• モロッコ
パンフレット請求はこちらから FAXでパンフレットご請求の方は

モロッコ迷宮都市と幻想のサハラ砂漠【10日間の旅】

【1月~2月】東京発着 知られざる桃源郷 アーモンドの花咲くウリカ渓谷も訪ねる ツアーコード: FN009T

ツアーのポイント

プランニング事業本部謹製
モロッコキャンペーン

 
  • 東京
  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 福岡
  • 札幌
  • 仙台
  • 国際線の発着地を表します。
    黄色の枠の地域からは国際線の発着地までの国内線の航空運賃が無料となります。
    グレーの枠の地域からは国際線の発着地までの国内線の航空運賃は特別(追加)料金でご参加いただけます。
     

    企画者よりポイント

    ▲クリックで拡大
    カスバ街道、アイト・ベン・ハドゥにも宿泊し
    青の町シャウエンも訪ねます。
     

    見どころのご紹介

    アーモンドの花咲くウリカ渓谷(左)、人気の訪問地「青の町」シャウエンも訪ねます(右)

    カスバ街道、アイト・ベン・ハドゥにも宿泊し青の町シャウエンも訪ねます
    アイト・ベン・ハドゥ
    サハラ砂漠からマラケシュへと向かう道路は「カスバ街道」と呼ばれ、アトラス山脈を背景に丘の斜面に築かれた要塞の村(カスバ)が至るところに見られます。中でも世界遺産のアイト・ベン・ハドゥは城壁に囲まれたカスバと要塞化した村クサルから成り、今でもベルベル人がここで暮らしています。その景観からたびたび映画のロケにも使われています。

    ジャマ・エル・フナ広場
    マラケシュの旧市街メディナは迷路のように小道が張り巡らされ、人やロバが行き交っています。また、ジャマ・エル・フナ広場は、日中は蛇使いや大道芸人が人々を楽しませ、夜は広場を埋め尽くすほどの屋台が現れます

    「青の町」シャウエン
    町の中は家の壁も道も階段もすべて青く塗られています。なぜ青い街になったのかは定かではありませんが、かつてここに住んでいたユダヤ人が、ユダヤの神聖な色で家や道を塗ったとのことです。

    サハラ砂漠
    サハラ砂漠のメルズーガ砂丘のすぐ前のホテルに宿泊。夕刻は刻々と色を変える日没風景をゆっくりとご覧いただきます。
    アイト・ベン・ハドゥ
    ジャマ・エル・フナ広場
    ツアーの見どころ
    マラケシュ郊外、花咲くウリカ渓谷

    今回の出発日は、モロッコに春が近いことを告げるアーモンドの花が咲く季節に設定しました。マラケシュ郊外ウリカ渓谷やカスバ街道では桜によく似たアーモンドの花が見られるでしょう。
    ツアーの見どころ
    ぜひ訪れたい世界遺産の迷宮都市 フェズ

    フェズの旧市街は城壁に囲まれ、複雑な街並みから迷宮都市と呼ばれています。789年以来この町はイスラム王朝の王都となり、政治・芸術・学問の中心として発展しました。また、手工業が盛んで、有名なものはタンネリと呼ばれる皮なめし工場です。

    「青の町」シャウエン
    サハラ砂漠(イメージ)
    フェズの旧市街
     

    お食事について

    お食事の回数
    朝食7回、昼食7回、夕食7回
     

    ホテルについて

    レ・メリニド
    目の前にサハラ砂漠が広がるホテルにもご宿泊いただきます。
    ■ ラバト:ゴールデンチューリップ・ファラー

    ■ フェズ:レ・メリニド
    フェズ旧市街を見下ろす高台に建ち、ホテルレストランからはその絶景を見ることができます。

    ■ メルズーガ:オーベルジュ・ド・スッドまたはトゥンブクトゥ
    いずれもメルズーガ砂漠にある、モロッコの伝統的な趣たっぷりのホテル。砂丘が朝日に染まって色合いを変えていく神秘的な姿を楽しむことができます。

    ■ アイト・ベン・ハドゥ:リャド・クサール・イグンダ

    ■ マラケシュ:レ・ジャルダン・ドゥ・ラ・クトゥビア
     

    日程表

    利用予定航空会社:カタール航空
    10日間 スケジュールと見どころ 宿泊地・食事
    1日目 東京22:20発

    夜、成田または羽田空港より、カタール航空にてドーハへ。

    (機中)
    2日目 ドーハ05:00着 09:05発 カサブランカ14:40着ラバト

    着後、航空機を乗り換え、カサブランカへ。
    カサブランカ着後、簡単な車窓観光。その後ラバトへ。
    着後、ラバトの簡単な車窓観光後、ホテルへ。

    (ラバト)
    3日目

    ラバト08:00発シャウエン13:30着フェズ

    午前、青と白の街並みが美しいシャウエンへ。
    昼食後、メディナ(旧市街)の散策をお楽しみください。
    その後、世界遺産のメディナを持つ古都フェズへ。

    (【2連泊】
    フェズ)
    4日目 フェズ

    終日、フェズ旧市街の観光へ。○ブー・ジュルード門、○王宮、○皮の染色場など路地散策へご案内。

    (フェズ)
    5日目 フェズ08:00発 エルフード メルズーガ17:30着 サハラ砂漠に沈む夕日を鑑賞

    本日はアトラス山脈を越え、サハラ砂漠が美しいメルズーガへ。途中、エルフードにて四輪駆動車に乗り換えます。
    夕刻、サハラ砂漠に沈む夕日を観賞します(注1)。

    (メルズーガ)
    6日目 メルズーガトドラ溪谷アイト・ベン・ハッドゥ

    午前、アイト・ベン・ハドゥへ。途中、トドラ渓谷に立ち寄ります。

    (アイト・ベン・ハドゥ)
    7日目 アイト・ベン・ハドゥマラケシュ 

    午前、映画のロケ地としても知られる要塞化されたアイト・ベン・ハドゥ村の散策をお楽しみください。
    その後、ドラア谷アトラス越えをお楽しみいただきながら、マラケシュへ向かいます。

    (【2連泊】
    マラケシュ)
    8日目 マラケシュ(桃源郷ウリカ渓谷)

    午前、マラケシュ郊外、アトラス山脈の麓にある知られざる桃源郷・ウリカ渓谷へ。美しい高原の景色や滝、そして山肌に張り付くように建てられた家々と花咲くアーモンドの絵のような景色をお楽しみください(注2)。
    夕刻、○ジャマ・エル・フナ広場を訪れ、屋台で賑わう雰囲気をお楽しみください

    (マラケシュ)
    9日目 マラケシュ(世界遺産・旧市街)マラケシュ18:00発

    午前、「モロッコの縮図」と称されるマラケシュの観光。旧市街メディナ地区にて○ジャマ・エル・フナ広場やスーク、革なめし職人地区などを散策します。
    午後、史跡地区を訪れ、サアード朝の墳墓群や○バヒア宮殿、○カスバ寺院などへご案内します。
    夕刻、新市街の○メナラ庭園に立ち寄り、空港へ。
    夜、カタール航空にてドーハへ。

    (機中)
    10日目 ドーハ04:50着 07:05発羽田空港22:30着

    着後、航空機を乗り換え、帰国の途へ。
    夜、羽田空港に到着。


      ■観光について:●=入場観光 ◯=下車観光
     

    出発日と旅行代金

    ■このツアーは10日間のコースです
    東京発
    出発日 旅行代金
    2019年 1月23日(水)発 ¥299,000
    2019年 1月30日(水)発 ¥299,000
    2019年 2月13日(水)発 ¥299,000
    (1名利用追加料金 ¥70,000)
    • 燃油サーチャージ別途目安:不要です:9月1日現在​
       
    • ビジネスクラス利用追加代金 ¥400,000
    • 東京〜カサブランカ/マラケシュ〜羽田間
    • お席に限りがございますので、お早めにお手続きをお願いします。
    【ご注意事項】
    • ■食事:朝食7回、昼食7回、夕食7回 
      ■添乗員:成田または羽田空港ご出発から羽田空港ご到着まで随行いたします。 
      ■最少催行人員:10名様 
      ■パスポート必要残存期間:出国時6カ月以上 
      ■パスポート査証未使用欄:見開き2ページ以上

      (注1)夕日は天候等気象条件によってご覧いただけない場合もありますので、お含みおきください。

      (注2)アーモンドの花咲く時期に合わせての設定ですが、その年の気象条件等によってご覧いただけない場合もありますので、お含みおきください。

    • ■ご旅行お申込みの際には、別途交付する旅行条件書(全文)と当ツアーのパンフレットをお受け取りの上、必ずご確認ください。
    このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
    東京支店
    東京支店
    東京都千代田区有楽町1-5-1
    日比谷マリンビル4階
    TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
    パンフレット請求アドレス:
    営業時間 午前9:30~午後6:00
    (土・日・祝日は休業日)
    東京支店
    大阪支店
    大阪府大阪市北区梅田1-1-3
    大阪駅前第3ビル29階
    TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
    パンフレット請求アドレス:
    営業時間 午前9:30~午後6:00
    (土・日・祝日は休業日)
    名古屋支店
    名古屋支店
    愛知県名古屋市中区栄3-14-7
    RICCO栄 6階
    TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
    パンフレット請求アドレス:
    営業時間 午前9:30~午後6:00
    (土・日・祝日は休業日)
    九州支店
    九州支店
    福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
    福岡センタービル11階
    TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
    パンフレット請求アドレス:
    営業時間 午前9:30~午後6:00
    (土・日・祝日は休業日)
    札幌営業所
    札幌営業所
    北海道札幌市中央区北1条西2-1 
    時計台ビルB1階
    TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
    パンフレット請求アドレス:
    営業時間 午前9:30~午後6:00
    (土・日・祝日は休業日)
    仙台営業所
    仙台営業所
    仙台市青葉区中央2-2-10
    仙都会舘ビル4階
    TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
    パンフレット請求アドレス:
    営業時間 午前9:30~午後6:00
    (土・日・祝日は休業日)
    藤沢営業所
    藤沢営業所
    神奈川県藤沢市藤沢484-1
    藤沢アンバービル3階
    TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
    パンフレット請求アドレス:
    営業時間 午前9:30~午後6:00
    (土・日・祝日は休業日)