【国内】帰着しました。添乗員レポート

【国内】帰着しました。添乗員レポート

2022年11月14日

神戸北野ホテルで過ごす優雅な休日の旅 3日間

〈11月8日発 添乗員・本社営業部 若生春香〉

 神戸北野ホテルで過ごす旅より戻りました。今までは、神戸北野ホテルでの宿泊と淡路島のアナガにご宿泊する3日間の旅が中心でしたが、今回はゆっくりと連泊にてお過ごしいただきました。かつて横浜・長崎と3大港町として栄えた神戸には、いたる所に港町として洋風文化がいち早く取り入れられた時代の面影が残ります。神戸北野ホテルはそんな街並みに溶け込む客室数わずか30室のオーベルジュです。お食事だけではなく、観光も充実した内容の旅でした。今回はそんな、旅のハイライトをいくつかご紹介します。

憧れの「神戸北野ホテル」にゆったり2連泊

 今回の旅のメインはなんといっても、世界中から厳選された一流のホテル、レストランで構成される「ルレ・エ・シャトー」加盟の神戸北野ホテルです。ご参加いただいた皆様からは、テレビや雑誌などでホテルの名前を聞いたことがあり「一度は泊まって見たかったのよね」とのお声が。異人街へと向かうトアロードに佇む、赤い煉瓦造りの建物です。天候にも恵まれて秋晴れの中、神戸を代表するクラシックホテルでのご滞在をお楽しみいただきました。

わずか30室のオーベルジュ、神戸北野ホテル
フロントには大きなクリスマスツリーが。
重厚な絨毯に、ゆったりした赤いソファが特徴のフロントロビー。
ホテルの正面にあるブティックでは、皆様お買い物を楽しまれていました。
ホテル名物のレモンケーキ。
実際に、ブティック内で手作りしています。

ご夕食には、フレンチのコース料理を

 神戸北野ホテルはオーベルジュ(宿泊施設付きレストラン)ですので、ホテルでのお食事も大きな旅の魅力です。1日目のご夕食は、ホテル内レストラン「アッシュ」にてフレンチのコース料理を召し上がり頂きました。ホテルの総支配人かつ総料理長を務める山口浩氏は、かつてフランスの名店「ルレ・ベルナール・ロワゾー」に勤め、世界一と謳われるロワゾー氏の朝食メニューの提供を許された人物でもあります。地産地消にこだわり、そして見た目もお楽しみいただけるお料理が中心でした。その一部をご紹介します。

高級感漂うレストラン「アッシュ」の様子
胡麻のブランマンジェとごぼうのソース。手前にも小さなごぼうが。
明石産のクロダイのグラタン仕立て
7時間ゆっくりと低温で火入れした神戸牛ビーフ。低温調理のため、お肉のたんぱく質が失われることなく残っています。徳島産のレンコンを添えて。
「砂漠のバラ」オレンジシロップとチョコレートのアイスとサブレを、ざくざくと砕きながらいただきました。さっぱりとしたオレンジの酸味が良いアクセントとなり、量は多めでしたが皆様ぺろりと完食されていました。
こちらがデザートのデザインとなる、サハラ砂漠から持ち帰られた砂の結晶「砂漠のバラ」です。ホテルのフロント横に展示されています。

神戸異人街の散策

 横浜や長崎と並び、開港時より貿易の中継地として栄えた神戸。明治大正期にこの地に移り住んだ来日外国人の居留地として発展し、コロニアルスタイルと呼ばれる建築様式の建物が数多く保存されています。今回は、現地のボランティアガイドとともに「風見鶏の館」、「萌黄の館」そして「ラインの館」と3つを巡りました。風見鶏の館はかつてNHKの朝ドラでも舞台となった館でしたので、ご存知のお客様も多くいらっしゃいました。異国情緒豊かな街並みは、まるで明治時代にタイムスリップしたかのよう。ご宿泊の神戸北野ホテルからも徒歩で片道20分ほどと、朝食後の良いお散歩コースでした。

異人館巡りを代表する「風見鶏の館」。
内装も当時の様子が再現されています。
萌黄色の壁をした「萌黄の館」。
どの異人館も、坂の上に建てられています。
ラインの館。

トワイライトタイムの神戸湾トワイライトクルーズ

 皆さま揃って2日目のご夕食は、神戸港クルーズへ。この日の日没時刻は17時でしたので、16時30分頃から早めのご夕食です。船内に入るとオレンジ色の夕陽が差し込み、空気も澄んでいたので陽が山の隙間に沈んでいく様子の移り変わりをご覧いただくことが出来ました。船は明石海峡大橋の下を通り、遠くには淡路島も。前菜から始まり、メインのお肉をいただく頃には辺りはすっかりと暗闇に包まれ、外のイルミネーションがきらきらと輝いていました。照明を落としたレストランに、ピアノの生演奏を聴きながら、出発した時間帯とは異なるクラシックな雰囲気に包まれました。

夕暮れの時間帯に合わせての乗船です。
船内はすっかりクリスマスモードです。
乗船後、30分ほどで太陽が沈んでいく様子を船内よりご覧いただけました。
鮮魚のポワレには、桜エビのクルスティアンを飾り付けに。
赤ワインソースをかけたローストビーフに、南瓜のクリームソース煮。
皆既日食の翌晩でしたが、月も綺麗にご覧いただけました。
お食事とともに、ピアノの生演奏もお楽しみいただきました。

この記事に関するキーワード

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111