2回の観劇チケットとベルリン・ミュージアムパス付き

【15名様限定】ドレスデンのルレ・エ・シャトーとベルリンの名門アドロンで愉しむ ドイツ美術と音楽の旅【10日間】

  • 集合場所:成田空港
  • 出発日: 1月22日(水) 、 2月19日(水)
  • ご旅行代金:エコノミークラス利用¥778,000〜ビジネスクラス利用¥1,318,000

旅のポイント

Point 1
ドレスデンのルレ・エ・シャトー「ホテル・ビューロウ・パレ」、ベルリンの名門ホテル「アドロン・ケンピンスキー」にそれぞれ3連泊。特別感あるホテルライフ自体が旅の大きなハイライト。
Point 2
ドレスデンではザクセン州立歌劇場(ゼンパーオーパー)でのオペラ、ベルリンではベルリン国立歌劇場でのオペラまたはコンサートと、ドイツを代表する歴史的な劇場での2回の音楽プログラムを楽しみます。
Point 3
ドイツが誇る美術館の町ベルリンでは、「ミュージアムパス」(72時間)を利用して、絵画館へご案内します。

ツアープランナーより

ドレスデンのルレ・エ・シャトー3泊、ベルリン最高級ホテルのアドロンにも3泊し、各ホテルでの自慢のディナーも愉しむ贅沢な旅です。季節柄、屋内観光を主体としており、ドレスデン、ベルリンともに世界屈指の名画の数々や建築を存分に、そして、ハイシーズンとは違い人ごみに交じってではなく、ゆっくりとご自身のペースで鑑賞いただけることと思います。可愛らしい木骨組みの家々が建ち並ぶハンミュンデンの町、古都マイセンではマイセン磁器製作所の博物館で18世紀からの逸品に目を奪われることでしょう。ベルリンの名門ホテル・アドロンは、ブランデンブルク門のすぐ傍に立地し、ポツダム広場やベルリン国立歌劇場などが徒歩圏で自由散策にも好適。もちろん、プールやスパなどホテルライフも満喫いただけます。ドレスデンの貴族の館を改装したビューロウ・パレの近くには、この地で生まれた作家エーリッヒ・ケストナー(『飛ぶ教室』や『ふたりのロッテ』など)博物館や100年前のクラシカルな建物マルクトハレ(屋内市場)があり、新しい発見もまた楽しいことでしょう。オペラやコンサートもこのシーズンならではの大きな愉しみです。贅沢なホテルライフに加え、「美術と音楽」もこの企画のメインテーマのひとつといたしました。ご期待ください。

ホテルライフと料理を愉しみながら「美術と音楽」も満喫する
冬ならではの贅沢な旅  

ドレスデン:ホテル・ビューロウ・パレ

旧市街からエルベ河を渡ってすぐ、ノイシュタット地区(新市街)の中心に位置する全58室の個人経営のホテル。バロック様式と現代的なスタイルが融合したエレガントかつ温かみある館内、心のこもったホスピタリティーによる居心地の良さ、有名グルメ雑誌に紹介されているレストランでの料理などにより、2010年開業ながら幾度も名誉ある賞を受賞しています。また、環境への配慮という面からもドイツ国内で高い評価を受けています。

ノイシュタット地区(新市街)の閑静なエリアに位置する「ホテル・ビューロウ・パレ」
洗練された料理で定評のあるレストランは、有名グルメ雑誌でも高い評価を得ています。
食材にこだわり持った創作料理に定評のあるレストランの料理(イメージ)
温かみのある落ち着いた雰囲気の客室(イメージ)

世界一流の美術を味わう ベルリンでは便利なミュージアムパスもご用意しました

ドレスデンでは、旧市街さんぽを楽しみながら、ラファエロの傑作『システィーナのマドンナ』で有名なアルテ・マイスター絵画館へ。また、自由行動時にはアルベルティーヌム内にあるノイエ・マイスター絵画館へ行くことも可能です。一方、ベルリンでは30以上の美術館や博物館が対象となる「ミュージアムパス」をご用意。パスを活用しながら、フェルメールの『真珠の首飾りの女』をはじめ、レンブラント、ラファエロらの名作を擁するベルリン絵画館へご案内します。自由行動の際には、世界遺産に登録される博物館島を訪ねてみるのも良いでしょう。

ドレスデンのツヴィンガー宮殿内にある巨匠作品を集めた「アルテ・マイスター絵画館」。奥に見える一番大きな絵画が『システィーナのマドンナ』
13~18世紀の西洋美術の珠玉のコレクションを誇る「ベルリン絵画館」(レンブラント・ルーム)

ドイツ・オペラ史に燦然と輝く名門オペラハウスでの名演に酔いしれる
(ドレスデン、ベルリン 計2回の観劇チケットをご用意しました)

ザクセン州立歌劇場(ゼンパーオーパー)は、『さまよえるオランダ人』、『タンホイザー』(ワーグナー)、『ばらの騎士』(リヒャルト・シュトラウス)などが初演された、ドイツ・オペラ史に輝くオペラハウス。そして、1920年代にフルトヴェングラー、ワルターらが指揮台に上り、リヒャルト・シュトラウス、カラヤン、バレンボイムをはじめ、音楽史に残る名音楽総監督を輩出したベルリン国立歌劇場。地元の人々に交じって観劇する冬ならではの愉しみです。

【1月22日発】
4日目:1月25日(土)19:00開演 ザクセン州立歌劇場(ゼンパーオーパー)
演目:ヴェルディ『椿姫』
上から2番目のカテゴリー予定

8日目:1月29日(水)19:30開演 ベルリン国立歌劇場
演目:リヒャルト・シュトラウス『エレクトラ』 上から1番目のカテゴリー予定 

【2月19日発】
4日目:2月22日(土)19:30開演 ザクセン州立歌劇場(ゼンパーオーパー)
演目:プッチーニ『蝶々夫人』
上から2番目のカテゴリー予定

6日目:2月24日(月)19:00開演 ベルリン国立歌劇場
演目:シュターツカペレ・ベルリンのコンサート
指揮者:パーヴォ・ヤルヴィ バイオリン:マリア・ドゥエニャス
演目:シベリウス:タピオラ(交響詩)、コルンゴルト:バイオリン協奏曲ニ長調 作品35、ニールセン:交響曲第6番
上から1番目のカテゴリー予定

1841年、ザクセン王国の宮廷歌劇場として誕生した豪華なザクセン州立歌劇場(ゼンパーオーパー)(イメージ)
1742年開館、数多く名指揮者、音楽総監督を輩出したベルリン国立歌劇場

800年の歴史を偲ぶ、ヨーロッパを代表する壮大な木骨組みの町ハンミュンデン

2つの川に囲まれ、13世紀以降水運で富み栄えた歴史ある町ハンミュンデン。当時の絶大なる繁栄ぶりが、現在も旧市街に残る600軒近い美しく壮大な木骨組みの家並みに偲ばれる、ドイツのみならずヨーロッパを代表する木骨組みの町です。歩行者天国の中心部には壮麗なルネサンス式ファサードを持つ市庁舎や木骨組みのカフェが建ち並び、中世建築さんぽが楽しい町です。

13世紀来の見事な木骨組み建築が建ち並ぶハンミュンデン旧市街

その他の見どころ

大音楽家バッハが生まれ、10歳まで暮らしたアイゼナハの「バッハ・ハウス」。歴史ある館は、当時の楽器やオリジナル資料が豊富なバッハ博物館となっています
1710年、ドレスデンに創設された「王立ザクセン磁器工場」が起源の「国立マイセン磁器製作所」。工房内の磁器博物館では18世紀以来の名品、逸品の素晴らしさに目を奪われることでしょう

ベルリン:アドロン・ケンピンスキー
アインシュタイン、チャップリン、グレタ・ガルボも愛した伝説の名門ホテル

ベルリンの象徴ブランデンブルク門のすぐ傍に建つ、ドイツを代表する最高級ラグジュアリーホテル。1907年に皇帝ヴィルヘルム2世参列による開業式典が催され、貴族や政治家の集会場でもあった伝説のホテルは、1997年の再建オープン後も創業以来の最高のおもてなしでドイツを訪れる国賓たちを迎えるホテルとなりました。客室、内装、公共スペース、どこを取ってもシックで高級感が漂い、優雅なエレファントバー、極上のスパ施設など、生涯の想い出となるホテルライフを愉しませてくれます。ブランデンブルグ門を望むブラッセリーレストラン「カレ」でのディナーもご用意しました。

創業当時を偲ばせる豪奢でクラシカルなロビー
ブランデンブルク門から延びるウンターデンリンデン通りに面して建つ最高のロケーション
ブランデンブルク門を望むレストラン「カレ」(イメージ)

ホルツハウゼン:ホテル・ホーエンハウス

19世紀末のヴィクトリア様式の広大な自然庭園内に佇む、16世紀の邸宅の一部を利用したエレガントなブティックホテル。日常とかけ離れたのどかで豊かな自然と一体化した、心癒される大人の隠れ家ホテルです(2023年度までルレ・エ・シャトーに加盟していたホテルです)。

16世紀の貴族の暮らしを彷彿とさせる、優雅で寛ぎのひとときをお過ごしください

ツアー日程

10日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
成田空港23:10発

夜、成田空港より、航空機にてヘルシンキへ。

(機中泊)

2日目
ヘルシンキ05:00着/07:45発 フランクフルト09:25着 アイゼナハ ホルツハウゼン16:30着

■航空機を乗り換え、フランクフルトへ。

■着後、バスにて音楽家バッハの故郷アイゼナハを訪れ、●バッハ・ハウスにご案内します。

■夕刻、アイゼナハ郊外ホルツハウゼンのホテル「ホーエンハウス」にチェックイン。

(ホルツハウゼン泊)

3日目
ホルツハウゼン09:30発 ハンミュンデン ドレスデン17:30着

■朝は、ゆっくりお過ごしください。

■午前、木骨組みの町並みが美しい中世の町ハンミュンデンに立ち寄り、旧市街の散策と昼食。

■午後、エルベ河畔の芸術古都ドレスデンへ。ご宿泊は、ドレスデンのルレ・エ・シャトー「ホテル・ビューロウ・パレ」に3連泊です。

【3連泊】(ドレスデン泊)

4日目
ドレスデン

午前、ドレスデン旧市街の観光。ラファエロの傑作『システィーナのマドンナ』で有名な●アルテ・マイスター絵画館○君主の行列○フラウエン教会などにご案内します。

■午後、自由行動。ホテル周辺には、『飛ぶ教室』などで有名な童話作家エーリッヒ・ケストナー博物館もあります。

■夜、ザクセン州立歌劇場(ゼンパーオーパー)にて本場のオペラを観劇します。

(ドレスデン泊)

5日目
ドレスデン

■終日、自由行動。ご希望の方は、添乗員がご案内します。旧市街にはゴッホやモネの絵画を擁すアルベルティーヌム(ノイエ・マイスター絵画館)もあります。

(ドレスデン泊)

6日目
ドレスデン09:00発 マイセン ベルリン16:30着

■午前、バスにて古都マイセンへ。工房内の博物館に18世紀からの秀逸な陶磁器の数々が並ぶ、●国立マイセン磁器製作所を参観します。

■午後、プロイセン王国の都でもあった歴史古都ベルリンへ。

■夕刻、東西ベルリン統一のシンボル、ブランデンブルク門のすぐ傍に建つ名門ホテル「アドロン・ケンピンスキー」にチェックイン。ゆっくり3連泊です。

【3連泊】(ベルリン泊)

7日目
ベルリン

午前、公共交通機関にてベルリン観光。便利なミュージアムパスを使用し、●絵画館(フェルメール『真珠の首飾りの女』、レンブラント、ラファエロなど)、フィルハーモニーにご案内します。

■午後、自由行動。ミュージアムパス(3日間有効)を活用して、博物館島の新美術館(王妃ネフェルティティ)参観などもお楽しみいただけます。

■夕食は、ホテル内のブラスリー「カレ」にてお召し上がりください。(注1)

(ベルリン泊)

8日目
ベルリン

■終日、自由行動。ご希望の方は、添乗員がご案内します。

■夜、ベルリン国立歌劇場にて、オペラ観劇またはコンサートをお楽しみください。(注2)

(ベルリン泊)

9日目
ベルリン13:00着 ヘルシンキ15:55着/17:45発

■午前、ホテルをチェックアウト後、空港へ。

■午後、ベルリンより航空機にて、ヘルシンキへ。

■着後、航空機を乗り換え、帰国の途へ。

(機中泊)

10日目
成田空港14:05着

■午後、成田空港に到着後、解散。

(注1)1/22発は、7日目ではなく8日目にホテルでの夕食をご用意いたします。

(注2)2/19発は、6日目の夜にベルリン国立歌劇場にてコンサートにご案内します。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは10日間のコースです。

出発日 旅行代金
1月22日(水)発

旅行代金:¥778,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥1,298,000
ビジネスクラス利用

2月19日(水)発

旅行代金:¥798,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥1,318,000
ビジネスクラス利用

■1名室利用追加代金:¥130,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

■ビジネスクラス利用区間:日本発着の国際線区間に適用

燃油サーチャージ:¥81,000:6月1日現在

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(ただし、成田空港の施設使用料及び保安サービス料合計3,010円、ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります。)

■地方発着追加代金
大阪・名古屋〜東京 片道・・・¥5,000
福岡・札幌〜東京 片道・・・¥10,000

但し付帯条件がございますので各支店へお問い合わせください。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111