旅の3つ星

旅の3つ星

2021年07月12日

京都・老松の夏柑糖(なつかんとう)

菊間潤吾

夏みかんは、時代と共に産地が甘夏へ移行したり、グレープフルーツの自由化で年々畑地が減少し、今では原産地の萩や和歌山の一部に残るのみとなっているそうですが、老松の夏柑糖はその貴重となった夏みかんを使用しています。
純粋種の夏みかん果汁と寒天をあわせ、再び皮に注いで固めたのが、夏の風物詩的な名菓・夏柑糖です。
これを冷やしていただくと蒸し暑さを忘れ、日本の夏をうれしく感じてしまうほど、さっぱりとした旨みに頬が思わずゆるんでしまいます。

老松は北野天満宮東門にある京都最古の花街「上七軒」にあり、上七軒の風情を代表するような佇まい。菓子を通じて季節を味わう日本の伝統文化を守り続けて創菓されていて、味だけでなく四季を通じてお店をのぞくのが楽しみです。
毎月25日の北野天満宮の骨董市に出かける時は、必ず立ち寄っています。

有職菓子御調進所 老松
北野店
京都市上京区社家長屋町675-2

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111