豊かな自然と資源に恵まれた平和な国

ゴージャスな不思議の国 ブルネイ王国の旅【5日間】

  • 集合場所:成田空港
  • 出発日: 8月21日(水) 、 10月9日(水)
  • 旅行代金:エコノミークラス利用¥268,000〜ビジネスクラス利用¥508,000

旅のポイント

Point 1
贅を尽くしたブルネイ王族の財宝や建築に加え、ブルネイが誇る大自然もお楽しみいただきます。
Point 2
アジア最大の水上村カンポン・アイルの見学や民家訪問など、ブルネイの生活にふれるプログラムもご用意しました。
Point 3
最後の宿泊は7つ星と称されるアジア屈指の迎賓館ホテル「ジ・エンパイア」です。

ツアープランナーより

世界で3番目に大きな島ボルネオ島。大部分をマレーシアとインドネシアが領有するこの島に、ポツンと位置するのがブルネイ王国です。日本ではあまり知られていませんが、産油国であるため豊かな経済に潤い近代的な国である反面、敬虔なイスラム教国であり、アジア最大規模のモスクや水上集落などの昔ながらのアジアの風景も見られる不思議な国です。ロイヤルブルネイ航空直行便の成田就航以来、多くのお客様にご参加いただいております。かつて国王の賓客を招くために建てられた迎賓館ホテル「ジ・エンパイア」にも宿泊し、ブルネイ国民の生活にもふれながら、ブルネイの自然・文化をご覧いただきます。

見どころのご紹介

成田から直行便で6時間。ボルネオ島の小国ブルネイ王国へ

人口は45万人程度、三重県ほどの小さな面積の小国ですが、ブルネイは実に多彩な見どころにあふれています。産油国のため経済的に潤い、それを象徴するかのような豪華絢爛なモスクが町中に建つ一方、車で数十分移動すれば、東南アジアらしいジャングルが広がります。滞在中は、王制を敷くブルネイの、王国に関連した豪華な建造物群と、素朴な人々の暮らしぶりの対比、そして新しい都市景観と東南アジア的な原風景ともいえる自然の異なる風景がそれほど遠くない距離に共存していることに驚かれるでしょう。

往復直行便を利用し、無駄なくバンダルスリブガワンに3泊。2つのホテルに宿泊いただくことで、より多角的に、ブルネイの「素顔」に触れていただけることでしょう。

ボルキア国王が私財で建設したボルキアモスク(外観見学のみ)(注:観光客はモスク内への入場が認められておりませんので、外観のみの見学となります)
テンブロン地区に暮らす先住民イバン族(イメージ)

贅を尽くしたブルネイ王族の財宝や建築

世界一の富豪としてギネス・ワールドレコーズに掲載されたこともある世界有数の富豪、ボルキア国王が私財で建設したボルキアモスクをはじめ、王族の財宝を展示するロイヤル・レガリアなど、産油国ブルネイらしい贅を尽くした建築を巡ります。夜のライトアップも壮麗で美しいものです。

国王即位時に利用された御座車(ロイヤルレガリア)
ライトアップされたボルキアモスク

伝統的な生活を守る水上集落カンポン・アイルも訪問

絢爛な建築のすぐ脇には、昔ながらの生活を守る素朴な水上集落が今でも残ります。生活水準が上がった現在でも変わらぬ伝統の生活を続ける人々の暮らしをご覧ください。

通学や通勤もボートを利用
ボートに乗って水上集落へ

ブルネイの大自然も満喫 ジャングルサファリ

少し郊外へと足を延ばすと、ボルネオ島の手つかずの大自然が広がります。ウルテンブロン地区までボートで訪れ、ジャングルウォークや素朴なマーケットの散策なども楽しめます。また、運が良ければ川辺のテングザルをご覧いただけるチャンスもあります。

川辺に暮らすテングザル(イメージ)

ブルネイの多様な食をお楽しみください

ブルネイではスパイシーな味付けのマレー料理、中華料理、インド料理、海鮮料理などが多く食されています。そんな中でブルネイのジャングルに住む先住民たちが古くから主食としてきたのが「アンブヤ」。これはサゴヤシの澱粉に熱湯を加えながら混ぜたもので、ボウルに入ったアンブヤを割り箸のような棒で、クルクルと巻き付け、チリソースやカレーにつけて食べます。

アンブヤ(イメージ)

7つ星と称されるアジア屈指の迎賓館ホテルで最終日の滞在をお楽しみください

ジ・エンパイア ホテル バンダルスリブガワン(3日目)
当初はブルネイ国王が親しい人を招待する迎賓館として建てられました。広い吹き抜けのロビーには大理石や金がふんだんに使われており、ゴルフ場やボーリング場、映画館、プライベートビーチなどを備えたアジアのトップリゾートホテルです。客室の広さは60平方メートル。自由行動の際はホテル見学もお楽しみください。

ライトアップされた外観
豪華な吹き抜けとロビーからは美しい夕日が(イメージ)
内装も豪華です
広々とした客室(イメージ)
地図はこちらをご覧ください。

ツアー日程

5日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
成田空港 11:45発 バンダルスリブガワン 16:45着

■午後、成田空港よりロイヤルブルネイ航空にてバンダルスリブガワンへ。

■着後、ホテルへ。

【2連泊】(バンダルスリブガワン泊)

2日目
バンダルスリブガワン

■午前、ブルネイの首都バンダルスリブガワンの観光へ。●ロイヤル・レガリアなどをご覧いただきます。

■その後、アジア最大の水上村(カンポン・アイル)をボートと徒歩で巡ります。豊かなブルネイの人々の生活ぶりが見られる、民家訪問も楽しみです。

■午後は自由行動です。市民の生活が垣間見られる、近代的なショッピング・モールなどを訪ねてみてはいかがでしょう。

(バンダルスリブガワン泊)

3日目
バンダルスリブガワン

■終日、太古の森ウルテンブロン地区へ小旅行

■手つかずの原始熱帯雨林の中、ボルネオの大自然を満喫します。昼食は河畔のロッジにて。

■昼食後は、首狩り族としても知られる、先住民族イバン族のロングハウスを訪問。見学後、再びバンダルスリブガワンに戻りホテルへ。

7つ星と讃えられる「ジ・エンパイア」に宿泊です。

(バンダルスリブガワン:ジ・エンパイア ホテル泊)

4日目
バンダルスリブガワン

■午前、自由行動。チェックアウトまでのんびりとお過ごしください。

■午後、ブルネイ川を南下するマングローブ・ジャングルクルーズを楽しみます。テングザルやワニに遭遇することもあります。

■その後、〇ボルキア・モスク(ニューモスク)〇オマル・アリ・サイフディン・モスク(オールドモスク)の見学(外観)

※午後はホテルに戻り、休憩。客室は18時までご利用いただけます。

■夕食は、「ジ・エンパイア」ホテル内のレストランにて。

■夕食後、空港へ。モスクのライトアップを見ながら空港へと向かいます。

(機中泊)

5日目
バンダルスリブガワン 00:35発 成田空港 07:30着

■深夜、ロイヤルブルネイ航空にて帰国の途へ。

■朝、成田空港に到着。

(注)観光客はモスク内への入場が認められておりませんので、外観のみの見学となります。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは5日間のコースです。

出発日 旅行代金
8月21日(水)発

旅行代金:¥268,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥508,000

ビジネスクラス利用

10月9日(水)発

旅行代金:¥268,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥508,000

ビジネスクラス利用

※ 新千歳空港から、添乗員が同行します。上記旅行代金に加え、下記に記載の往復の国内線追加代金が必要となります。

■1名室利用追加代金:¥60,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

燃油サーチャージ込みの旅行代金です。

■ビジネスクラス利用区間:成田空港~バンダルスリブガワン間往復

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。

(ただし、成田空港の旅客取扱施設利用料3,010円ならびに燃油サーチャージ(SAF持続可能な航空燃料追加代金を含む)、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

■地方発着追加代金
大阪・名古屋〜東京 片道・・・¥5,000
福岡・札幌〜東京 片道・・・¥10,000
但し付帯条件がございますので各支店へお問い合わせください。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111