日々是旅立

日々是旅立

2021年07月21日

北の国から(その7)富良野の印象

社長 松本佳晴

日本画の大家「後藤純男美術館」

富良野は「北の国から」(1981年-2002年)で、すっかり全国区のスポットになって久しい。幾つかのファームと、あのラヴェンダー畑の紫の印象が強いが、松本イチオシのひとつが「後藤純男美術館」です。

美瑛の「青い池」(2021年7月3日)

日本画の大家 後藤純男美術館

美瑛の「青い池」と富良野の中間に位置する美術館。千葉県生まれの日本画の大家、後藤純男の幅6メートルを越す大作「十勝岳連峰」(2002年)には、特に胸を打たれます。北海道の美しさと厳しさが、観る者に凄い力で迫ってきます。奈良の四季の移ろいを描いた作品、大作「黄山」などの中国大地や、中国江南地方の農村風景も、中国を旅された方には特に懐かしい。

「十勝連峰」
中國の大地を思い出させる「黄山」
後藤作品には、奈良、京都などの桜の作品も多い。そのうち大作の1枚は2020年3月から首相官邸を飾っています。

2020年3月から首相官邸を飾る見事な「桜爛漫の大木」も、この後藤の作品で、貸出されているもの。その評価の高さを物語っています。長年、東京芸大の教授、名誉教授の要職にありましたが、残念ながら2016年10月に永眠されています。

北海道の大自然に魅了され、数多くの北海道の作品を遺してくれた後藤純男。富良野の滞在中に訪ねてみたいものです。

この記事に関するキーワード

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111