2つの空中散歩を楽しむ

モンブラン・マッターホルン越え 白銀のアルプス絶景の旅【10日間】

  • 集合場所:成田空港または羽田空港または関西空港
  • 出発日: 6月30日(日) 、 7月21日(日) 、 8月11日(日)
  • 旅行代金:エコノミークラス利用¥898,000〜ビジネスクラス利用¥1,418,000

旅のポイント

Point 1
フランスからイタリアへ、スイスからイタリアへ、ロープウェイでの空中散歩で2つの国境越えを楽しみます。
Point 2
シャモニー、ツェルマットにそれぞれ3連泊。天候にも対応しやすいゆとりの日程です。
Point 3
逆さマッターホルンを映すリッフェルゼー周辺など絶景ハイキングにもご案内します。

ツアープランナーより

フランスとイタリアにまたがるヨーロッパアルプスの最高峰モンブランと、スイスとイタリアの国境に聳えるマッターホルン。絶景が広がる2つの名峰の間近に迫り、それぞれの国境越えもお楽しみいただく新しい旅です。拠点となるシャモニーとツェルマットには3連泊ずつ滞在し、天候に合わせて観光をご案内できるような日程にいたしました。2023年7月に開業したの最新ロープウェイ「マッターホルン・アルパイン・クロッシング」乗車や、逆さマッターホルンを映すリッフェルゼー周辺のハイキング、イタリアのチェルビニアから見上げるマッターホルンの雄姿など、さまざまな角度からマッターホルンをご覧いただきます。白銀のアルプスをご満喫ください。

見どころのご紹介

【アルプス越え①:モンブラン・アルプス国境越え】 三連ゴンドラから望む圧巻の景色 (フランス~イタリア)

シャモニーから標高3,777mのエギーユ・デュ・ミディ展望台へ上り、そこから三連のゴンドラに乗って国境を越えてイタリア側のエルブロンネ展望台への空中散歩。優美なモンブランやグランド・ジョラスなど、標高3000メートルを超える視点からの迫力のパノラマをお楽しみいただきます。

エギーユ・デュ・ミディ展望台からはモンブランを間近に望みます
フランスとイタリアを結ぶ三連ゴンドラ

【アルプス越え②:マッターホルン・アルプス国境越え】2023年オープン、最新ロープウェイでの空中散歩 (スイス~イタリア)

マッターホルン北山麓のツェルマット、そして南山麓はイタリア・チェルビニア。国境と山を越えて2つの町を行き来するロープウェイ「マッターホルン・アルパイン・クロッシング」(グレーシャーライドⅡ)が、2023年7月ついに完成しました。標高3,883mのマッターホルン・グレーシャー・パラダイス山頂駅(スイス)から、標高3,480mのテスタ・グリジア山麓駅(イタリア)へ、ヨーロッパ最高地点を結ぶ壮大な空中散歩をお楽しみください。ツアーでは、そこからさらに下り、イタリアのチェルビニアまでご案内します。

2023年7月ついにマッターホルン・グレシャーパラダイスからイタリア側のテスタ・グリジアを結ぶ「マッターホルン・アルパイン・クロッシング」(グレーシャーライドⅡ)が完成しました(写真提供:ツェルマット観光局 金子様)
最新式の技術が使われたグレーシャーライドⅡのゴンドラ(写真提供:ツェルマット観光局 金子様)
遊覧中のゴンドラ内からはマッターホルンをはじめとしたアルプスの峰々が見渡せます(写真提供:ツェルマット観光局 金子様)
イタリア側プランメゾンからチェルビニアに下るロープウェイの景色も圧巻です。(写真提供:ツェルマット観光局 金子様)
ロープウェイを使えばイタリア側のマッターホルン(モンテ・チェルビーノ)の麓チェルビニアの町までもあっという間です。(写真提供:ツェルマット観光局 金子様)

シャモニーとツェルマットにそれぞれ3連泊

モンブランの麓の村シャモニーと、マッターホルンの麓の村ツェルマット。どちらも言わずと知れた世界的に有名な山岳リゾートであり、素朴な山間の村の風情を残しつつも洗練された街並みが多くの人々を惹きつけます。絶景の展望台やハイキングルート、天候に左右されやすいアルプスの旅だからこそ、拠点となる宿泊地では3 連泊とゆとりある日程で、柔軟な日程の組み替えができるように配慮しています。

ヨーロッパ最高峰のモンブランの麓に位置するシャモニー 清涼な空気と、フランスらしくお洒落な町並みが自慢です
マッターホルンを望むツェルマット

逆さマッターホルンが映し出される
リッフェルゼーへはハイキングで訪れます

ツェルマットでは、スイスを代表する名峰マッターホルンの雄姿を楽しむハイキングルートへご案内します。まずは、登山鉄道でゴルナーグラート展望台を訪れ、4000メートル級の山々を360度の雄大な景色をご覧いただきます。パノラマを楽しんだ後は、途中駅のローテンボーデンまで登山鉄道で移動し、そこからリッフェルベルクまでを歩きます。途中立ち寄るリュッフェルゼーでは、天候がゆるせば水面に映える逆さマッターホルンをご覧いただけます。(注)

マッターホルンを望むゴルナグラート展望台
逆さマッターホルンを映すリッフェルゼー(添乗員撮影)

迫力のパノラマ 「グレーシャー3000」展望台 2つの山頂を結ぶ世界初の吊り橋を歩く

「グレーシャー3000」は、日本ではまだあまり知られていませんが、標高約2,965メートルにある展望台で、2つの山の頂を結ぶ世界初の吊り橋のある珍しい展望台です。「ピーク・ウォーク」と呼ばれる吊り橋は、長さ107メートル、幅80センチほどで、大自然の中を歩きながら周囲の山々を見渡すことができ、抜群の解放感です。天候がよければユングフラウ三山やマッターホルン、さらに遠くにモンブランまで見渡すパノラマを楽しむことができます。

グレーシャー3000展望台 世界初の2つの山頂にまたがる吊り橋も話題です(イメージ)
周囲には絶景のパノラマが広がります。

ツアー日程

10日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
東京または関西23:05発

■夜、成田または羽田または関西空港より、航空機にてヨーロッパまたは中東主要都市へ。

(機中泊)

2日目
ヨーロッパまたは中東主要都市05:55着/08:05発 ジュネーブ10:05着 アヌシー シャモニー17:00着

着後、航空機を乗り換え、ジュネーブへ。

■着後、バスにて湖畔の街アヌシーへ。散策をお楽しみください。

■その後、モンブランの麓に位置する山岳リゾート、シャモニーへ。

【3連泊】(シャモニー泊)

3日目
シャモニー (エギーユ・デュ・ミディ展望台、エルブロンネ展望台)

本日はフランスからイタリアへ、アルプス国境越えを楽しみます。

■午前、ロープウェイにて○エギーユ・デュ・ミディ展望台へ。さらに、3連ロープウェイにてイタリア側の○エルブロンネ展望台までの空中散歩を往復で楽しみます。(注)

■午後、自由行動。

(シャモニー泊)

4日目
シャモニー (モンタンベール展望台)

■午前、モンタンベール展望台へご案内します。

■午後、自由行動。ご希望の方は、ロープウェイにてモンブランを望むブレヴァン展望台へご案内します。

(シャモニー泊)

5日目
シャモニー09:00発 コル・デュ・ピヨン(グレーシャー3000展望台) テーシュ ツェルマット16:00着

午前、バスにてコル・デュ・ピヨンへ。着後、ロープウェイにて○グレーシャー3000展望台へご案内。天候がよければユングフラウ三山やマッターホルン、さらに遠くにモンブランまで見渡すパノラマビューが楽しめます。

■その後、バスと鉄道にて名峰マッターホルンの麓ツェルマットへ。

【3連泊】(ツェルマット泊)

6日目
ツェルマット (マッターホルン・アルパイン・クロッシング) (チェルビニア)

本日はスイスからイタリアへ、アルプス国境越えを往復で楽しみます。(注)

■まずはロープウェイにてアルプス最高地点の展望台マッターホルン・グレーシャーパラダイスへ。さらに、2023年7月オープンのマッターホルン・アルパイン・クロッシングにてイタリアのテスタ・グリジア山麓駅まで空中散歩を楽しみます。

■その後、チェルビニアまで下り、散策を楽しんだ後、再びロープウェイを乗り継ぎツェルマットに戻ります。

(ツェルマット泊)

7日目
ツェルマット

午前、登山鉄道にてゴルナーグラート展望台を訪れます。

■その後、ローテンボーデンからリッフェルベルクまでのハイキングを楽しみます。逆さマッターホルンが映り込むリッフェルゼーなどを眺めながら歩きます。(約2.5km、約1時間30分)

■午後、自由行動。

(ツェルマット泊)

8日目
ツェルマット08:30発 テーシュ モントルー ベルン15:00着

午前、鉄道とバスにてベルンへ向かいます。途中、モントルーにて昼食。

午後、ベルン到着後、○バラ公園に立ち寄ります。

■その後、ホテルへ。着後、旧市街の簡単な散策へご案内します

(ベルン泊)

9日目
ベルン06:45発 チューリッヒ10:50発 ヨーロッパ主要都市14:35着/17:45発

■朝、バスにてチューリッヒ空港へ。

■午前、航空機にて、ヨーロッパまたは中東主要都市へ。

■着後、航空機を乗り換え、帰国の途へ。

(機中泊)

10日目
東京または関西13:05着

■午後、成田または羽田または関西空港に到着。着後、解散。

※日程表の時刻は、成田空港発着のフィンエアーの利用を想定したものです。他航空会社利用の場合、発着空港および時刻は異なります。また、フィンエアー利用の場合でも羽田空港発着となる場合があります。

(注)悪天候によりロープウェイが運行されない場合に備え、翌日を予備日としております。その場合には、日程を入れ替えてご案内させていただきます。

 

【7/21 関西空港発】


往路:関西空港23:45発ドバイ04:50着/ドバイ08:30発ジュネーブ13:15着 
復路:
チューリッヒ15:25発ドバイ23:45着/ドバイ03:00発関西空港17:15着
(※上記はエミレーツ航空利用の場合の発着時刻となります。他の航空会社を利用の場合には、発着時刻および日程は異なります。)


パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは10日間のコースです。

出発日 旅行代金
6月30日(日)発

旅行代金:¥898,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥1,418,000

ビジネスクラス利用

※成田または羽田空港発

7月21日(日)発

旅行代金:¥898,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥1,418,000

ビジネスクラス利用

※関西空港発

8月11日(日)発

旅行代金:¥898,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥1,418,000

ビジネスクラス利用

※成田または羽田空港発

■1名室利用追加代金:¥150,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

ビジネスクラス利用区間:日本発着の国際線区間に適用

■燃油サーチャージ別途目安:¥96,800:2月1日現在

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(ただし、羽田空港の施設使用料及び保安サービス料合計2,950円または成田空港の施設使用料及び保安サービス料合計3,010円または関西空港の旅客取扱施設利用料3,100円、ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

■地方発着追加料金

大阪・名古屋〜東京 片道・・・¥5,000
福岡・札幌〜東京 片道・・・¥10,000

但し付帯条件がございますので支店・営業所へお問い合わせ下さい。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111