」もご用意しました。瀬戸内の美味をご満喫ください。旅の後半は、倉敷に連泊。ベンガラの町吹屋(重伝建)など風情ある町々も訪ねます。

旬のガザミをご堪能ください
生牡蠣(イメージ)
倉敷には2連泊します
重伝建 吹町の町並み©岡山県観光連盟

②美食の宝庫、村上から鶴岡、酒田へ 4日間 

秋も美味。「庄内おばこサワラ」は船上で活〆した鮮度抜群のブランド魚です

【東京駅集合・4日間】10月26日(火)、11月16日(火)旅行代金¥198,000(1名利用追加料金 ¥30,000)  

 かつて北前船で栄えた城下町・村上は、伝統の鮭漁で知られます。鮭の名店「千年鮭の井筒屋」では、千年鮭の説明とともに、名物の「鮭料理十品膳」をご賞味いただきます。その後、日本海の美しい風景を楽しみながら、景勝笹川流れに立ち寄り庄内へ。庄内の鶴岡は日本で唯一「ユネスコの食文化都市」に認定される食の都。「食の語り部 鶴岡ふうどガイド」に同行いただき、港の水揚げの様子を見学したり、地元のお母さんたちの手作り郷土食も楽しみです。そして夕食は、地元の誇る秋の味覚、「おばこサワラ」をご賞味ください

おばこサワラ(イメージ)
千年鮭井筒屋の「鮭料理十品」
郷土料理プログラム(イメージ)
水揚げ風景も見学させてもらいます

この記事に関するキーワード

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111