海外旅行再開。現地ツアー日記 スタート

海外旅行再開。現地ツアー日記 スタート

2022年08月07日

海外旅行再開 現地ツアー日記
8月1日発 氷河特急エクセレンスクラスに乗車 優雅に楽しむスイスの旅【11日間】

帰国しました。 添乗員:本社 井芹健一
海外再開して久しぶりのスイス。コロナ過でもスイスはホテル確保が難しい中、今回はスイス最奥の村ソーリオ村、憧れの山上ホテル・リッフェルアルプリゾートともに連泊で確保、しかも氷河特急のエクセレンスクラスという贅沢な旅に期待いっぱいです。


【🕐現在の日本とスイスとの時差は、7時間です。日本の方が、7時間進んでいます。】

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

8月10日〜11日(10〜11日目) あっという間の11日間でした。

今回は11日間のツアーですが、長いようでいてあっという間に帰国の日がやってきました。今回のお客様には、お天気にも恵まれ、展望所から、車窓から、絶景の山上ホテルからと、様々な角度からスイスの雄大な自然をご満喫いただけたことと思います。
ご参加のお客様にもご協力いただき何とか最終日を迎えましたこと、この場を借りて御礼申し上げます。
これにてスイスからのレポートは終了とさせていただきます。ありがとうございました。

ジュネーブの空港はサマーホリデー中ということもあり、かなり混んでました。
ジュネーブ空港チェックイン時、イスタンブールで乗り継ぎ時に、それぞれ帰国前PCR検査の陰性確認がありました。
羽田到着後、ガラ空きの空港で検疫へ。皆さまスマホに事前登録するMYSOSを使わずに検疫を通過しましたが、一切混雑はありませんでした。

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

8月9日(9日目) ジュネーブは国際都市であり、公園都市でもあります。

この日の午前はジュネーブの自由行動。永世中立国のスイスの中の国際都市ジュネーブの中には、世界に200以上ある国際機関のうち9割以上が本部を置いていて、世界中のコロナ対策などで忙しいWHOの本部や、最近の国際紛争でよくニュースに出てくる国連のヨーロッパ本部など、ニュースで見たことのある機関も多く存在します。宿泊は国連近くのインターコンチネンタルホテル連泊だったので、ホテルから散歩がてら国連前広場へ。国連前広場には「壊れた椅子」のモニュメントがあります。木材5.5トンを使用し、高さ12mで4本の脚のうち一本が折れたこのモニュメントは地雷やクラスター爆弾使用に反対を表現したもので、国連に出入りする人たちに常にこれらの兵器のことを意識させるためにこの正面の広場に設置してあります。
また、国際都市というだけでなく、世田谷区の4分の1程度の広さしかない土地のうち、約5分の1が公園が占めているという公園都市でもあります。ジュネーブ市民はレマン湖を中心にした周りの公園で、それぞれが寛いでいて過ごしていました。
この日の夕食はレマン湖畔の公園の中にあるレストラン「Le perle du Lac」にて。公園で優雅に過ごすジュネーブっ子を眺めながら夕食を楽しみました。

国連ヨーロッパ本部と巨大なモニュメント「壊れた椅子」
今回の旅の最後の夕食は「Le perle du Lac」で楽しみました。
「Le perle du Lac」

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

8月8日(8日目) レマン湖畔のラヴォー地区は絶景でした。

本日は、連泊滞在したリッフェルアルプリゾートを出発し、最後の宿泊地ジュネーブまでの移動の日。ホテル出発時も快晴、マッターホルンが朝日に照らされ輝いていて、皆さま「あと1週間はここに滞在したい」「名残惜しい」と、ホテル専用トロッコで駅まで移動中も、何度も後ろを振り返ってマッターホルンを見納めされていました。

朝日に照らされたマッターホルン 本日も快晴です
皆様、後ろ髪引かれながらのホテル出発です

下山後、U字谷をバスで約2時間も走ればどちょうどお昼頃レマン湖畔のキュリーに到着。キュリーはブドウ畑が広がるラヴォー地区の小さな町で町中には小さなワイン造り酒場が点在します。湖畔沿いの洒落たレストランで昼食を楽しみ、その後、ミニトレインに乗って世界遺産に認定されたラヴォー地区のブドウ畑が広がる丘陵地帯とレマン湖の風景を楽しみました。

湖畔の町キュリーのすぐ裏にはブドウ畑が延々と広がっています。
湖畔のおしゃれなレストランで昼食 お店オリジナルワインも美味しかったです。
デザートはメロンとサボテンのシャーベット。さっぱりしていて清涼感ある味でした。
ミニトレインで世界遺産ラヴォー地区をめぐりました。
ミニトレインで世界遺産ラヴォー地区をめぐりました。
展望所で休憩 絶景の中で地元のワインをちょっとだけ味見。

ジュネーブに到着後、帰国のためのPCR検査場へ。スイスではコロナに対する行動制限もなく、地元の人は検査を受けることもなくなってきたため、検査機関はかなり少なくなっています。今回はジュネーブ駅近くでPCR検査です。ビルの1階の小さなスペースで待合室もなく、検査を受けるために3人づつ中に入り、鼻咽頭ぬぐいの検査を受けます。細い綿棒みたいなものを鼻から入れちょっとくすぐったい感もありましたが、検査はあっという間に終了。一人当たりの検査に1分もかからずでした。

検査場の外です
狭い検査場なので待合室は3人だけ、ほかの方は外で待機。

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

8月7日(7日目) リッフェルアルプリゾートに滞在し、ハイキングを楽しみました。

昨日からグループは山上ホテルのリッフェルアルプリゾートに連泊滞在しています。リッフェルアルプはゴルナグラード登山鉄道のちょうど中間ぐらいに位置し、標高は2,222m。マッターホルンを含む4,000m級の山々が見渡せる山頂のゴルナグラード展望台(標高3,100m)と比べ、リッフェルアルプはマッターホルンの正面に位置し、麓から山頂まで、その全景がより近くご覧いただける展望所です。そのリッフェルアルプに18世紀に夏の避暑地として作られたのが名門山岳ホテル「リッフェルアルプリゾート」、シャレー風の建物に時代を感じさせる家具調度品、ヨーロッパの貴族や著名人が夏場に集まった社交場の雰囲気を今も残しています。スタッフのサービスも行き届いていてリーディングホテルにも加盟している折り紙付きの名門ホテルです。お客様もホテルの雰囲気とお部屋から見えるマッターホルンの景観に大満足の模様でした。

<すべてリッフェルアルプリゾートから撮影>

朝6時撮影、だいぶ明るくなってきてマッターホルンの全景がはっきりと見えます。
観光出発の9時前に撮影、真っ青な空をバックにしたマッターホルンにお客様も大感激
歴史ある名門ホテル「リッフェルアルプリゾート」
ホテルレストランも雰囲気良く、スタッフのサービスもキビキビしていて最高でした。
さすが名門ホテルの食事、と世界中の美味しいものを知ってらっしゃるお客様を唸らせるものばかりでした。

<ゴルナグラード展望台からハイキング>

本日の朝は雲一つない快晴、午前中に山岳鉄道にてゴルナグラード展望台を訪れました。展望所からはマッターホルンをはじめ、ブライトホルン、リスカム、モンテローザなど、名だたる名峰が連なって陽の光りを浴びてまっ白に輝く景観と、眼下に流れるゴルナー大氷河をご覧いただき、その後ひと駅下り、ローテンボーデンからリッフェルベルグまでのハイキングを楽しんできました。

モンテローザ(4,634m)とリスカム(4,527m)
ローテンボーデン駅からハイキングスタート。緩やかな下りの1時間コースです。
お天気にも恵まれ、アルプスの絶景を満喫してきました。
夕食後、ホテルから最後にマッターホルンを1枚パチリ

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

8月6日(6日目) 氷河特急エクセレンスクラスに乗車!

エクセレンクラスの車両乗車時は赤じゅうたんが敷かれています。
優雅なエクセレンスクラスの車内。

本日は、サンモリッツからツェルマットまでの氷河特急全区間を氷河特急エクセレンクラスにて移動しました。エクセレンクラスは今までの1等車、2等車に加えて、2019年に新たに導入されたクラスで、座席配列はなんと1席-1席、かなり贅沢なゆとりのある配列です。各座席は航空機のビジネスクラス並みのリクライニングも可能です。また、定評のあるサービスもさらにグレードアップされていて、乗車時のウェルカムドリンクから始まり、乗車中はゆっくり時間をかけて7コースの食事とワイン、そしてアフタヌーンティーと、まさに至れり尽くせりです。

食事は一品一品が洗練されていて、スイスの地産地消の食事を楽しみます。
スタッフのサービスも一流レストラン並みです。
乗車中ほとんどがフリードリンクのバーカウンターでは日本酒やニッカウィスキーも置いてありました。
大きな窓からはスイスの雄大で美しい景観が次から次へと移り変わります。

約8時間の列車の長旅も疲れ知らず、次から次へと現れるスイスの絶景を存分に満喫してきました。

本日の宿泊ホテルは、マッターホルンを望む山上ホテルの「リッフェルアルプリゾート」です。明日はリッフェルアルプリゾートとハイキングの模様をレポートします。

リッフェルアルプまで登山鉄道で移動中、線路が切り替わらないハプニング発生。
ニッカウィスキーが好きな氷河特急スタッフのクラウドさん。大好きな日本人が最近来ないので、もっと日本で紹介しろとハッパをかけられました。

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

8月5日(5日目) 本日はベルニナ線で絶景展望所を巡りました。

ポントレジーナに連泊滞在すると、滞在期間中エンガディン地方の鉄道、バス、ロープウェーなどが無料で利用できる「エンガディンパス」がもらえます。本日はこの「エンガディンパス」を利用して絶景ベルニナの谷の見どころを巡ります。

ベルニナの谷が始まるポントレジーナから乗車し、まず最初に訪れたのは駅自体が展望所のアルプグリュム駅、標高2,107mにある駅からは大迫力のパリュ氷河を正面で眺められ、まさに世界一眺めのいい絶景の駅でした。その後ベルニナ線とロープウェイを乗り継ぎ、ベルニナ山群とベルニナ山群最高峰のピッツベルニナ(4,049m)を望むディアボレッツァ展望台へ。

ここで昼食をとってポントレジーナに戻る予定でしたが、せっかく「エンガディンパス」があるので、追加でサンモリッツ近郊のムスタオ・ムライユ展望所まで足を延ばしてきました。

車窓からの絶景の景色、大迫力の氷河、ベルニナ山群の雄大な景色を思う存分満喫した一日でした。

ベルニナ線は絶景の連続。写真好きの方は座っている暇がありません。
パリュ氷河を望む絶景のアルプグリュム駅
ディアボレッツァ展望台(標高2,973m)までは一気にロープウェイで上がります。
ディアボレッツァ展望台到着時はちょうど晴天で、ベルニナ山群最高峰のピッツベルニナ(4,049m)もはっきり見えました。
レーテシュ鉄道ベルニナ線は箱根登山鉄道の姉妹線です。
ジェットコースター並みに急勾配なムスタオムライユの登山鉄道
ムスタオムライユ訪問時に急に雨が、しかしシルス、シルヴァプラーナ、サンモリッツの3つの連なる湖、マローヤ、エンガディン、ベルニナの3つの谷が合流しているところははっきりご覧いただけました。
本日訪問したところは全てこのエンガディンカード1枚でOK。大変お世話になりました。

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

8月4日(4日目) 本日はソーリオ村で終日滞在です。

本日はイタリア国境近くのソーリオ村からブレガリアの谷を抜け、マローヤ峠を越え、エンガディン地方のポントレジーナへと移動の日です。途中、ロゼック渓谷にも立ち寄りました。

今回2つのホテルを行き来して何度この道を通ったことか。昨晩ここは写真好きのお客様が選んだソーリオの絶景スポットと教えられ、改めて最後にパチリ。
名残惜しいソーリオ最終日。部屋から朝日に照らされたシオーラ山脈をパチリ。
マローヤ峠の展望所で写真ストップ。この峠を境に今までイタリア側へ流れていた川が、この峠から先は川の流れる方向が変わりイン川となりスイスからオーストラリアへと流れ、最終的にはドナウ川に合流します。

ポントレジーナに到着。ここからロゼック渓谷を馬車で移動しながら、ロゼック氷河を目指します。

馬車の会社のスタッフも久しぶりの日本人グループの来訪に大変喜んでいました。
ラマツ林の中をゆっくり馬車で走ります。途中自転車に何度も抜かれました。
車の終点ロゼックグレーシャーホテル。ここでランチをとって、その後簡単なハイキングを楽しみます。

ロゼック氷河のハイキング。氷河の雪解け水の横のなだらかな道を氷河に向かって歩きました。ロゼック氷河がかなり近くなったところで折り返し。同じ道を行って戻ってで約1時間のハイキングでした。

この日はとても暑く、地元の人たちも雪解け水の冷たさに気持ちよさそう。

早めにホテルに到着したので、お客様と近くのスーパーを訪れてみました。水を買うだけのつもりでしたが、中に入ると日本との物価や品揃えの比較が面白く、結構長い時間滞在することに。

スーパーのお客さんは地元の人というより長期滞在者のような方が多いように見えました。
さすが環境先進国、リサイクル回収も皆徹底していました。
胡桃が入ったチーズ アーモンド入りのチーズが美味しいのでいけるかもと購入。5.55スイスフラン(日本円で約800円)

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

8月3日(3日目) 本日はソーリオ村で終日滞在です。

本日はソーリオ村で終日滞在です。
かつてセガンティーニや新田次郎に愛されたこの村は、ブレガリアの谷の山の中腹、標高約1,000mに位置し、谷の反対側にはイタリアとの国境を形成するシオーラ山脈が連なっています。その雄大な景色と小さいながらも時代を感じるスレート石屋根の家並み、のどかな農村風景、それらがぎゅっと凝縮されているのがソーリオ村の魅力。
早速、村の入り口にあるインフォメーションセンターのマドリーナさんにソーリオ村のおすすめポイントを聞いてみました。

村に入ってすぐのところにあるインフォメーションセンター
とても親切にソーリオ村のことを教えていただきましたマドリーナさん。
マドリーナさんお勧めのソーリオの絶景ポイントと昼食レストラン。
セガンティーニの3部作「生」で描かれた風景
ソーリオ村の全景と山の斜面にあることがよくわかるスポット
ソーリオ村のスレート石の屋根と鐘楼が美しいポイント
ソーリオ村の全景とシオーラ山脈を同時に収めることができるポイント

昼食は村の中心のパレッツォ・サリスにて。マドリーナさんによるとここの中庭が雰囲気がいいとのこと。ここは中世の時代、この土地の権力者サリス家が所有していた館で現在はホテルになっています。

パラッツォ・サリス かつてセガンティーニ、ニーチェなどの有名人もかつてこのホテルに滞在していたとのこと。
花と緑に囲まれたパラッツォ・サリスの中庭で昼食を楽しみました。
この地域名物のポルチーニ茸を使ったパスタをいただきました。軽めの昼食でしたが、とっても美味なるもので、皆さま満足。

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

8月2日(2日目) イスタンブール空港で航空機を乗り継ぎ、ミラノへ。

今度の便は特に期待してなかったのですが、なんとスロベニアあたりからヨーロッパアルプスに沿って東へ向かうルートで、右手にはヨーロッパアルプスを眺めながらの遊覧フライトのようでした。

3席並びの通路側だったので横の外人に気を使いながら撮影。

ミラノに到着後は、ミラノから北上してコモ湖の横を通りながら国境を越えてイタリア側からスイスへ。

ドライバーのアントニオさん。久しぶりの日本人グループとのことでしたが、片言日本語挨拶ははっきり覚えてらっしゃいました。
昼食で立ち寄ったコモでは少し時間に余裕があったので、せっかくなので大聖堂にもちょっと立ち寄り。
コモの大聖堂内部には16、17世紀に作られた巨大タペストリーが飾られていました。
コモ湖の横を北上しながらアルプス山脈を目指します。(車内から撮影)
麓の町でポストバスに乗り換えソーリオ村へ。ポストバスは中世から続く重要な地元の人たちの交通手段。カーブの度に鳴らすラッパ音は今も変わらずです。
スイス最奥といわれるソーリオ村到着。明日は村の散策です。

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨

8月1日(1日目) ターキッシュエアラインズを利用して、羽田空港から出発。イスタンブール経由でイタリア・ミラノへ。

出発の羽田空港は夏休みシーズンということもあり、結構人が戻ってきていて、今回利用したターキッシュエアラインはほぼ満席でした。

ターキッシュエアラインは中国シルクロード上空を通過し、カザフスタンのアラル海、そこからちょっと南下してカスピ海、そして黒海を抜けていくという、シルクロードファンにはたまらないルートです。(深夜便なので窓からは何も見えないのが残念……)


混雑を避け、出発1時間半前ぐらいのぎりぎりにチェックインを狙いましたが、それでもまだこんなに長蛇の列が。

出発前の手荷物検査でスマホやPCをいちいちカバンから取り出さなくてよくなっていて、チェックも以前と比べかなりスムーズになっています。
タクラマカン砂漠と天山山脈の北を通過。河西回廊の旅が懐かしい。
改めてカスピ海の大きさに驚き。この周辺にはまだ未発見の遺跡とかが眠っていそう。

この記事に関するキーワード

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111