海辺のルレ・エ・シャトーでゆっくりと贅沢なひとときを過ごす

【15名様限定】ルレ・エ・シャトーで愉しむ カタルーニャから地中海、そしてカルカッソンヌへの旅【10日間】

  • 集合場所:羽田空港または成田空港
  • 出発日: 1月22日(水) 、 2月16日(日)
  • ご旅行代金:エコノミークラス利用¥688,000〜ビジネスクラス利用¥1,218,000

旅のポイント

Point 1
ピレネー南麓の地中海に面したサンシプリアン、ラグーン島全体がホテルというルレ・エ・シャトーの大人の隠れ家ホテル「リル・ドゥ・ラ・ラギューヌ」にのんびり連泊。
Point 2
ピレネーを挟んでスペイン領とフランス領に跨り、独自の文化を継承するカタルーニャから、歴史に彩られた南西フランス、オクシタニー地方の個性豊かな街を巡ります。
Point 3
海と山の幸に恵まれたカタルーニャならではの冬の味覚や、滞在するルレ・エ・シャトーの洗練されたレストランでの食事もお愉しみいただきます。

ツアープランナーより

冬季でも温暖な(1~2月でも日中14度以上。少雨で晴天率が高い)、バルセロナ3泊の滞在から旅はスタート。バルセロナ旧市街に位置するカテドラルの向かい、という絶好立地のホテルをご用意し、中世にタイムスリップしたゴシック地区の散策をのんびり楽しみます。そして、カタルーニャ地方を旅しながら、「カルカッソンヌを見ずして死ぬことなかれ」と謳われる、重量級の中世城塞カルカッソンヌを目指して南西フランスへ。その途上では、ワールド航空サービス初登場、地中海ラグーナに浮かぶ小島全体が高級リゾートというルレ・エ・シャトーに2泊。有名グルメ雑誌で星を獲得したシェフ、フレデリック・バッキエ氏がカタルーニャと南仏の豊かな食材を駆使した自慢の地元地中海料理に舌鼓。旅の中盤のこの一日は、近郊のペルピニャンに遊びに行ったり(実費)、宿泊客限定の「マリンスパ」のハマムを体験いただくなど、地中海でのリゾートライフを満喫して過ごすのはいかがでしょうか。 そして、ガロンヌ河畔の中世都市トゥールーズでも、街の中心キャピトル(市庁舎)広場のお隣りに位置する上級ホテルをご用意しましたので、この歴史深いローズピンク色の旧市街を自由気ままに散策いただきたいと思います。

温暖なバルセロナにゆったり3泊
そして、仏領カタルーニャ海辺のリゾートで優雅な1日を過ごす

サンシプリアン:リル・ドゥ・ラ・ラギューヌ・タラソ&スパ

ペルピニャン近郊の南西フランスを代表する海辺のリゾート、サンシプリアン。美しい砂浜が6キロ続くルシヨン海岸のラグーン島全体がホテルの敷地となる「リル・ドゥ・ラ・ラギューヌ」は、まさに日常から切り離された大人の隠れ家といえ、ただただリラックスして時の流れを楽しむ贅沢なひとときがフランスセレブに人気のラグジュアリーホテルです。本年リニューアルされた、ウェルネス、マリンスパでの極上の癒し体験、有名グルメ雑誌で星を獲得したレストラン「ラルマンダン」での上質な地中海料理が、美しい自然景観に囲まれた滞在を一層印象深くしてくれることでしょう。

ラグーン島全体がホテルとなるルレ・エ・シャトーの大人の隠れ家ホテル「リル・ドゥ・ラ・ラギューヌ」(イメージ)
シックなトーンで落ち着きのある客室(イメージ)
今年5月にリニューアルされたマリンスパ内の屋内温水プール
上品かつ開放的雰囲気のホテル内の星付きレストラン「ラルマンダン」
カタルーニャ料理の伝統を融合させた創作地中海料理に舌鼓(イメージ)
新進気鋭のシェフ、フレデリック・バッキエ氏

バルセロナではゴシック地区に宿泊し、散策を楽しみます

バルセロナの街並みは大半が碁盤の目になっているのに対し、海側の一角には迷路のように入り組んだエリアがあります。ローマ時代に築かれたバルセロナで最も古いエリア、ゴシック地区です。中世の佇まいを残す街並みや、カテドラルに市場、ピカソの美術館やモデルニスモの傑作カタルーニャ音楽堂があるのもこの地区です。このたびは、大聖堂そばのホテルに3連泊して散策を楽しみます。

カテドラルを中心にゴシック地区を散策します
中世の面影が残る細い通り

ご希望の方は、カタルーニャ音楽堂のチケット手配も承ります(実費)

バルセロナにおけるモデルニスモ(アールヌーヴォー)の先駆的建築家ドメネク・モンタネールの設計による1908年完成のコンサートホール。曲線を多用した石の彫刻と鉄製装飾、色彩豊かなモザイクとタイル、花や鳥などの自然をモチーフにした可憐なステンドグラスなど、その美しさは別格です。クラシック音楽に限らず、ジャズやゴスペルなど、気軽に訪れることができる様々なコンサートが催されています。ご希望の方は、コンサートのチケット手配もお手伝いいたします。

【1月22日発】4日目:1月25日(土)20:00開演 
演目:アンナ・プロハスカ、カタルーニャ聖歌隊、バルセロナ交響楽団などによる、ウェインライトの「ドリーム・レクイエム」 
ファーストカテゴリー:チケット1枚あたり¥12,000、および弊社手配手数料¥3,000

【2月16日発】2日目:2月17日(月)20:00開演 
演目:アンサンブル「イ・ギメッリ」とエミリアーノ・ゴンザレス・トロによるコンサート
ファーストカテゴリー:チケット1枚あたり¥12,000、および弊社手配手数料¥3,000

細部にわたり斬新で美しい装飾が施された、世界遺産カタルーニャ音楽堂。これぞまさにモデルニスモ建築の最高傑作

(注1)ご希望をいただく時期によっては、売り切れなどの状況でチケットが手配できない場合があります。また、手配後のチケットのキャンセルはできませんので予めご了承ください。

奇才サルバドール・ダリの生まれ故郷フィゲラス

幻想的で奇天烈な独自の内面世界を描いた作品で知られる、シュルリアリスムの奇才サルバドール・ダリ。生まれ故郷のフィゲラスのダリ劇場美術館は、ダリ自身がかつての劇場を改修してデザインしたもの。初期から晩年に至るダリの幅広い作品群、数々の傑作が見る者を奇抜なダリの世界に引き込みます。ダリは最晩年をここで暮らしました。 

奇想天外な外観もダリが自らデザインした、ダリ劇場美術館  

城郭都市カルカッソンヌを歩く

その規模、保存状態からヨーロッパ最上級の城郭都市といわれるカルカッソンヌ。13世紀にアラゴン王国に対する防御のために強固な城壁が造られて以降、現在に至りますが、「カルカッソンヌを見ずして死ぬなかれ」という言葉があるのも思わず納得の迫力です。このたびは、城壁内の旧市街を歩き、昼食をお召し上がりいただきます。

ヨーロッパ最大規模の中世城郭都市、世界遺産カルカソッソンヌ
城壁内のコンタル城

ラ・ヴィル・ローズ(バラ色の街)トゥールーズ

エアバス本社や航空・宇宙産業で知られるフランス第4の都市トゥールーズは、古代ローマ時代に遡る歴史ある文化都市でもあります。バラ色の街と称される特徴ある赤レンガ建築群の旧市街を歩きます。宿泊ホテルは、中心部のキャピトル広場近くにあるホテルをご用意しました。

サンセルナン寺院とトゥールーズの街並み
味わいある赤レンガの家並みと路地が続く旧市街
回廊が美しいジャコバン修道院

バルセロナ:旧市街ゴシック地区に建つ「ホテル・コロン」

バルセロナ旧市街ゴシック地区の入口、大聖堂の向かいに建つ1951年創業のホテル。ヘミングウェイやサルトル、ソフィアローレンなど多くの著名人が利用し、スペインを代表する画家ミロが、1960年代にバルセロナでの自宅としたことでも知られています。

ネオクラシックの外観は、1951年創業時そのまま(イメージ)
屋上テラスから、目の前に圧巻のカテドラルが聳えます(イメージ)

トゥールーズ:「ル・グラン・バルコン」

街の中心キャピトル広場にほど近い、散策に大変便利な全47室のブティックホテル。パリの建築インテリアデザイナー、ジャン=フィリップ・ニュエルによるスタイリッシュな内装も素敵です。

ツアー日程

10日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田空港22:05発

■深夜、羽田空港より航空機にてイスタンブールへ。

(機中泊)

2日目
イスタンブール05:55着/09:10発 バルセロナ11:00着

■航空機を乗り換え、バルセロナへ。

着後、バスにて簡単な車窓観光後、ホテルへ。

■午後、旧市街ゴシック地区に建つ老舗ホテル「コロン」にチェックイン。 

【3連泊】(バルセロナ泊)

3日目
バルセロナ 【旧市街ゴシック地区の散策】

■午前、世界遺産に登録されるゴシック地区(バルセロナ歴史地区)の散策。●カテドラル●ピカソ美術館にご案内します。

■午後、自由行動。

(バルセロナ泊)

4日目
バルセロナ

■終日、自由行動。ご希望の方は添乗員がご案内します。

■夜、ご希望の方は、実費にてカタルーニャ音楽堂でのコンサートチケット手配を承ります。(注1)

 (バルセロナ泊)

5日目
バルセロナ午前発 ジローナ フィゲラス サンシプリアン夕刻着

午前、中世建築が残る古都ジローナへ。『天地創造のタペストリー』で有名な●大聖堂を参観します。

■その後、芸術家ダリの生誕地フィゲラスを訪れ、●ダリ劇場美術館を見学します。

■夕刻、国境を越え、ペルピニャン近郊サンシプリアンの地中海に面したルレ・エ・シャトーホテル「リル・ドゥ・ラ・ラギューヌ・タラソ&スパ 」へ。

【2連泊】(サンシプリアン泊)

6日目
サンシプリアン

終日、自由行動。ペルピニャンへ遊びに行ったり(ご希望の方は添乗員がご案内します)、スパ体験など、ご滞在をお楽しみください(スパの予約をご希望の方は事前にお申し出ください)。

(サンシプリアン泊)

7日目
サンシプリアン08:30発 カルカッソンヌ トゥールーズ16:30着

午前、中世の城郭都市カルカッソンヌへ。着後、旧市街シテの散策にご案内します。

昼食は、城壁内の古城ホテル「ドゥ・ラ・シテ」にて地元料理をご用意しました。

■午後、フランス南西部オクシタニー地方の首府トゥールーズへ。

■夕刻、トゥールーズ中心部、キャピトル広場近くのホテルにチェックイン。

【2連泊】(トゥールーズ泊)

8日目
トゥールーズ

■午前、トゥールーズ旧市街の観光。キャピトル広場キャピトル(市庁舎)、●サンセルナン寺院●ジャコバン修道院を訪ねます。

■午後、自由行動。

(トゥールーズ泊)

9日目
トゥールーズ18:05発 イスタンブール23:45着

■午後、トゥールーズ空港へ向かいます。(※)

■夕刻、航空機にて、イスタンブールへ。

■着後、航空機を乗り換え、帰国の途へ。

(機中泊)

10日目
イスタンブール02:35発 羽田空港19:45着

■夜、羽田空港に到着後、解散。

日程表の時刻は、羽田空港発着のターキッシュエアラインズの便を想定したものです。ターキッシュエアラインズの成田空港発着便、または、他航空会社を利用の場合には、発着空港および時刻、日程は異なります。また、復路は、利用航空会社によってはバルセロナ空港からの帰国となる場合があります。

(注1)ご希望をいただく時期によっては、売り切れなどの状況でチケットが手配できない場合があります。また、手配後のチケットのキャンセルはできませんので予めご了承ください。また、2/16発では2日目にご希望の方をご案内します。それに伴い、グループでの夕食は2日目ではなく4日目にお付けします。

 

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは10日間のコースです。

出発日 旅行代金
1月22日(水)発

旅行代金:¥688,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥1,208,000
ビジネスクラス利用

2月16日(日)発

旅行代金:¥698,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥1,218,000
ビジネスクラス利用

■1名室利用追加代金:¥160,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

■ビジネスクラス利用区間:日本発着の国際線区間に適用

燃油サーチャージ:¥74,500:6月1日現在

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(ただし、羽田空港の施設使用料2,950円または成田空港の施設使用料及び保安サービス料合計3,010円、ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります。)

 

■地方発着追加代金
大阪・名古屋〜東京 片道・・・¥5,000
福岡・札幌〜東京 片道・・・¥10,000

但し付帯条件がございますので各支店へお問い合わせください。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111