絶景 地獄の門、ヤンギ・カラも訪ねる

トルクメニスタン周遊の旅【10日間】

  • 集合場所:羽田空港
  • 出発日: 5月18日(土) 、 5月25日(土)
  • 旅行代金:エコノミークラス利用¥598,000~ビジネスクラス利用¥848,000

旅のポイント

Point 1
トルクメニスタンにある都城跡の世界遺産メルヴと、ニサの遺跡へ。
Point 2
カラクム砂漠の闇夜に輝く「地獄の門」を観賞。いつ閉ざされるかわからない、秘境にある絶景です。
Point 3
カスピ海に面するトルクメンバシも訪ね、ヤンギ・カラの絶景も楽しみます。

ツアープランナーより

7割とも8割ともいわれるカラクム(黒砂)砂漠が国土を覆う中央アジアの国、トルクメニスタン。今ではひっそりと静まり返る砂漠地帯ですが、めくるめく歴史ドラマがそこで展開していました。古代よりペルシャ世界、イスラム世界、仏教世界が広がり、アケメネス朝ペルシャからパルティア、ホラズム、モンゴル帝国などの数々の王国が興亡を繰り返しました。それらは長らく砂漠に埋もれて20世紀に発掘され、王国が賑わった時代の歴史を私たちに教えてくれます。トルクメニスタンの古代都城跡であり、いずれも世界遺産である、メルヴ、パルティアの都ニサへご案内します。また旅好きなら一度は行ってみたい、砂漠に燃えさかる天然ガスのクレーター「地獄の門」やカスピ海に面するトルクメンバシ郊外に広がるヤンギ・カラの台地も訪ねます。 なかなか訪れづらい国ですが、インド・デリーからの航空便にて首都アシュガバードへ。隣国からの出入国、国境移動の手間のない効率の良いルートで、トルクメニスタンの古と絶景に迫ります。

見どころのご紹介

半世紀以上燃え続ける砂漠のクレーター「地獄の門」へ

トルクメニスタンの大部分を占めるカラクム砂漠。この国は世界有数の天然ガスの埋蔵量を誇ります。1971年、資源探査をしている際、地面が崩落して大きな穴が開きました。地下から有毒なガスが噴出しないように地質学者が火をつけたところ、すぐに消えるという予測に反して火はやむことなく、半世紀以上燃え続けています。砂漠の真ん中にあり、周囲にホテルなどはありません。かつてはキャンプ用の簡易テントでの宿泊でしたが、今回は風雨を防ぐことができるユルタ(遊牧民テント)を利用したキャンプサイトに宿泊します。砂漠ゆえ周囲に光源はなく、闇夜に燃える炎は煌々とクレーターを照らします。この世のものとは思えない光景は「地獄の門」の通称のとおりですが、その様子は神秘的でもあり、当初の名前「カラクムの輝き」もうなづけます。大統領は消火に意欲的で、いつ消えてもおかしくはないので、今のうちにご覧ください。

めらめらと天然ガスが50年以上燃え続ける地獄の門。旅好きなら一度は行ってみたい場所です
ユルタ内はベッド完備。水洗トイレ(共同)も用意されています。
砂漠のただ中でも温かなお食事が提供されます。(イメージ)

シルクロードに栄えたトルクメニスタンの世界遺産

西の果ての仏教遺跡 メルヴ

トルクメニスタンで1999年、初の世界遺産登録を果たしたメルヴ遺跡。2000年もの間繁栄したシルクロードの要衝でした。町の起源はアケメネス朝ペルシャの紀元前6世紀にまで遡り、城壁に囲まれた町が時代ごとに別の場所に築かれたことで「さまよえる町」とも呼ばれます。仏教遺跡も見られ、インドから広まった仏教の西限地と考えられています。13世紀、モンゴルからの特使の命を奪ったことに端を発し、モンゴル軍が侵攻。100万人を超えるともいわれる住民が命を落とし、やがて廃墟と化して砂に埋もれてしまいました。

高さ20メートルを誇るメルヴの大キズ・カラ。かつては2階建ての豪族の邸宅だったと考えられています

パルティア王国発祥の地 ニサ

トルクメニスタンで見られる遺跡は、いずれもかつてのシルクロードのオアシス都市でした。1930年代に発掘が始まったニサ遺跡もそのひとつ。紀元前3世紀からササン朝ペルシャに滅ぼされた紀元後3世紀まで続いたパルティア王国の最初の都でした。パルティアはローマ帝国と競うほどの力を持った国であり、ヘレニズムの影響を受けたヴィーナス像や象牙のリュトン(杯)の発見はヨーロッパとの結びつきがあったことを伝えています。いずれも城壁に囲まれた、王の建造物群のあった旧ニサと人々の居住区だった新ニサとの2つの遺丘から成ります。

パルティア王国の最初の都で人々が暮らしていた新ニサ

白亜の大地 ヤンギ・カラの絶景に迫ります

トルクメニスタンを周遊することで、これまでは訪れづらかったトルクメニスタン西部、カスピ海に面したトルクメンバシへも足を運んでいただきます。

トルクメンバシの郊外には知られざるヤンギ・カラの絶景が広がり、隣国のカザフスタン・ウスチュルト台地のように、大陸移動によって失われた古代テチス海の海底部分にあたり、堆積したチョーク層が白亜の大地を造り出しています。

断崖の上から俯瞰すると、赤と白の堆積層がグラデーションのよう美しいコントラストを描き、観るものを圧倒します。

白亜の大地が広がるヤンギ・カラ(添乗員撮影)

ツアー日程

10日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田空港10:55発 デリー16:35着

■午前、羽田空港より、日本航空直行便にてインド・デリーへ。

■着後、バスにてホテルへ。

(デリー泊)

2日目
デリー15:00発 アシュガバード18:10着

午前、デリーの市内観光。世界遺産●フマユーン廟へご案内します。

■午後、航空機にてトルクメニスタンの首都アシュガバードへ。

■着後、ホテルにチェックイン。

(アシュガバード泊)

3日目
アシュガバード14:00発 ダルワザ18:00着 (地獄の門)

■午前、アシュガバードの市内観光。●国立博物館を見学。

■昼食後、四輪駆動車にて、ダルワザへ。

■ダルワザにて、闇夜に輝く地獄の門をご覧いただきます。

ダルワザ・テント泊)

4日目
ダルワザ08:00発 アシュガバード13:00着

朝食後、四輪駆動車にて首都アシュガバードへ。

■途中、○水のクレーター、○ガスのクレーターを見学します。

■午後、アシュガバードに戻り、市内で昼食。

■午後、市内の○エルトルグル・ガズィ・モスク、○バザールを見学します。

(アシュガバード泊)

5日目
アシュガバード08:00発 マリィ14:00着

午前、専用バスにてマリィへ。

■途中、アシュガバード近郊のアナウ遺跡を訪れます。

■マリィ着後、世界遺産●メルヴ遺跡を見学します。○エルク・カラ、城塞跡○大キズ・カラなどにご案内します。

マリィ泊)

6日目
マリィ12:00発 アシュガバード17:00着

■午前、○バザール、○アレクサンダー・ネフスキー教会を見学。

■昼食後、アシュガバードに戻ります。

■着後、ホテルにチェックイン。

アシュガバード泊)

7日目
アシュガバード06:20発 トルクメンバシ07:20着 ヤンギ・カラ トルクメンバシ17:00着

■朝、国内線にてカスピ海に面する町トルクメンバシへ。

■着後、四輪駆動車にて、ヤンギ・カラへ。奇岩が織りなす絶景のヤンギ・カラをお楽しみください。

■夕刻、トルクメンバシのホテルにチェックイン。

(トルクメンバシ泊)

8日目
トルクメンバシ08:40発 アシュガバード09:40着

■朝、国内線にてアシュガバードに戻ります。

■着後、アシュガバードの市内観光へ。パルティア王国の都世界遺産●ニサ遺跡世界最長の絨毯を展示する●絨毯博物館を見学します。

■夕食は、民族舞踊を鑑賞しながらお楽しみください。

(アシュガバード泊)

9日目
アシュガバード09:30発 デリー13:30着/19:05発

■午前、アシュガバードよりデリーへ。

■デリー着後、市内レストランにて遅めのランチ。

■夜、デリーより日本航空直行便にて帰国の途へ。

(機中泊)

10日目
羽田空港06:05着

■朝、羽田空港に到着。

(注)利用する航空機の時間は変更となる場合があります。その場合には日程を入れ替えてご案内する場合がありますのでご了承ください。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは10日間のコースです。

出発日 旅行代金
5月18日(土)発

旅行代金:¥598,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥848,000

ビジネスクラス利用

5月25日(土)発

旅行代金:¥598,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥848,000

ビジネスクラス利用

■1名室利用追加代金:¥70,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

ビジネスクラス利用区間:日本発着の国際線区間のみ適用

■燃油サーチャージ別途目安:¥42,600:11月1日付

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております(ただし、羽田空港の施設使用料及び保安サービス料合計2,950円ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)。

■地方発着追加代金
大阪・名古屋〜東京 片道・・・¥5,000
福岡・札幌〜東京 片道・・・¥10,000

但し付帯条件がございますので各支店へお問い合わせください。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111