旅の3つ星

旅の3つ星

2021年08月09日

ならまちの柿寿賀

菊間潤吾

ワールド航空の奈良のホテル「MIROKU」の開業まで、あと1カ月ちょっととなりました。視察に訪れた社員や現地から最新の写真が届くたびに、社員たちも盛り上がっています。

私も何度も現地に足を運びましたが、ホテルのあるならまちは昔ながらの町並みや風情ある店が多く、散策するたびに新しい発見があってうれしくなってしまいます。

先日、MIROKUホテルから猿沢池のほうへのんびり歩いていたとき、すぐ近くの路地に小さな和菓子店を見つけました。暖簾には柿と柚子の絵と、「柿寿賀」という店名が染め抜かれています。扱っているのは、店の名と同じ「柿寿賀」という干し柿を使ったお菓子のみ。柿の名産地、奈良らしいと思い、買い求めました。

柿寿賀はよく熟成した干し柿10個ほどを開いて平らにし、柚子の甘露煮を芯にしっかりと巻き上げてつくった和菓子です。棒状で、柿の糖分、柿霜が白く粉を吹いた姿は、ちょっと白カビのサラミを思わせます。
5ミリほどに薄く切っていただくと、干し柿のねっちりした食感と素朴な甘み、そこに柚子の爽やかな風味が加わって、とても品のよい味わい。柿と柚子、日本ならではのこの2つの果物がこんなに相性がいいとは驚きました。

地元ではお茶請けのほか、正月のおせちに入れるお家も多いとのこと。ワインやブランデーと合わせても、気の利いた一品になりそうです。

ホテルから歩いてほんの1、2分ですので、9月からのMIROKUのツアーにお越しの際はぜひお試しください。

知る人ぞ知る奈良の銘菓、柿寿賀(かきすが)

総本店 柿寿賀
奈良県奈良市高畑町1119

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111