帰着しました。添乗員レポート

帰着しました。添乗員レポート

2022年07月13日

北八ヶ岳と車山高原の初夏を楽しむ旅 4日間

2022年7月10日(日)~7月13日(水) 添乗員:大阪支店 八百屋 健太

ニッコウキスゲが美しく咲く八島湿原と車山高原、坪庭の溶岩地形、白駒池の苔の森を歩いてきました。雨が降ると花が咲く、花と雨はセットですので多少の雨は覚悟していましたが、幸運にも私たちがバスを降りると不思議とピタっと雨がやみ、高山植物も美しい苔も見ることができました。あいにく北八ヶ岳連峰の山々は見ることができなかったのですが、それにしても素晴らしい風景に感激しました。

例年よりも早かったニッコウキスゲの開花にぴったり

霧ヶ峰の中でも最大の湿原「八島湿原」の散策道を現地ガイドと一緒に歩きました。木道のすぐそばでニッコウキスゲの花が咲き美しい風景をご覧いただけました。ガイドさんの話によると今年は例年よりもかなり早くニッコウキスゲが開花したとのことでした。

八島湿原の小道を見ながら散策
八島湿原ではニッコウキスゲが美しく咲いていました。

2本のリフトを乗り継ぎ1925mの車山の山頂へ

車山高原では2本のリフトを乗り継ぎ車山山頂へ。2本目のリフトに乗らずに歩いて山頂へトライする方もいらっしゃいました。山頂は青空が広がり、緑の草原と青空、そして白い雲がみごとでした。

標高1925ⅿの車山山頂
車山山頂からのテラスの絶景

北八ヶ岳ロープウェイで溶岩台地が広がる坪庭へ

100人乗れる大型ロープウェイで標高差466mを一気に登ります。2237mの山頂には溶岩が冷えて固まった荒涼とした大地が広がっています。1周1.15㎞の坪庭自然園を歩くと石楠花や高山植物の花も見ることができました。

100人まで乗れる北八ヶ岳ロープウェイで一気に山頂へ
坪庭の木道を散策
坪庭ではシャクナゲが咲いていました

雨の上がったあとの苔の森で生命力を感じる

この日は朝から雨、苔の森を見るには雨でも仕方ないかな…と思いながら出発しました。するとどうでしょう苔の森に到着すると同時に雨があがり、雫をたたえた苔の森を見ることができました。ガイドさんも苔の観察にベストな状態と言って喜んでいました。

苔の森のガイドさんもノリノリでご案内してくれました
雨の後で苔も生き生きとしています

「緑響く」、絵画のままの景色がそこにありました。

東山魁夷画伯の「緑響く」で有名な御射鹿池(みしゃかいけ)では日差しが差し込み、風もなぎ絵画のような写真を撮ることができました。

東山魁夷画伯「緑響く」のモデルとなった御射鹿池。風もなく良いコンディションでした。

3泊4日のツアー中、天気予報では雨マークが多かったのですが、幸いにして観光中に傘をさすことは一度もありませんでした。美しい景色を見て、深い山の空気を胸いっぱいに吸い込み、適度な運動をして皆様大いにリフレッシュされ「次は秋の信州ね!」これが帰りの列車の中での合言葉となりました。

この記事に関するキーワード

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111