2018年8月9日更新

アンコール遺跡を舞台に特別プログラムを楽しむ旅

①松明の明かりに照らされて宴の会場へ
通常入場できない 夜のアンコール遺跡へ

9世紀から12世紀にかけてインドシナ半島で栄華を誇ったアンコール王朝。今もカンボジア北西部のシェムリアップを中心に、多くの仏教、ヒンドゥー教の寺院遺跡が残ります。アンコールワットをはじめとするその優美な姿は、アジアを代表する遺跡として人々を魅了しています。もちろんシェムリアップ周辺の遺跡全体が世界遺産に登録されており、遺跡は各協力国から派遣された遺跡保存チームや自治体によって管理されています。そのため、開放時間以外の遺跡への立ち入りなどは厳しく制限されている現状があります。
②カクテルタイムの後、宴が始まります
かつてはアンコールワットやアンコールトムを利用したライトアップショーも行われていた時代がありましたが、現在はライトアップ設備の設置による遺跡破壊や、火災防止のため定期的には行われていません。そこでワールド航空では、なんとか夜間のアンコール遺跡で幻想的なイベントを開催できないか、と現地との交渉を重ね、一定の人数以上にご参加いただくこと、ワールドのお客様だけの限定企画であることなど、いくつかの条件の下、ご案内する「クメールの宴」が実現いたしました。歴代アンコールの王が興じた夜会のごとく、優雅な風情をお楽しみいただけます。

 
③カンボジア風にアレンジしながらのディナーを楽しみ、宴の終了後には踊り子たちとの撮影タイムも
キャンドルが映し出す アンコール遺跡幻想の夜  

夕暮れが近づく頃、バスにてホテルを出発。目指す会場のトマノン遺跡までは約30分。その間に夜の帳が下りると、辺りは真暗に。観光客のいない遺跡地区は静まり返っています。遺跡の手前でバスを降り、会場までは30メートルほど歩きます。

キャンドルとスタッフの持つ松明が遺跡への道筋を照らし、自然と期待感が高まります。遺跡の周囲にも無数のキャンドルが置かれており、ジャングルにぼんやりと幻想的なその姿が浮かび上がります。そして全員がそろったところで、一斉にライトアップ。煌々とした明かりに遺跡の全容と天女アプサラに扮した踊り子たちが照らし出されます。いよいよクメール王たちが楽しんだであろう舞台の幕が開きます。

まずは、ライトアップされた遺跡を鑑賞しながらのカクテルタイム。グラスを片手に、時空を超えて彫刻から抜け出たような天女の舞を楽しみ、特別に設えられたディナーテーブルへ。食事はケータリングではなく、その場でシェフが調理したカンボジア風フレンチのコース料理をご用意しています。

遺跡地区内での調理なども厳しく制限されているなか、こちらも特別手配で実現した食事です。カンボジア各地の伝統舞踊をご覧いただきながら、ゆっくりとお召し上がりいただきます。
800年前のアンコール時代に思いを馳せる優雅なひととき。日中の観光だけではけっして味わうことのできない特別な体験です。
 
ツアーでは見応えあるアンコール遺跡を巡ります

①アンコールワット(A・B両コース)
12世紀に建造されたアンコール王朝を代表するヒンドゥー遺跡。美しいシルエットが印象的な朝日の鑑賞に加え、観光客の少ない時間帯にレリーフの多い第一回廊を見学します。

②バンテアイスレイ(A・B両コース)
10世紀のヒンドゥー寺院。赤砂岩に彫られた精緻な彫刻が特徴で、その技術はアンコール時代を通じ最高峰といわれます。「東洋のモナリザ」と称される踊り子のレリーフは必見です。
 
アンコールワット
バンテアイスレイ

③プレアヴィヒア(Bコース)
カンボジアとタイの国境に位置する、9世紀に完成したアンコール遺跡です。カンボジアの大地を見下ろす断崖の上にあり、建築とともに密林の絶景が見ものです。

④バンテアイチュマール(Bコース)
シェムリアップから150キロほど、観光客も少ないながら、遺跡の規模はアンコールワットに並ぶともいわれます。精緻な千手観音のレリーフなどにご注目ください。
 
このツアーに関するパンフレット、資料のご請求は、下記のワールド航空サービス各支店、営業所までお問い合わせください。
東京支店
東京支店
東京都千代田区有楽町1-5-1
日比谷マリンビル4階
TEL.03-3501-4111 FAX.03-3501-4114
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
東京支店
大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル29階
TEL.06-6343-0111 FAX.06-6343-0118
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
名古屋支店
名古屋支店
愛知県名古屋市中区栄3-14-7
RICCO栄 6階
TEL.052-252-2110 FAX.052-252-2112
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
九州支店
九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-2-1
福岡センタービル11階
TEL.092-473-0111 FAX.092-473-2371
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
札幌営業所
札幌営業所
北海道札幌市中央区北1条西2-1 
時計台ビルB1階
TEL.011-232-9111 FAX.011-232-7455
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
仙台営業所
仙台営業所
仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会舘ビル4階
TEL.022-726-0111 FAX.022-726-1234
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)
藤沢営業所
藤沢営業所
神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル3階
TEL.0466-27-0111 FAX.0466-27-0941
パンフレット請求アドレス:
営業時間 午前9:30~午後6:00
(土・日・祝日は休業日)