帰着しました。添乗員レポート

帰着しました。添乗員レポート

2022年07月14日

ふたつのルレ・エ・シャトーと日本アルプス絶景雲海の旅【4日間】

2022年7月11日~7月14日 4日間 添乗員:本社営業部 土屋渉

<7/11発 添乗員:本社営業部 土屋渉>

 7月に入りますます暑さが増す日々が続く中、涼を求め緑豊かな信州・長野県へ行ってきました。このツアーは、お陰様で発表以来すべての出発日が催行していて大好評です。

 今回は、観光やお食事に焦点を当て報告いたします。昨年の添乗員レポートで、宿泊する宿について詳しく報告しております。ページの最後のボタンより過去の添乗員レポートもご覧ください。

上林ホテル仙壽閣 ロビーではきれいな生花が迎えてくれました。

玉村豊雄さんによって作り出された素敵な世界

 ぶどう畑の広がる丘の上をドライブすると到着するのが「ヴィラデスト ガーデンファーム&ワイナリー」。ここは画家でエッセイイストの玉村豊男さんのワイナリーで、美しい風景を眺めながら採れたての新鮮な野菜を使用した食事や自家製のワインを楽しめます。青空が広がり、太陽に照らされ美しく輝く緑のぶどう畑と眼下に広がる上田市を見下ろしながらいただく食事は格別でした。食事の後には、色とりどりの花が咲く庭園や多くのお土産が並ぶ売店もお楽しみいただきました。

ヴィラデストワイナリーの外観
お食事の一例 鶏肉のヨーグルトのマリネ焼き(イメージ)
ぶどう畑と上田市街を望みながらお食事
お土産も種類が豊富でした
涼しげな木陰で美しい景色に浸ります
紫陽花が満開でした

日本の原風景に浸りながら歩く温泉街

 日程2日目、ソラテラスからの雲海が見られることを祈りながらロープウェーにて1700メートルの世界へとまいりましたが、願いかなわず辺り一面真っ白にガスっておりました。

 しばらくは天候も回復しそうになかったため、早めに下山して、急遽渋温泉の観光に行ってまいりました。渋温泉は石畳が続き、まるで大正時代にタイムスリップしたかのような錯覚を覚える温泉街が続きます。湯量も豊富な場所で、温泉街を歩いていると至る所で温泉が湧き出ていました。散策の後には、足湯や温泉卵、お土産店などたっぷりとお楽しみいただきました。

カラフルな紫陽花がお出迎えしてくれるロープウェー乗り場
世界でも最大級の乗車人数を誇る竜王ロープウェイ
石畳の道が続く渋温泉の温泉街
熱々の温泉卵が購入できました

見て良し、歩いて良し、食べて良し、松本市

 ツアー後半では松本城の城下町として約400年栄え続けてきた松本市を訪れました。黒漆塗の下見板と白漆喰が織り成すコントラストが美しい国宝「松本城」に目を奪われ、白壁と黒なまこの土蔵が立ち並び時代を遡ったかのような町並みが続く中町通りを歩き、旅のフィナーレを飾るルレ・エ・シャトー加盟の「ヒカリヤニシ」での食事に舌鼓を打ち、松本市を存分に堪能してまいりました。

水面に反射し美しい松本城を眺めました
ガイドの方に熱く解説いただきます
繩手通りと中町通の間を流れる女鳥羽川
カエルで人気の繩手通り
ヒカリヤニシ 江戸時代の蔵を改装した建物
お食事の一例 連子鯛と季節の野菜

この記事に関するキーワード

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111