日本航空でゆく

日系ホテルで寛ぐ 蘇州と上海の旅【5日間】

  • 集合場所:羽田空港
  • 出発日: 5月22日(水) 、 6月19日(水) 、 6月26日(水) 、 9月4日(水)
  • 旅行代金:エコノミークラス利用 ¥198,000〜ビジネスクラス利用 ¥298,000

旅のポイント

Point 1
蘇州に3連泊し、江南の古き水郷の町をめぐります。
Point 2
上海近郊の小籠包発祥の地、南翔もご案内します。
Point 3
往復は日本航空。宿泊も日系のホテルでおくつろぎいただきます。

ツアープランナーより

羽田から最も気軽に訪ねられる海外の街のひとつ、上海。高層ビルが立ち並ぶ中国最大の都市ですが、そこから少し足を延ばすと、長江のデルタ地帯で江南地方の中心都市、蘇州があります。こちらにも中国の勢いそのままにビルが林立しますが、旧市街にはかつて「東洋のベニス」と呼ばれた姿を彷彿とさせる水辺の町並みが残されています。この蘇州に3連泊し、蘇州をはじめ明清時代の趣を今に伝える水郷の町々にご案内します。古代より北京と杭州を結ぶ南船北馬の水運交易の要衝として栄えた蘇州をはじめとする町と、近代、諸外国への開港によって繁栄した上海、歴史的に異なる発展を遂げた2つの町でノスタルジックな町歩きを存分にお楽しみください。往復の空の旅は日本航空、宿泊ホテルも「ニッコーホテル蘇州」「オークラガーデンホテル上海」と日系のホテルを利用し、安心しておくつろぎいただきます。海外旅行の再開にもぴったりのツアーです。

見どころのご紹介

国内旅行の延長で寛げる2つの日系ホテルに宿泊

中国旅行本格再開にあたり、宿泊は安心して寛げる日系ホテルの宿泊を選びました。3連泊するのはニッコー蘇州。広々としたバスルームや日本食も用意された朝食ブッフェなど、国内旅行の延長で安心してご宿泊いただけます。上海ではオークラホテルズの名を関する「オークラガーデンホテル上海」に宿泊です。上海市の重要文化財指定をうけた旧フランス倶楽部の建物を使用しており、バロック様式と近代建築が融合した特色ある歴史的建造物です。かつては倶楽部の社交場として賑わった広大な庭園散策もお楽しみください。

旧フランス倶楽部を改装したオークラガーデンホテル上海
ホテルニッコー蘇州のデラックスツインルーム

蘇州に3連泊 昔懐かしい水郷の町へご案内します

上海の空港からバスで1時間ほど走ると、蘇州に到着します。その歴史は古く、紀元前500年頃まで遡り、呉の都でもありました。6世紀から7世紀にかけて整備された、北京と杭州を結ぶ京杭大運河の中継点として大いに栄えました。運河からは支流があちらこちらに網の目のように張り巡らされ、この水路が蘇州の賑わいをもたらし、町の景観を形作りました。最盛期には80キロ以上に及んだという水路のほとんどは埋め立てられてしまいましたが、旧市街には運河とともに暮らす町の姿が残されています。

漢詩に謳われ除夜の鐘も有名な寒山寺を訪ねます

山塘街をぶらりと歩けば

「東洋のベニス」と称された「水の都」の風景は、今も健在。観光客を乗せた小舟が行き交う山塘歴史文化街区を歩けば、当時の面影を味わえます。

提灯明かりの美しい山塘街

博物館で暮らしぶりを体感

ルーヴル美術館のガラスのピラミッドを制作したI.M.ペイが手掛けたモダンな蘇州博物館を訪ねれば、当時の文化財から暮らしぶりを偲ぶことができます。

幾何学的なスタイルの蘇州博物館

江南水郷古鎮へ足を延ばして

蘇州の周囲にはともに水運によって栄えた江南の小さな水郷の町がありました。「六大古鎮」のひとつ、昔ながらの同里古鎮の散策へご案内します。

同里古鎮の散策もお楽しみいただきます

太湖に伸びる東山半島の古き村、陸巷(ルーシャン)へ

中国屈指の大きさを誇り、風光明媚な太湖。湖に伸びる東山半島の先端に陸巷(ルーシャン)古村があります。明清時代の家屋が保存状態良く残されている町として知られています。細かな彫刻が施された明代の宰相を輩出した立派な屋敷や、縦横に走る細い石畳の路地には古色を帯びた家が連なります。蘇州のような一大観光地ではないので、時間旅行をのんびりと味わうことができるでしょう。

明清時代の建築をよく残す陸巷
明の時代の宰相、王鏊(おうごう)の屋敷

中世の上海さながらの姿を残す南翔は小籠包発祥の地

現代中国を代表する都市、上海ですが、18世紀までは小さな漁村でした。当時の面影を残す南翔に立ち寄ります。数ある水郷の中でも、南翔は宋代から残る歴史ある古鎮です。中世の庭園散策や老街を散策し、上海のルーツにふれてみてください。また昼食は「小籠包」をご用意しました。その発祥の地といわれるのが、南翔なのです。本場の味を南翔で人気の食堂でお召し上がりください。

上海へ向かう途中、南翔に立ち寄ります
小籠包発祥の地で本場の味をお楽しみください(イメージ)

上海では在りし日の西洋建築が並ぶ外灘(バンド)を散策

上海を流れる黄浦江西岸の外灘(バンド)は、上海の夜景スポットとして知られています。しかし19世紀末から20世紀初頭にかけて、ここには欧米列強の共同租界が置かれ、東アジアの金融の一大拠点でした。東洋一の魔都と呼ばれ、華やかな国際都市だった当時を偲ばせる西洋建築群をご覧いただきながらの散策をお楽しみください。

20世紀初頭から世界的な金融都市として栄えた上海の中心、外灘(バンド)地区

ツアー日程

5日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田09:20発 上海11:25着 蘇州15:00着

午前、羽田空港より航空機にて上海虹橋空港へ。

■着後、バスにて蘇州へ。

蘇州着後、●寒山寺へ。夕食はホテルにて。

【3連泊】(蘇州「ニッコーホテル蘇州」泊)

2日目
蘇州 (陸巷古鎮)

午前、太湖沿いの陸巷古鎮にご案内いたします。

■午後、●盤門景区、○山塘街へ。

■夕食は山塘街にて。

蘇州「ニッコーホテル蘇州」泊)

3日目
蘇州 (同里古鎮)

午前、●同里古鎮へ。小舟で同里古鎮の散策。

■午後、ルーヴル美術館のピラミッドなどで知られるI.M.ペイが設計した●蘇州博物館へ。

蘇州「ニッコーホテル蘇州」泊)

4日目
蘇州 南翔鎮 上海

午前、蘇州より上海へ。

■途中、南翔鎮に立ち寄ります。上海最古の庭園●古猗園を見学。昼食は小籠包発祥の店「古猗園餐庁」にて

■午後、上海へ。○外灘を散策。

■夕刻、「オークラガーデンホテル」にチェックイン。

(上海「オークラガーデンホテル上海」泊)

5日目
上海10:00発 上海虹橋空港12:50発 羽田空港16:45着

出発までごゆっくりお過ごしください。

■午後、バスにて上海虹橋空港へ。

■日本航空にて帰国の途へ。

■羽田空港に到着。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは5日間のコースです。

出発日 旅行代金
5月22日(水)発

旅行代金:¥198,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥298,000

ビジネスクラス利用

6月19日(水)発

旅行代金:¥198,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥298,000

ビジネスクラス利用

6月26日(水)発

旅行代金:¥198,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥298,000

ビジネスクラス利用

9月4日(水)発

旅行代金:¥198,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥298,000

ビジネスクラス利用

■1名室利用追加代金:¥30,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

■ビジネスクラス利用区間:羽田空港~上海虹橋空港往復

燃油サーチャージ:¥10,300(1月1日現在)

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております
(ただし、羽田空港の施設使用料及び保安サービス料合計2,950円ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)。

日本各地より お得な国内線のご案内

日本航空 国内線利用 各地〜羽田空港……片道¥8,000

※付帯条件がございますので、お問い合わせください。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111