注目の旅

注目の旅

2022年07月06日

西日本・女性社員イチ押しの【国内旅行】をご紹介

小説の情景に思いを馳せて ~【8名様限定】絶海の孤島、南・北大東島をめぐる旅~

映画や小説の世界に引き込まれ、その舞台を旅してみたいと思ったことはありませんか?

私は原田マハさんの「風のマジム」を読んで以来、その舞台となった南大東島を一度は訪れてみたいと思っていました。 「風のマジム」 は主人公・マジムが南大東島のサトウキビを使ってアグリコール・ラムを造ろうと奮闘するお話。実話を元にしたという小説を読み進めると、サトウキビ畑が広がる南大東島の美しい情景が目の前に広がります。

そんな私のイチ押しの旅が「絶海の孤島、南・北大東島をめぐる旅 」です。沖縄本島から東へ約360㎞の洋上に浮かぶ、南・北大東島に計3泊いたします。島の誕生から一度も他の陸地と接することがなかったからか、沖縄諸島にあってもそのまたはるか遠くにある、まさに絶海の孤島。観光客も余り来ない、この離島に降り立ち、そこに住む人々とふれあい、穏やかな島の暮らしの話を聞いたり、ゆっくりと流れる時間と、美しい自然景観に溶け込むようにして過ごす4日間の旅です。ホテルの都合上、8名様限定の旅となりますので、ぜひお早めにご検討ください。

九州支店 光武千穂
断崖に囲まれた独特な地形の一部を「切り取って」つくられた漁港
日の丸山展望台・南大東島 さとうきび畑が広がってます

【羽田空港発 4日間】10月29日(土) 旅行代金¥248,000(1名様利用代金¥15,000)

【伊丹空港発 4日間】 11月11日(金) 旅行代金¥238,000(1名様利用代金¥15,000)

【福岡空港発 4日間】 12月2日(金) 旅行代金¥238,000(1名様利用代金¥15,000)

どこを見ても絵になる町 倉敷を歩く ~大原美術館貸切名画鑑賞と瀬戸内アートの旅~

旅行中の楽しみのひとつが地図を片手に町をそぞろ歩きすること。気になったお店があればちょっと覗いてみたり、疲れたら喫茶店でコーヒーを一杯いただいてみたり。そんな町歩きが楽しめる場所として私のイチ押しが倉敷です。

江戸時代より物資の集積地や街道筋の町として成長した倉敷。倉敷川沿いには町家や白壁土蔵造りの建物、その東側には箪笥屋、桶屋など職人街が軒を連ね、現在も昔のままのような風景に出会うことができます。それに加えて明治以降に建てられた優雅な洋館や、現代のモダニズム息づくギャラリーや雑貨店、カフェなどが絶妙なバランスで調和した”絵になる町”です。

宿泊するロイヤルパークホテルから倉敷川沿いの美観地区までは徒歩圏内。ツアーでは日中の町歩きに加え、ご希望の方を夜の散策にもご案内いたします。休憩にはお洒落な洋館建築のレトロカフェや、岡山県産の果実を使用したスイーツが楽しめるお店がおすすめです。夏から初秋には1番人気の桃を使ったパフェが登場しますよ。

大阪支店 中村美香
静かで落ち着いた時間が流れる本町通り。古くは倉敷と早島を結ぶ街道で、職人達が軒を連ねる場所でした。©岡山県観光連盟
倉敷川沿いの風景。柳並木と洋館建築が調和し美しい景観をみせてくれます。街灯に照らされる夜の風景も幻想的です。

【福岡空港発 4日間】 8月8日(月) 旅行代金¥215,000(1名様利用代金¥25,000)

【新大阪駅発 4日間】 9月14日(水) 旅行代金¥199,000(1名様利用代金¥25,000)

この記事に関するキーワード

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111