人気の八ヶ岳高原音楽堂コンサートの旅が春に登場

春の八ヶ岳高原音楽堂「横山幸雄ピアノ・リサイタル」と諏訪大社の旅【4日間】

  • 集合場所:新宿駅
  • 出発日: 3月30日(水)
  • 旅行代金:¥198,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
日本が誇るショパンの名手、横山幸雄ピアノ・リサイタルを八ヶ岳高原音楽堂で鑑賞。
Point 2
東山魁夷の名画のモチーフ「御射鹿(みしゃか)池」、屋外アート空間「清春芸術村」へ。
Point 3
諏訪大社の四社すべてに参拝します。

ツアープランナーより

標高1570メートル、八ヶ岳の自然に囲まれた八ヶ岳高原ロッジ。敷地内には、アシュケナージをはじめ海外のトップアーティストが称賛した八ヶ岳高原音楽堂が佇みます。これまで、サマー、クリスマス、ジルベスターのコンサートをご案内し好評を博してきましたが、このたびは春の八ヶ岳高原音楽堂のコンサートをお届けします。春の陽気のなか、かつてリヒテルやブーニンの音色が鳴り響いたそこで、日本のショパン名手、横山幸雄のショパンの美しい調べが会場を満たします。
このコンサート鑑賞をハイライトに諏訪大社や、御射鹿池、清春芸術村など信州の自然の芸術ともいえるスポットを訪問。歴史深い諏訪大社、全四社の参拝もお楽しみください。

見どころのご紹介

横山幸雄 ピアノ・リサイタル 当代きっての技巧派が朧げな春に寄す

横山幸雄さんは、リサイタルデビューから30周年、第一線で活躍し続けるピアニスト。1990年ショパン国際ピアノ・コンクールにおいて歴代の日本人として当時最年少で入賞、ポーランド政府よりショパンの作品に対して特に顕著な芸術活動を行った世界で 100名の芸術家に贈られる「ショパン・パスポート」を授与されるなど、ショパンの名手としても知られます。このたびは、ますます円熟味を増す巨匠の演奏を八ヶ岳高原音楽堂で聴ける絶好の機会です。

八ヶ岳高原音楽堂 建築家の巨匠吉村順三の設計により1988年に完成しました

横山幸雄 ピアノ・リサイタル

4月1日(金) 14:30開場/15:00開演

【プログラム】
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第30番 ホ長調 作品109
ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 作品60
ショパン:ポロネーズ 第7番 変イ長調 「幻想」 作品61
シューベルト:ピアノ・ソナタ第 21 番 変ロ⻑調 D.960

【横山幸雄 プロフィール】

1990年ショパン国際ピアノコンクールにおいて歴代の日本人として最年少入賞を果たし、文化庁芸術選奨文部大臣新人賞など数多の賞を受賞。 ポーランド政府より「ショパン・パスポート」を授与。自ら企画する「入魂のショパン」はギネス世界記録に認定され、2019年には3日間でショパンの全作品を演奏しその記録をDVDとしてリリース。継続的に開催される意欲的な企画は常に高く評価される。パリにてラヴェルの全ピアノ独奏曲演奏会、ポーランドリサイタルツアーなど海外にも活躍の場を広げる。これまでリリースされたCDは、文化庁芸術祭レコード部門優秀賞、国際F.リスト賞レコードグランプリ最優秀賞等栄えある賞を受賞。コロナ禍にいち早く取り入れたインターネットライヴ配信「横山幸雄マイハートピアノライヴ」を現在、月に1~2回のペースで開催している。エリザベト音楽大学客員教授、名古屋芸術大学特別客員教授、日本パデレフスキ協会会長。2021年はデビュー30周年の節目を迎える。

第一線で活躍する横山幸雄さん ©アールアンフィニ
世界に通用する音響空間での音色をお楽しみください

東山魁夷の絵画で知られる「御射鹿池」や「清春芸術村」、八ヶ岳山麓のアートな空間へ

八ヶ岳高原音楽堂を訪ねる前には、信州の豊かな風土が創り上げた自然の芸術ともいえるスポットへご案内します。御射鹿(みしゃか)池は、東山魁夷の名画『緑響く』のモチーフになったといわれます。静かな水面に周囲の木々が影を落とし、幻想的な風景が見られます。また、甲斐駒ヶ岳を間近に望む山間に、アート建築が点在する清春芸術村を訪ねます。建築家エッフェルの集合住宅ラ・リューシュや安藤忠雄の「光の美術館」、梅原龍三郎のアトリエなど絵になる建築です

鏡のように木々を映し出す御射鹿池
清春芸術村 ラ・リューシュ

諏訪大社の四社すべてに参拝します

信濃国一之宮・諏訪大社は、長野県の諏訪湖の周辺に4箇所(上社本宮・上社前宮・下社秋宮・下社春宮)の境内地をもつ神社です。全国各地にある諏訪神社総本社であり、国内にある最も古い神社のひとつとされています。諏訪大社の特徴は「本殿」と呼ばれる建物がないことです。代わりに上社は御山を御神体として、下社秋宮は一位の木を、下社春宮は杉の木をそれぞれ御神木とし、拝しています。古代の神社には社殿がなかったとも言われており、つまり、諏訪大社はその古くからの姿を残しているのです。
諏訪明神は古くから風・水の守護神で五穀豊穣を祈る神として、また武勇の神として広く信仰され、現在は生命の根源・生活の源を守る神と崇められています。

諏訪大社上社本宮

上社本宮は、四社の中で最も多くの建物が残っており、社殿の四隅に「御柱」と呼ばれる大木が建ち、「本殿」はなく「幣拝殿」や左右の「片拝殿」が横に並ぶ独特の配置が特徴的な「諏訪造り」を理解する上で、最適な社です。徳川家康が造営寄進したと言う「四脚門」(現在、修復中)など、貴重な建造物が数多く残っています。そして、6棟は国の重要文化財に指定されています。
また、境内のほぼ真中には「東宝殿」、「西宝殿」と言う2棟の茅葺の建物があります(現在、修復中)。本宮で最も大切な御社殿で、寅年と申年ごとに交互に建て替えが成され遷座祭が行われます。軒からはどんなに晴れた日でも最低3粒は水滴が落ちるといわれ、「諏訪大社上社の七不思議」のひとつに挙げられ、諏訪明神が水の守護神として広く崇敬される理由にもなっています。

諏訪大社上社の拝殿。本殿を持たない諏訪造りという独特の様式。
本宮の御柱「一の柱」

諏訪大社下社秋宮

身長170cmの日本一大きな青銅製の狛犬が神楽殿の両脇にいます。
諏訪大社下社秋宮
神楽殿の奥にある社殿。二重楼門造りの「拝殿」と「左右片拝殿」が並びます。

地図はこちらをご覧ください

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
新宿駅10:00発 上諏訪駅12:21着 諏訪大社下社 諏訪湖

■新宿駅より特急にて上諏訪駅へ。
■上諏訪駅着後、バスにて諏訪大社下社へ。春宮および秋宮のお参り、岡本太郎が絶賛した万治の大仏下諏訪宿の散策へご案内します。
■夕刻、諏訪湖畔の「紅や」へ。
■夕食はホテルにて。

(諏訪湖泊)

2日目
諏訪湖09:00発 諏訪大社上社 御射鹿池 清春芸術村 八ヶ岳高原ロッジ16:00着

■午前、バスにて諏訪大社上社へ。本宮および前宮にお参りします。
■その後、御射鹿池へ。東山魁夷画伯の「緑響く」のモチーフとなった御射鹿池の散策をお楽しみください。
■午後、清春芸術村へ。
■夕刻、八ヶ岳高原ロッジにチェックイン。
■夕食はロッジ内メインダイニング「ル・プラトー」にて。

【2連泊】(八ヶ岳高原ロッジ泊)

3日目
八ヶ岳高原ロッジ

■午前、自由行動。ご希望の方は、ホテル主催のイベント(有料実費)にご参加いただくことも可能です。
■午後3時より、「八ヶ岳高原音楽堂」にて「横山幸雄ピアノ・リサイタル」をお楽しみください。

■夕食はロッジ内レストラン「花暦」にて。

(八ヶ岳高原ロッジ泊)

4日目
八ヶ岳高原ロッジ09:30発 清泉寮 小淵沢駅12:52発 新宿駅14:41着

■午前、バスにて清泉寮へ。着後、ゆっくりとお買い物や博物館の見学などをお楽しみください。
■その後、小淵沢駅へ。
■小淵沢駅より特急にて新宿駅へ。
■新宿駅着後、解散。

ご自宅まで無料でお荷物を託送します。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
3月30日(水)発

旅行代金:¥198,000

※1名室利用追加料:¥40,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111