ルレ・エ・シャトーを旅する

神戸北野ホテルと柏屋 大阪千里山【3日間】

  • 集合場所:新神戸駅
  • 出発日: 11月11日(月) 、 11月27日(水)
  • 旅行代金:¥198,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
ルレ・エ・シャトー① 神戸北野ホテルに連泊。フランク・ロイド・ライト建築のヨドコウ迎賓館や神戸の町並みにご案内。
Point 2
ルレ・エ・シャトー② 3つ星料亭「柏屋 大阪千里山」でのランチを楽しみます。
Point 3
北野ホテルでは世界一の朝食や、フレンチディナー、アフタヌーンティーと存分に食を満喫します。

ツアープランナーより

5月にも好評をいただいた「ルレ・エ・シャトーを旅する」を秋にも追加設定いたします。北野異人館街に位置するルレ・エ・シャトー加盟のオーベルジュ「神戸北野ホテル」に連泊。フレンチの伝説の巨匠、故ベルナール・ロワゾーより継承した朝食は、スモールラグジュアリーホテル協会により最高の朝食に選ばれたものです。2連泊しながら、フランク・ロイド・ライト建築のヨドコウ迎賓館や、ホテル近くの北野異人館街の散策など、神戸の地に漂うヨーロッパの香りを感じる滞在を楽しみます。旅の最後には大阪の数寄屋造りの純和風3つ星料亭「柏屋 大阪千里山」でのランチをご用意。洋・和の食を楽しむ3日間の優雅な旅にご期待ください。

ルレ・エ・シャトーを旅する

 「ルレ・エ・シャトー」。世界各国で、厳格な審査をクリアした宿やレストランのみが加盟できる組織で、日本国内の宿泊施設で加盟しているのは、わずか20軒。ワールド航空サービスでも、海外ではベネチア郊外の「ヴィラ・フランチェスキ」やスイス、ツェルマットの「ツェーネック」などこれまで利用し、好評をいただいてきました。「ルレ・エ・シャトー」に泊まる、食事をする、ということは「世界最高レベルのホスピタリティと美食を味わう満足が約束されている」と同義なのです。

 このたびは、「ルレ・エ・シャトーを旅する」と題し、数少ない日本のルレ・エ・シャトー加盟ホテルに宿泊、そしてレストランで食も堪能する旅を企画いたしました。最高級のホスピタリティを達成するため、宿もレストランも小規模ですが、ワールド航空サービスのお客様と少人数ならばと、こころよく受け入れていただきました。

2024年、創設70周年を迎えたルレ・エ・シャトー

 1954年創設、2024年70周年を迎えたルレ・エ・シャトー。その歴史は、パリと南仏を結ぶ国道沿いに点在するオーベルジュのオーナーたちがパートナーシップを結び設立した組織に始まります。このルートは「幸福の道」と称され、人々に旅の歓びを提案してきました。現在、「食とおもてなしによる、より豊かな世界」をコンセプトに、最高の設備、料理、独自性、美学を提供できるホテルオーナーやシェフと認められた世界65か国、約580のホテル、レストランが加盟を許されています。おもてなしや食のレベルだけでなく、地域社会や自然との共存やオリジナリティが求められるのが「ルレ・エ・シャトー」のクオリティです。「自然環境への配慮」「漁業資源の保護」「地産地消の推奨」「地方自治体への協力とその発展への貢献」「おもてなしの芸術を極めること」など、多面的なビジョンへの共感と体現が求められています。

ルレ・エ・シャトー① 至福のオーベルジュ 神戸北野ホテルに連泊 

美食を愛でる、心豊かなひとときを過ごしていただきたい

神戸北野ホテルは、その思いをコンセプトに生まれたオーベルジュ(宿泊施設付きレストラン)です。「食を楽しむ」お客様のために用意された客室数はわずか30室。御食国の淡路はじめ、兵庫五国の厳選素材の味わいを際限なく引き出したフランス料理とともに、お客様一人ひとりにきめ細やかなおもてなしができるよう造られた小規模なホテルです。その食とホスピタリティのレベルの高さから、日本にわずか13軒の「ルレ・エ・シャトー」加盟ホテルに選ばれています。ホテルの代名詞である「世界一の朝食」をはじめ、予約限定のプレミアムアフタヌーンティーやレストラン「アッシュ」でのフレンチディナーと、存分に食をお楽しみいただける内容といたしました。

イギリスのマナーハウス(貴族の邸宅)をイメージした外観
ホテル内の調度品も美しく、居心地が良い(イメージ)
世界レベルの食事をゆっくりとお楽しみください。(イメージ)

宿泊だからこそ感じる「世界一の朝食」

神戸北野ホテルでお楽しみいただける朝食は、総支配人・総料理長 山口浩氏が、その師 ベルナール・ロワゾー氏から公式に贈られたヨーロピアンスタイルです。この朝食が、「世界一」と呼ばれる理由のひとつが、オーベルジュならではの時間の過ごし方です。
 ディナーの余韻に浸り、ゆったりとくつろいだ時間の中で眠りにつき、豊かな空気に包まれて迎える朝に待つ食事。これら一つひとつの歓びを重ねる一連の流れが、かつて味わったことのない食べる感動を生み出すのです。ロワゾー氏は、山口浩氏が神戸北野ホテルをオープンするにあたり、この世界一の朝食を公式に贈ってくれました。そこから、ここ神戸で独自の進化を遂げ、ここでしか味わえない唯一無二の朝食になったのです。神戸北野ホテルはベルナール・ロワゾー氏の「世界一の朝食」の提供を公式に許された唯一のホテルです。

「世界一の朝食」わざわざ食べにくる方が絶えません(イメージ)
ルレ・エ・シャトーグランシェフの称号も持つ山口浩氏

神戸北野ホテルを拠点に、神戸の街をお楽しみください

2日目は「神戸北野ホテル」にほど近い、北野異人館街の散策にご案内します。1868年に開港後、外国人居留地とされ、今も20を超す洋館が立ち並ぶエリアで、神戸の中でもとくに異国情緒を感じられる場所です。
約40年もの準備期間を経て、待望のオープンを迎えた現代建築の巨匠フランク・ロイド・ライト建築のひとつ、ヨドコウ迎賓館の見学もお楽しみいただきます。日本に残る4つのライト建築のうち、見学可能な建築の一つが、かつて灘の酒造家・山邑家の依頼に応じて建てられた邸宅(現ヨドコウ迎賓館)です。芦屋の山の尾根に沿うように設計され、自然との調和という点で「落水荘」にも繋がる造り。食堂や窓の格子など細部のこだわりにもご注目ください。

神戸異人館通り(イメージ)
大谷石の装飾が美しいヨドコウ迎賓館のエントランス
ヨドコウ迎賓館

ルレ・エ・シャトー② 柏屋 大阪千里山でのランチ

大阪、千里山にある3つ星料亭「柏屋 大阪千里山」。大阪の中心から北に車で30分ながら、数寄屋建築の名匠・中村利則氏による落ち着いた美しい数寄屋造りの外観は別世界に迷い込んだかのようです。ご主人の松尾英明氏は滋賀の名店「招福楼」で修業した後、実家の柏屋の料理長を継ぎ、現在の柏屋の地位を作り上げました。2023年、アル・ケッチァーノの奥田政行シェフとともに農林水産省料理人顕彰制度「料理マスターズ」のゴールド賞を受賞。有名グルメガイドブックでも3つ星、グリーンスターを獲得するなど、関西の料理界を牽引する存在です。

風情ある中庭
数寄屋造りに店を構える「柏屋 大阪千里山」
料理の一例(イメージ)

 

 

ツアー日程

3日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
新神戸駅13:00発 布引ハーブ園 神戸北野ホテル

■新神戸に集合。

■その後、ロープウェイにて●布引ハーブ園へ。(※)

ルレ・エ・シャトー①神戸北野ホテルにチェックイン。

■夕食はホテル「アッシュ」にてフレンチディナーをご用意しました。

【2連泊】(神戸泊)

2日目
神戸北野ホテル

■朝、ホテルにてベルナール・ロワゾー氏から山口シェフに贈られた世界一の朝食をお召し上がりください。

■その後、北野異人館街の散策へ。

■午後、ホテル内にてプレミアムアフタヌーンティーをお楽しみください。

(神戸泊)

3日目
神戸北野ホテル08:30発 ヨドコウ迎賓館 柏屋 新大阪駅15:00着

■神戸北野ホテルをチェックアウト。

■フランク・ロイド・ライト建築の●ヨドコウ迎賓館を見学。

■その後、ルレ・エ・シャトー②柏屋 大阪千里山にてランチ。

■新大阪駅にて解散。

(※)11月27日発はヨドコウ迎賓館を1日目に、布引ハーブ園を3日目にご案内いたします。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは3日間のコースです。

出発日 旅行代金
11月11日(月)発

旅行代金:¥198,000

11月27日(水)発

旅行代金:¥198,000

※1名室利用追加代金:¥45,000
お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111