札幌営業所

ANAチャーター便でゆく中欧の旅 先行発表会

日 時
3月27日(水)午後2時~3時30分
集 合
時計台ビル6階 会議室
詳 細
9月の最良の季節に、新千歳空港から中欧のブタペストとプラハを繋ぐANAチャーター便就航が決まりました。ANAチャーター便は過去にはスイス、スペイン、クロアチアが大好評をいただきましたので毎年期待してお待ちの方も多いと思います。

お待たせしましたが今年は中欧(ブタペスト、プラハ)です。初めて訪れる方へのハイライトコースやチェコをじっくりと巡る旅、普段はなかなか紹介する機会の少ないスロヴァキアを周遊する旅も加えた3コース、いずれも札幌所員手作りのオリジナルの旅をご用意いたしました。

上記日時にて先行発表会を行います。当日お越しの方に先行してパンフレットをお渡しいたしますので、ぜひお越しください。

写真:使用予定の航空機はボーイング787-9型機です(イメージ)

絲綢之路 東洋の起
魅力の宝庫 中国シルクロード

日 時
4月12日(金)午後1時30分~3時
集 合
札幌市民交流プラザ内2F SCARTS(スカーツ)スタジオ
札幌市中央区北1条西2丁目(地下鉄「大通り駅」から西2丁目地下歩道より直結)
詳 細
悠久の歴史浪漫 東洋と西洋をつないだ
シルクロード教養講座3回シリーズ開催


シルクロードの名称は、ドイツの地理学者リヒトホーフェンが19世紀に著書の中で使い始め、その後弟子のスウェーデンの地理学者ヘディンが自身の旅行記の書名として用い、これが1938年に「The Silk Road」の題名で英訳され広く知られるようになりました。

1980年4月に始まったNHK特集は喜多郎の悠久の時を感じさせるシンセサイザーのテーマ音、石坂浩二のナレーションにより一大ブームを巻き起こし中国・長安(西安)からパキスタン国境のパミール高原へと毎月1回1年放送され、その後ローマへと至るインド、イラン、イラクを訪ねた続編が作られました。

今回は、このシルクロードを3回に分け、それぞれのテーマで歴史、民俗、文化をご紹介いたします。入場無料ですのでお気軽にお誘い合わせの上ご参加ください。

講師:多田洲一(行政書士、道新文化センター中国語講師)
大学で中国語に興味をもったことから、北京での語学留学を経験し、大学院では中国経済に関する研究を行う。その後、中国の大学に勤務し、言語と文化の両方面からの教育活動に従事。一方で中国各地を旅行し、これまでに数々の名所旧蹟を訪ねている。

写真:中国シルクロードを代表する訪問地トルファン(イメージ)、多田洲一さん

悠久の歴史を持つシルクロードの中継地
ぺルシア、三つの帝国 (アケメネス朝、ササン朝、サファヴィー朝)

日 時
5月16日(木)午後1時30分~3時
集 合
札幌市民交流プラザ内2F SCARTS(スカーツ)スタジオ
札幌市中央区北1条西2丁目(地下鉄「大通り駅」から西2丁目地下歩道より直結)
詳 細
悠久の歴史浪漫 東洋と西洋をつないだ
シルクロード教養講座3回シリーズ開催


シルクロードの名称は、ドイツの地理学者リヒトホーフェンが19世紀に著書の中で使い始め、その後弟子のスウェーデンの地理学者ヘディンが自身の旅行記の書名として用い、これが1938年に「The Silk Road」の題名で英訳され広く知られるようになりました。

1980年4月に始まったNHK特集は喜多郎の悠久の時を感じさせるシンセサイザーのテーマ音、石坂浩二のナレーションにより一大ブームを巻き起こし中国・長安(西安)からパキスタン国境のパミール高原へと毎月1回1年放送され、その後ローマへと至るインド、イラン、イラクを訪ねた続編が作られました。

今回は、このシルクロードを3回に分け、それぞれのテーマで歴史、民俗、文化をご紹介いたします。入場無料ですのでお気軽にお誘い合わせの上ご参加ください。

講師:手嶋兼輔(歴史文化研究家)
在ギリシャ日本大使館で領事事務。北海道工大・東北芸工大にて研究と教育に従事。2000年より長沼町にて田舎暮らし。旅と読書と歴史研究を愉しむ。中心テーマは地中海・ユーラシアの歴史と文化。

写真:中国シルクロードを代表する訪問地トルファン(イメージ)、手嶋兼輔さん