ペトラ遺跡まで徒歩圏のホテルに宿泊

こだわりのホテルで楽しむ ヨルダン周遊の旅【8日間】

  • 集合場所:成田空港または羽田空港
  • 出発日: 11月11日(月) 、 12月9日(月) 、 1月27日(月) 、 2月24日(月)
  • 旅行代金:エコノミークラス利用 ¥458,000〜ビジネスクラス利用 ¥978,000

旅のポイント

Point 1
ペトラでは遺跡から徒歩圏内のホテルに連泊し、じっくりと遺跡を見学します
Point 2
『アラビアのロレンス』の世界 ワディ・ラムでは、砂漠での特別な滞在をお楽しみください
Point 3
ヨルダンで最も新しい世界遺産の古都サルトを訪ねます

ツアープランナーより

ヨルダンには、古代遺跡の数々、世界で最も低所にある塩湖・死海や自然が築いた造形美が見られる広大な砂漠ワディ・ラム、聖書ゆかりの地など多彩な魅力がぎっしりと詰まっています。2021年に新たに世界遺産に加わったサルトへも足を延ばします。また、世界屈指の古代都市遺跡ペトラの宿泊では、遺跡まで徒歩圏内のホテルを確保し、お客様ご自身のペースで自由に訪ねられるようにしました。ワディ・ラムでもテント型ホテルに宿泊。11・12月は満月に、1・2月は新月に近い日程とし、夜空観賞をお楽しみいただけるようにするなど、見どころにより印象深くアプローチできる宿泊施設を選びました。ひと味違うヨルダンの旅をお楽しみください。
東京支店 吉田将也

ヨルダンの世界遺産をもっと深く、より印象的に
ペトラを自由に散策、ワディ・ラムで新月もしくは満月の夜空を

ここに注目。旅のポイント

ペトラでは遺跡から徒歩圏内のホテルに連泊し、じっくりと遺跡を見学

ペトラは紀元前3世紀に栄えた、ナバテア人の隊商都市。シクと呼ばれる断崖絶壁の細い道を進むと、見事なファサードを持つエル・ハズネ(宝物殿)が、忽然と姿を現します。徒歩圏内のホテルに宿泊することによって、午後の自由行動の時間も合わせて、広大な都市遺跡を自身のペースで見学できます。夜もランタン・キャンドルのほのかな灯りにエル・ハズネが浮かび上がる、幻想的な「ペトラ・バイ・ナイト」にご案内します。

シク(小道)を抜けると忽然と現れるエル・ハズネ(宝物殿)
ご希望の方は、午後の自由行動でエド・ディル(修道院跡)を訪れることもできます
幻想的に浮かび上がる「ペトラ・バイ・ナイト」も徒歩での訪問が可能です
シク(かつてのペトラの街中に至る古代ナバテア人の道)に沿って建つ、これ以上ない好立地のゲスト・ハウス・ホテル。遺跡からホテルまでは一本道を戻るだけ。午後の自由時間にご自身のペースで散策や観光を思う存分楽しむことができます。

『アラビアのロレンス』の世界 ワディ・ラムでは、砂漠での特別な滞在

死海からペトラの南方に広がるワディ・ラム砂漠へは、ナバテア人が香料やスパイスを運んだ「王の道」を駆けていきます。『アラビアのロレンス』のロケ地であり、映画に登場した、風雨が造り上げた壮大な大地の芸術が目の前に現れます。そして、砂漠の真っ只中でラグジュアリーなガラス製のパノラミックテントに宿泊。新月または満月近くにツアーを設定し、ワディ・ラムの異名である「月の谷」や満天の星をお楽しみいただきます。

文化・自然ともに高く評価され、複合遺産に登録されるワディ・ラム(イメージ)
バブル・テント型の客室に宿泊し、ワディ・ラムの夜空を眺めながらおくつろぎいただきます (イメージ)

ヨルダンで最も新しい世界遺産の古都サルトを訪ねます

エルサレムに続く街道沿いに位置し、19世紀に貿易の中心地となり発展。オスマン帝国時代の面影を伝える山吹色の石造りの伝統的な建物が建ち並び、古都風情を感じさせます。地元のベドウィン、シリアやレバノンの商人、キリスト教の宣教師など多様な人々が暮らし、民族や宗教の違いを超えて共生していた歴史から、2021年に「寛容と都市のホスピタリティの場所」として世界遺産に登録されました。今訪ねたいスポットです。

オスマン帝国時代の街並みを残します
山吹色の石造りの家々が軒を連ねます

ツアーの見どころ

古代ローマの栄華を今に伝えるジェラシュ遺跡

「中東のポンペイ」とも呼ばれる世界遺産ジェラシュ。古代ローマの植民地として栄えましたが、大地震により崩壊しました。砂に呑み込まれたために保存状態がよく、当時の姿をよく残しています。

泉の神であるニンフを祀った神殿跡

中東屈指のモザイク画が残る世界遺産ウム・アル・ラサス

ローマ時代後期に発展し、3世紀末から9世紀にかけ繁栄を続けた古代の城塞都市。旧約・新約聖書に出てくるヨルダン川周辺の27もの都市が描かれた、聖ステファノス教会のモザイク画は必見です。

聖ステファノス教会のモザイク画。見事な保存状態です。

死海では浮遊体験をご体験ください

ヨルダンを訪ねたなら見逃したくない名所のひとつ、塩湖の死海。海水の10倍もの塩分濃度があり、浮力が強いことからぷかぷかと浮遊体験が楽しめます。体の力を抜くのがコツ。ぜひお試しください。

死海での浮遊体験(イメージ)

ツアー日程

8日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
成田空港22:30発

■夜、成田空港より、航空機にてドバイへ。

 

(機中泊)

2日目
ドバイ05:30着/14:05発 アンマン16:30着 死海18:30着

■航空機を乗り換え、アンマンへ。

■着後、死海沿岸のホテルへ。

 

(死海泊)

3日目
死海09:30発 (ウム・アル・ラサス) (マダバ) ワディ・ラム18:30着

朝、死海の浮遊体験をお楽しみください。その後、ローマ時代のモザイク画が残る世界遺産ウム・アル・ラサスマダバの●聖ジョージ教会を訪ね、ワディ・ラムへ。

ご宿泊は居ながらにして大自然を満喫できるバブル・テント型のホテルです。

■夜、人工の明かりが少ないホテル周辺で星空、または月見をお楽しみください。(注)

(ワディ・ラム泊)

4日目
ワディ・ラム11:00発 (リトル・ペトラ) ペトラ16:00着

午前、「アラビアのロレンス」の舞台世界遺産ワディ・ラムの観光。4輪駆動車にて砂漠と奇岩の壮大な景観をお楽しみいただきます。

■その後、ペトラへ。着後、リトル・ペトラにご案内します。

ご宿泊は世界遺産ペトラ遺跡まで徒歩圏のホテルです

夕食後、エル・ハズネが幻想的にライトアップされる「ペトラ・バイ・ナイト」へご案内します。

     【2連泊】(ペトラ泊)

5日目
ぺトラ

終日、世界遺産ペトラ遺跡の観光。入口からシクと呼ばれる隘路を歩き、エル・ハズネ(宝物館)、ローマ円形劇場王家の墓凱旋門などゆっくり見学します。

昼食後、自由行動。跡まで徒歩圏のホテルを確保しておりますので、ご自身のペースでゆっくりと散策や写真撮影などお楽しみくださいご希望の方はエド・ディル(修道院跡)へご案内します。

(ペトラ泊)

6日目
ペトラ08:00発 アンマン11:00着 (考古学博物館、サルト)

■朝、バスにてアンマンへ。

■着後、●考古学博物館、○城塞の見学へご案内します。

午後、世界遺産サルトへ。オスマントルコ時代の面影が残る街並みをご案内します。

(アンマン泊)

7日目
アンマン (ジェラシュ遺跡) アンマン18:10発 ドバイ22:00着

■午前、古代ローマ遺跡としては世界屈指の保存状態の良さを誇る●ジェラシュ遺跡の見学。

■夕刻、航空機にてドバイへ。 

 

(機中泊)

8日目
ドバイ02:55発 成田空港17:20着

■夕刻、成田空港に到着後、解散。

※日程表の時刻は成田空港発着のエミレーツ航空の利用を想定したものです。エミレーツ航空の羽田空港発着便、または他の航空会社を利用の場合には、発着空港および時刻、日程は異なります。

(注)星空の観賞や月見は自然現象のため、天候等によりご覧いただけない場合もございます。

 

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは8日間のコースです。

出発日 旅行代金
11月11日(月)発

旅行代金:¥458,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥978,000

ビジネスクラス利用

満月付近の出発

12月9日(月)発

旅行代金:¥458,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥978,000

ビジネスクラス利用

満月付近の出発

1月27日(月)発

旅行代金:¥458,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥978,000

ビジネスクラス利用

新月付近の出発

2月24日(月)発

旅行代金:¥458,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥978,000

ビジネスクラス利用

新月付近の出発

■1名室利用追加代金:¥80,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

ビジネスクラス利用区間:全区間適用

■燃油サーチャージ別途目安:¥66,000:6月1日現在

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(ただし、成田空港の施設使用料及び保安サービス料合計3,010円または羽田空港の施設使用料及び保安サービス料合計2,950円、ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

■ヨルダンの査証は現地取得となります。(6/1現在無料)

■地方発着追加代金
大阪・名古屋〜東京:片道・・・¥5000
福岡・札幌〜東京:片道・・・¥10,000

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111