大人のラグジュアリーリゾートに連泊滞在

会津・只見線乗車と紅葉の五色沼、迎賓館「猫魔離宮(ねこまりきゅう)」の旅【4日間】

  • 集合場所:東京駅※新白河駅合流/郡山駅離団可能
  • 出発日: 10月21日(月) 、 10月28日(月)
  • 旅行代金:¥228,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
五色沼へ徒歩3分の「迎賓館猫魔離宮」に2連泊。秋の裏磐梯を満喫します。
Point 2
絶景のローカル鉄道として名高い只見線に乗車。只見川の霧幻峡の遊覧も楽しみます。
Point 3
茅葺の家並みに会津が息づく大内宿、猪苗代湖畔の西洋建築の天鏡閣も訪ねます。

ツアープランナーより

美しき日本の四季。中でも「錦繍の秋景色」を心待ちにしている方は多いことと思います。東北地方の紅葉の中でも、会津、磐梯山のエリアは、10月の中旬から下旬にかけてが見頃です。今回は会津地方屈指の紅葉スポット、五色沼の入口まで徒歩約3分の「迎賓館 猫魔離宮」のお部屋を2連泊で、紅葉の見頃を迎える時期にご用意することができましたので、会津、裏磐梯を中心に紅葉を巡る旅として発表いたしました。連泊するからこそ、五色沼の散策や、近年人気が高まっている穴場スポットの曲沢沼、小野川不動滝、裏磐梯ロープウェイなど余裕のある日程で秋景色の裏磐梯の一日を過ごします。また、東北を代表する絶景ローカル鉄道の只見線乗車や、渓谷の絶景を小舟で楽しむ霧幻峡、会津街道沿いの宿場町大内宿、猪苗代湖畔の西洋建築の天鏡閣、山岳紅葉が素晴らしい安達太良山など、様々な紅葉にもご案内します。会津若松では「田季野」での郷土料理もご用意しました。秋の会津、五色沼の魅力をたっぷりとお楽しみいただきます。

ツアーの見どころ

桧原湖、五色沼と森に囲まれたロケーションの「裏磐梯レイクリゾート 迎賓館 猫魔離宮」 ©裏磐梯観光協会

大人のラグジュアリーリゾート「迎賓館 猫魔離宮」に2連泊

今回ご宿泊いただくのは、国立公園の中にあるホテル「裏磐梯レイクリゾート 迎賓館 猫魔離宮」です。ホテルの位置する磐梯朝日国立公園は、出羽三山、朝日連峰、飯豊連峰、吾妻連峰、磐梯山、猪苗代湖までの広大な範囲に及び、陸域では国内で2番目に大きな国立公園です。吾妻連峰や磐梯山周辺は、火山が造った大地の迫力ある景観や、大小の湖沼と森が織りなす変化に富んだ美しい景観が魅力です。「裏磐梯レイクリゾート」に隣接した迎賓館 猫魔離宮は、大人のラグジュアリーリゾートとして、落ち着いたシックな雰囲気と各所に配されたアートが上質な空間を作り出しています。特にロビーに置かれた「始皇帝金銀銅馬車」は国宝級の職人80名が3年の歳月をかけて完成させた一級品で、必見です。

ロビーに置かれた兵馬俑など、館内の美術品も見事です ©裏磐梯レイクリゾート
檜原湖を望む宿泊者専用露天風呂
ロビーに置かれた始皇帝金銀銅馬車(添乗員撮影)

五色沼をはじめ、曲沢沼など秋色の裏磐梯の一日を巡ります

水蒸気爆発による岩盤崩落で川がせき止められたことにより、五色沼をはじめとする裏磐梯の湖沼群が誕生しました。紅葉と神秘で美しい色を見せる五色沼をガイドとともにじっくりと散策。また、桧原湖遊覧や、近年注目されている紅葉スポット・曲沢沼など、周辺の見どころを巡ります。

美しい色を見せる るり沼(イメージ) ©裏磐梯レイクリゾート
近年、人気の紅葉スポット・曲沢沼(イメージ) ©裏磐梯観光協会
滝と紅葉が織りなす風景・小野川不動滝(イメージ) ©裏磐梯観光協会
裏磐梯ロープウェイで秋景色の中を空中散歩(イメージ) ©裏磐梯観光協会
雄大な磐梯山を眺めながら桧原湖遊覧も楽しみます(イメージ) ©裏磐梯観光協会

絶景鉄道、紅葉の渓谷を走る「只見線」の車窓を楽しみます

福島県の会津若松から新潟県の小出まで、約135キロを結ぶJR只見線は、四季折々の景観の素晴らしさで日本はもとより海外にも知られる絶景鉄道です。「紅葉の美しい鉄道路線」第1位に選ばれたこともあるこの只見線に乗車し、車窓から紅葉の渓谷や、のどかな里山の風景をご覧いただきます。乗車前には、只見線の絶景名所となっている第一只見川橋梁を望むビューポイントへもご案内。ちょうど、鉄橋を渡る列車を見られる時間に合わせて訪問するようにしております。また、只見線乗車中も専用バスが並走しますので、お荷物はバスにおいて身軽に列車旅をお楽しみください。

只見線の車窓風景の代表第一只見川橋梁 ビューポイントから(イメージ)
渓谷を小舟で楽しむ趣たっぷりな霧幻峡(イメージ) ©極上の会津プロジェクト協議会

南会津の重伝建「大内宿」や猪苗代湖畔に佇む西洋建築を訪ねます

江戸時代、会津若松と日光今市を結ぶ宿場町として栄えた大内宿。400年もの歳月を経て、今も人々の暮らしが残る茅葺屋根の家並みは、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。穏やかな風情漂う大内宿を歩けば、江戸時代にタイムスリップしたかのようです。また、猪苗代湖畔の西洋建築「天鏡閣」は、明治40年有栖川宮威仁親王殿下が旅行中に猪苗代湖の雄大な自然の美しさに惹かれ、ルネッサンス風に建てられました。館内には明治時代の時がそのまま残され、気品ある豪華さと輝きを放ちます。国内唯一の赤瓦の天守閣で知られる会津若松の鶴ヶ城も訪ね、秋景色とともに会津地方の名所を巡ります。

猪苗代湖畔の高台に佇む洋風建築「天鏡閣」©福島県観光物産交流協会
会津のシンボル、鶴ヶ城。この時期、紅葉が美しく映えます。(イメージ)
茅葺屋根の民家が並ぶ大内宿

会津を代表する老舗割烹店の元祖「わっぱめし」

奥会津の秘境檜枝岐村で500年の伝統を誇る曲げわっぱ。この器を使い会津の食材を生かした料理を追求したのが「田季野」のこだわりです。女将が大切にする地元産の食材を用い、地元会津漆器でお召し上がりいただく郷土料理をお楽しみください。

築250年の陣屋を移築した「田季野」
郷土料理から会津の歴史・文化が感じられます(イメージ)

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
東京駅10:11発 新白河駅11:36着 (大内宿) (鶴ヶ城) 会津若松17:00着

■午前、東京駅より、東北新幹線にて新白河駅へ。

■着後、バスにて重伝建に指定された○大内宿に立ち寄ります。茅葺屋根が印象的な散策をお楽しみください。

■その後、バスにて会津若松の●鶴ヶ城へ。天守閣などを見学した後、ホテルへ。

夕食は、郷土料理「田季野」にて。

(会津若松泊)

2日目
会津若松08:00発 (霧幻峡遊覧) 会津川口駅12:29発 会津柳津駅13:21着 (猪苗代湖畔) 裏磐梯「猫魔離宮」17:00着

■午前、絶景鉄道として知られる、只見線を訪ねる旅へ。

■まずは、只見線の名所、第一只見川橋梁ビューポイントへ。

■その後、霧幻峡の遊覧を楽しみます。

■昼食後、会津川口駅から只見線のローカル列車に乗車し、会津柳津駅までのハイライト区間を乗車します。

■下車後、赤べこ発祥の地の○円蔵寺、猪苗代湖畔の●天鏡閣に立ち寄り、裏磐梯レイクリゾート「迎賓館 猫魔離宮」へ。

【2連泊】(裏磐梯「猫魔離宮」泊)

3日目
裏磐梯「猫魔離宮」 (裏磐梯ロープウェイ) (小野川不動滝) (曲沢沼) (桧原湖遊覧) 裏磐梯「猫魔離宮」

■午前、裏磐梯ロープウェイを利用し、山頂から紅葉の絶景を楽しみます。その後、バスにて小野川不動滝(徒歩片道約20分)の散策。

■昼食後、紅葉スポットの一つでもある曲沼沢に立ち寄ります。その後、檜原湖の遊覧を楽しみます。

(裏磐梯「猫魔離宮」泊)

4日目
裏磐梯「猫魔離宮」08:30発 (五色沼散策) 裏磐梯「猫魔離宮」10:30発 安達太良山ロープウェイ 郡山駅16:06発 東京駅17:24着

■午前、ホテルより徒歩にて五色沼へ。弁天沼往復(約60分)の散策をお楽しみください。

■その後、ホテルを出発し、紅葉の名所でもある安達太良山へ。ロープウェイを利用し、山上より絶景をお楽しみいただきます

■その後、バスにて郡山駅へ。

■郡山駅より、東北新幹線にて東京駅へ。

 

※例年の紅葉の見頃にあわせて設定しておりますが、年によって見頃は前後します。あらかじめご了承ください。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
10月21日(月)発

旅行代金:¥228,000

10月28日(月)発

旅行代金:¥228,000

※1名室利用追加代金:¥25,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

※現地合流解散:新白河駅合流(出発)/郡山駅解散(帰着) 旅行代金から¥13,000引き

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111