【海外】帰国しました。添乗員レポート

【海外】帰国しました。添乗員レポート

2023年11月29日

ワシントンD.C.滞在とフィラデルフィアの旅

<11月14日(火)~11月21日(火)8日間 添乗員:東京支店 岩田尚之>

<11月14日(火)~11月21日(火)8日間 添乗員:東京支店 岩田尚之>

アメリカを動かす政治の町ワシントンD.C.は16平方キロと小さな面積の中に、ホワイトハウス、国会議事堂をはじめ数々の政府機関が点在し、アメリカ国内はもとより世界中から観光客がやってくるスミソニアンの博物館群など見どころたっぷりです。これまでのツアーでは日帰りや数泊滞在のみでしたが、今回ワシントンD.C.に6連泊し、その魅力を存分に堪能することができました。

歴史と政治の町ワシントンD.C.に6連泊

ワシントンと言えばアメリカの首都であり政治の中枢です。まずは中心のみどころとして国会議事堂やホワイトハウスを訪ね政治の町らしい観光スポットへご案内しました。また、アーリントン墓地ではジョン・F・ケネディ大統領の眠るお墓やリンカーン記念堂も訪ね、歴代大統領の足跡などをガイドの話を聞きながら巡りました。アメリカは建国してから250年ほどの歴史しかなく、日本のように長い歴史を持つ国ではないので、歴代大統領の功績はアメリカ人にとって偉大なものとして捉えられています。

広々とした国会議事堂。よく見る場所ですが実はこちらは裏側なのだそう。てっぺんの銅像は正面のヨーロッパ側を向いています。
大統領官邸のホワイトハウス。この日、バイデン大統領は米中首脳会議で不在でした。
有名なゲティスバーグの演説をしたリンカーン記念堂へ。いまだに歴代大統領でもトップクラスの人気と尊敬を集めています。
ジョン・F・ケネディ大統領は近隣のアーリントン墓地に埋葬されています。

圧倒的な作品群を誇るスミソニアンの博物館群

ワシントンD.C.の観光名所として外せないのがスミソニアン協会の博物館群でしょう。航空史・宇宙史を網羅した国立航空宇宙博物館や自然界の様々な取集をしている自然史博物館、そして15世紀から近代までの絵画が一堂に揃うナショナルギャラリー(ナショナルギャラリーはスミソニアン協会加盟ではありません)。このほかにも「ザ・モール」と呼ばれる一帯にはたくさんの博物館群があり、とても1、2日では回りきれない規模ですが連泊することで、しっかりと時間を取ってご案内することができました。
そして、アメリカのすごいところはこれだけの規模の展示が全て無料で見られるということです。その精神は財を成したアメリカの富豪たちはコレクションした作品を国に寄贈し、国民に幅広く見てもらい芸術・教育のレベルを上げることに根差しています。

ダヴィンチの傑作「ジネヴラ・デ・ベンチの肖像」。
日本人にも人気のフェルメールの作品「天秤を持つ女」。フェルメール全37作品のうち3点を展示しています。
フラ・アンジェリコとフィリッポ・リッピ作の「東方三博士の礼拝」
国立航空宇宙博物館には、世界初の動力付き飛行を成し遂げたライト兄弟の飛行機もあります。館の目玉の作品の1つです。
人類初の月面着陸をしたアポロ11号の司令船。ところどころ焼け焦げた跡が地球突入時の勢いを物語っています。
新たな研究分野として宇宙や惑星についても見やすく分かりやすい展示となっています。
世界最大45.52カラットのブルーダイヤモンド(通称「ホープダイヤモンド」)。この他にもマリーアントワネットの宝石やルビーやサファイヤの世界最大級の宝石が並び煌びやか空間が広がっていました。
かつて地球の食物連鎖のトップに君臨したティラノサウルスの化石は子供たちにも大人気です。
入り口を入ると、アフリカゾウの「ヘンリー」が出迎えてくれます。その大きさに圧倒され、これからの見学に期待に胸が膨らみます。

滞在するからこそ訪れることのできる郊外の町フィラデルフィア

今回は郊外特急列車アムトラックを利用して北部の町フィラデルフィアへ出かけました。片道約1時間30分で着くことのできるフィラデルフィアは、アメリカ国家誕生の地であり、2015年にはアメリカ初の世界遺産都市に登録されています。この町で訪問したのがバーンズ・コレクションです。ルノワールやマティス、セザンヌといった印象派の作品が数多く世界最大級の展示品を誇ります。
ちなみにバーンズ氏の遺言で長らく門外不出でしたが、一般公開されるやいなやその作品を一目見ようと、1994年には上野の国立西洋美術館で来場者記録を更新するなど人気を博しました。

郊外列車アムトラックに乗って出発です。
座席はビジネスクラスでゆったり快適でした。
バーンズ氏のこだわりをもった作品の配列で見る者に芸術を説くよう配置しています。
作品の間にある銀細工にまで1つ1つ気を配って配列しています。

連泊したからこそワシントンD.C.の見どころの多さと奥深さを感じました。そこにはアメリカの首都というイメージだけではなく、きっと新たな発見があることでしょう。来年3月の出発日もおかげさまでツアーの催行が決定しています。下記より詳細をご覧ください。

この記事に関するキーワード

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111