鳥取から島根へ 山陰のハイライトを巡る旅

山陰と隠岐の島を旅する【8日間】

  • 集合場所:羽田空港
  • 出発日: 2月21日(日) 、 3月7日(日) 、 3月14日(日)
  • 旅行代金:¥298,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
鳥取から島根へ。庭園美や伝統芸能、古い街々をテーマに周遊
Point 2
島根の離島、隠岐の島にも連泊してじっくりと観光
Point 3
「牛突き」、「石見神楽」の鑑賞や出雲大社の特別見学にもご案内

ツアープランナーより

神話の昔にさかのぼる深い歴史と豊かな自然、さらに山海の美味。一度は訪ねたい名所は数あれど、各地を結ぶ公共交通が少なく、個人で巡るのは難しいのが山陰エリアです。このたびは、8日間かけて鳥取から島根の見どころを巡り、古くから神道文化が栄えた隠岐の島も訪問。さらに、隠岐の「牛突き」や日本遺産の伝統芸能「石見神楽」など、その土地ならではの伝統文化にふれるプログラムも組み込みました。8日間ながら、玉造温泉、隠岐の島で連泊を組み込み、お体への負担も少ない行程としております。のどぐろや鯛めしなど、山陰ならではの食も味わいながら、ゆっくりと旅をお楽しみください。

見どころのご紹介

名庭園の宿に連泊し、水の都松江を訪ねる

島根県にはすばらしい日本庭園が数多くあり、アメリカの専門誌の「日本庭園ランキング」では1位の足立美術館や3位の皆美館をはじめ、50位以内に7つもの庭園がランクイン。このたびは、その名庭園の一つにも数えられた「佳翠苑 皆美」に連泊。また、足立美術館はもちろん、3位に選ばれた皆美館でのランチにもご案内いたします。水の都と言われ、水辺の風景も美しい松江では、堀川や宍道湖を船から楽しむプランもご用意しました。

日本の美しい庭園35位に選ばれた佳翠苑 皆美に連泊
日本庭園ランキング1位の足立美術館も訪問します
3位の皆美館では名物の鯛めし料理をご賞味ください
宍道湖サンセットクルーズで美しい夕景を鑑賞 ©島根県観光連盟
出雲大社のシンボル 大注連縄 ©島根県観光連盟

出雲大社の特別拝観や世界遺産石見銀山へ

松江から出雲大社までは宍道湖の北を走る一畑電車で、のんびりローカル鉄道の車窓を楽しみながら訪ねます。出雲大社では、通常入場できない八足門に神職とともに入場。国宝の本殿も間近にご覧いただけます。世界遺産にも登録された石見銀山は、銀山で栄えた商人の町大森の町並みもあわせてお楽しみください。

本殿への入口、八足門は神職とともに見学
銀山で栄えた大森の町並み ©島根県観光連盟

古くから神道文化が栄えた隠岐に連泊

古来から神道文化が栄え、離島ながら文化性の高い地域として後鳥羽上皇や御醍醐天皇が配流された地としても知られる隠岐。江戸から明治にかけては北前船の寄港地としても栄えました。世界ジオパークにも指定された独特の地形も見応えがあります。

隠岐様式で造られた玉若酢神社 ©島根県観光連盟
明治時代の建築、隠岐郷土館
隠岐の牛突きも鑑賞
荒々しい地形を望める白島展望台

旅の最後には石見の夜神楽を鑑賞

旅の最後には浜田にて石見の夜神楽を鑑賞。かつては神の心を和ませるため神職が舞っていたという神楽が石見地方の民衆の手に受け継がれ、日本古来の神話の世界を体現しています。神事と民衆の芸能が融合した迫力の神楽をお楽しみください。

日本遺産にも登録される石見神楽を観賞します ©島根県観光連盟
迫力の演目「大蛇(オロチ)」。神話の地ならではの伝統です
松江のシンボル、国宝松江 ©松江観光協会
堀川遊覧船で、松江の歴史ある町並みを水辺から楽しみます
鳥取と若桜宿を結ぶローカル線、若桜鉄道にも乗車 ©遠藤真人
江戸から大正にかけて栄えた商都、倉吉の白壁土蔵群
北前船の風待ち港、美保関に残る青石畳通り ©島根県観光連盟
山陰の美味も楽しみです(千畳苑)
地図はこちらをご覧ください

ツアー日程

8日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田空港09:30発 鳥取空港10:50着 若桜 (若桜鉄道) 鳥取砂丘

■羽田空港より航空機にて鳥取砂丘コナン空港へ。
■鳥取着後、旧因幡街道の宿場町、若桜へ。
■若桜の散策や、不動院岩屋堂、三百田氏住宅を訪れます。
■午後、若桜鉄道に乗車し、鳥取駅へ。
■鳥取駅着後、鳥取砂丘を訪れます。

(鳥取泊)

2日目
鳥取09:00発 倉吉 足立美術館 玉造温泉

■午前、倉吉へ。
午後、白壁土蔵のまち倉吉の散策をお楽しみください。
午後、足立美術館へ。
夕刻、玉造温泉着。宿泊は庭園美も人気の「佳翠苑 皆美」に連泊です。

【2連泊】(玉造温泉泊)

3日目
玉造温泉09:00発 堀川遊覧船 宍道湖の夕陽 玉造温泉19:30着

■2つの船から楽しむプログラムをお楽しみください。
午前、松江堀川を船で巡り、城下町風情を楽しみます。
午後、松江城、伝統美観地区の武家屋敷小泉八雲記念館
夕刻、チャーター船にて宍道湖の夕陽を特等席でお楽しみください。

(玉造温泉泊)

4日目
玉造温泉10:00発 美保関 七類港16:20発 隠岐・西郷港17:29着

午前、ゆっくり出発し、七類港へ。
途中、境港の鬼太郎通りや、美保関の青畳通りの散策にご案内。
七類港より高速船にて隠岐、西郷へ。
夜、隠岐の語り部による隠岐の歴史語りを楽しみます。

【2連泊】(隠岐の島泊)

5日目
隠岐の島 牛突き鑑賞

午前、西郷の街歩き、玉若酢神社、隠岐国分寺、伝統の牛突きを見学。
午後、白島展望台、浄土が浦、水若酢神社、隠岐郷土館、都万目の民家を訪れます。

(隠岐の島泊)

6日目
隠岐・西郷港08:54発 七類港10:03着 松江13:21発 出雲大社14:22着

朝、西之島より高速船にて七類港へ。
七類港着後、松江へ。
昼食後、一畑電車にて出雲へ。
着後、出雲大社へ。通常立ち入ることのできない八足門は神職とともに特別入場
その後、バスにて出雲市のホテルへ。

(出雲市泊)

7日目
出雲09:00発 石見銀山 江津 浜田16:00着

午前、出雲より石見銀山へ。
世界遺産にも登録された石見銀山の見学。
その後、江津にて天領江津本町の歴史散策
午後、江津より浜田へ。
夜、三宮神社にて、石見の夜神楽をお楽しみいただきます。

(浜田泊)

8日目
浜田 萩石見空港 羽田空港

午前、浜田にて北前船の寄港地、外の浦散歩へ。
午前、萩石見空港より航空機にて羽田空港へ。
羽田空港着後、解散。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは8日間のコースです。

出発日 旅行代金
2月21日(日)発

旅行代金:¥298,000

3月7日(日)発

旅行代金:¥298,000

3月14日(日)発

旅行代金:¥298,000

※1名室利用追加料:¥35,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

※現地合流離団:鳥取空港合流/萩石見空港離団 旅行代金から¥34,000引きとなります。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111