「合馬茶屋」の筍づくしと柳川「御花」春の懐石も楽しみ

ひなの国九州 筍の里合馬(おうま)と筑後の古い町【4日間】

  • 集合場所:博多駅、福岡空港
  • 出発日: 3月2日(水) 、 3月15日(火)
  • 旅行代金:¥168,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
春の九州の風物詩、筑後地方の「ひな祭」を巡ります
Point 2
筑前の小京都・秋月や天領日田、重伝建の豆田、水郷柳川など、風情ある町々へ
Point 3
旬の筍の季節しか営業をしない「合馬茶屋」へ。筍づくしの昼食をたのしみます

ツアープランナーより

九州北部の筑後地方の各町では「ひなの国九州」と称し、女児の健やかな成長を願う伝統行事「ひな祭り」が盛んです。九州の中でも各地域ごとに人形のかたちに特色があったり、鞠を下げて飾ったりと、巡り歩くことでその土地の文化や風習を感じていただけます。筑前の小京都・秋月や、天領日田、長崎街道の宿場町・飯塚など、歴史ある町並みを彩る華やかなひなの祭りをお楽しみください。旅の楽しみ、味覚も春ならでは。日本一の筍の里、北九州市の合馬(おうま)では、この季節のみ、その場で旬の筍を味わえる「合馬茶屋」が開店。掘りたての新鮮な筍尽くしをお召し上がりいただきます。また、水郷柳川の歴史的料亭「御花」では春の懐石を楽しみ、「さげもん」と呼ばれる華やかな吊るし雛の観賞や、川下りを楽しみます。そして、梅の季節を迎える太宰府天満宮にも参観。早春の九州を、風情豊かに巡る旅に仕立てました。

見どころのご紹介

春の風物詩 歴史の町々を彩る伝統のひな祭り

日本の伝統行事の中でも、ひな祭りは春の訪れを告げる心浮き立つ節句です。九州では、地域ごとにさまざまなおひなさまのスタイルがあり、各地を巡ることで、その歴史や風習にふれていただけます。水郷の町柳川の「さげもん」、天領日田の「おきあげ人形」、茶どころ八女の「箱雛」など、独特の華やかなおひなさまをお楽しみください。また、飯塚では明治の炭坑王の豪邸などで行われる「いいづか雛のまつり」を、城下町佐賀でも佐賀藩主鍋島家の屋敷などで開かれる「佐賀城下の雛祭り」をご覧いただきます。

九州有数の人形の生産地、八女の伝統的な箱雛。ぼんぼりまつりでは市内約100カ所でひな人形やひな飾りの展示などが行われます ©八女市
日田の天領ひな御殿には、歴史あるおひな様がずらり。置きあげ人形は「庶民のおひな様」と呼ばれる日田の伝統です
「いいづか雛のまつり」で披露される、旧伊藤伝右衛門邸の豪華な座敷雛 ©(一社)飯塚観光協会
「佐賀城下ひなまつり」  かつての藩主、鍋島家のひなまつり ©公益財団法人鍋島報效会

日本一の筍の里、合馬(おうま)で春を味わう

たけのこ農園直営、合馬茶屋でたけのこ料理の昼食を

北九州の春の味覚を代表するのが「合馬の筍」です。合馬は筍栽培に適した土質に恵まれ、香り豊かで歯ごたえに優れた最高級品を産し、京都の一流料亭でも使用されています。合馬の筍の里を訪ね、「合馬茶屋」にて旬の筍をてんぷらや白和え、焼き筍など、多彩な調理法でご賞味いただきます。

江戸の面影を残す町並み 趣溢れる町々を訪ねます

福岡県浅倉市の秋月は、江戸時代の城下町の町割をよく残し、町全体が重伝建に選定されています。ひな祭りの季節には、重厚な武家屋敷や商家などの趣ある建物が、開催中の「古都秋月の雛巡り」で賑わう様子もご覧いただけることでしょう。古来、交通の要衝として多くの人やモノが行き交い、天領としても栄えた日田の豆田町もまた、重伝建に指定されています。ノスタルジックな散策をお楽しみください。

筑前の小京都と称えられる秋月
土塀白壁の町並みが風情ある豆田町を歩きます

柳川のシンボル、御花で懐石料理の昼食を

江戸時代、柳川藩主の別邸として築かれた「御花」。現在の建物の多くは明治時代に伯爵家となってから整えられたもので、迎賓館として建てられた鹿鳴館様式の「西洋館」、国の名勝に指定された池庭「松濤園」、庭を臨む100畳の「大広間」など、往時を伝える佇まいはみごとです。この御花にて、懐石料理の昼食をご用意しました。名園でのひとときをお楽しみください。

100畳の大広間から松濤園を望みます
御花では旬を生かした懐石料理の昼食をご用意(イメージ)
地図はこちらをご覧ください。

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
博多駅10:30発 福岡空港10:45発 合馬(おうま) 飯塚

■博多駅に集合し、福岡空港へ。

■日本を代表する筍の里、合馬へ。昼食は合馬の「合馬茶屋」にて旬の筍料理をご用意。

■午後、飯塚の「筑前いいづか雛まつり」を観賞。旧伊藤伝衛門邸などを訪ねます。

(飯塚泊)

2日目
飯塚 秋月 日田 天ヶ瀬

■午前、「古都秋月の雛巡り」を楽しみます。

■日田では「天領日田おひなまつり」 へ。日田ならではの雛人形、おきあげ人形をご覧ください。

重伝建豆田町の散策。

■宿泊は、筑後川に面した渓谷の天ヶ瀬温泉です。

(天ヶ瀬温泉泊)

3日目
天ヶ瀬 八女 柳川 佐賀

■午前、雛の里、八女の「ぼんぼりまつり」に立ち寄ります。

柳川では、歴史の料亭「御花」での昼食や、名物川下り、「さげもん」巡りを楽しみます。

■夕刻、佐賀のホテルへ。

(佐賀泊)

4日目
佐賀 太宰府天満宮 福岡空港16:00着 博多駅16:15着

■午前、「佐賀城下の雛祭り」を観賞。鍋島家のお屋敷や、市内の古建築に飾られた雛人形は圧巻です。

■午後、梅の名所太宰府天満宮に参観

■その後、福岡空港を経由し博多駅へ。

■博多駅到着後、解散。

ご自宅まで無料でお荷物を託送します。

※各地のイベントはコロナ感染状況により、変更になる場合がございます。あらかじめお含みおきください。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
3月2日(水)発

旅行代金:¥168,000

3月15日(火)発

旅行代金:¥168,000

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111