日々是旅立

日々是旅立

2021年08月18日

イロイロ旨いモノが待っています。平戸。

平戸の街はよい。平戸大橋を渡ると、これが平戸島で、平戸港の入江を囲む平戸の街並には、どこか西洋の香りがします。長崎・出島が築かれるまでは、この平戸が日本で最初の、また唯一の外国への窓口で往時を偲ばせる日本初の洋風建築、白亜のオランダ商館(復元)やザビエル記念教会のゴシック建築などが点綴しています。かと思えば、港の対岸の丘上には、藩主松浦家の居城、平戸城(2021年3月リニューアルオープンしたばかり)の天主閣や幾つかの櫓が聳え立ち、「城下町平戸」を物語っています。

平戸大橋を渡って平戸島へ
ザビエル天主堂
オランダ商館の倉庫
オランダ商館通りはそぞろ歩きにぴったり
平戸城・天主閣
天主閣から懐柔櫓と平戸港を望む

 さて、旨いモノ、です。360度ぐるりの絶景を見渡す川内(かわち)峠に近い平戸唯一のミシュラン店「エビス亭」では、季節のおまかせ会席を予約しました。7月24日(土)、お造りの後のメインは平戸牛のすきやきでしたが、さて、冬にはどんな一品が登場するのか、楽しみが広がります。冬場は「団扇海老」の旬、そして平戸の真打ちは何といっても天然ひらめ。(「座ぶとんひらめ」と呼ばれるほど肉身がぶ厚い)

 地元に人気の豊鮨では、お約束の「ひらめ御膳」、平戸瀬戸市場(4日目のランチ)では、プリップリの団扇海老の入った特選海鮮丼、と冬の味覚たっぷり。さらに、オマケに、初日の長崎では、長崎ちゃんぽん発祥(1898年創業者、陳平順が考案)の四海楼で、ちゃんぽん、細麺の皿うどんに、酢豚、かに玉、水餃子の王道コースをご用意しています。

 平戸、長崎の歴史ロマンとともに、「ウマイモノ」もあちらこちらで存分に楽しんでいただきたいと思います。

「エビス亭」の入り口
エビス亭のご主人 南沢さん
川内峠からの360度の絶景
四海楼のちゃんぽん
平戸名物・天然ヒラメ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111