新年の古都風情を一度に味わう

京の年越しとMIROKU奈良で過ごすお正月【4日間】

  • 集合場所:京都駅
  • 出発日: 12月31日(金)
  • 旅行代金:¥178,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
京都に連泊し、風情ある年末年始の風景を楽しみます。
Point 2
日本画の巨匠竹内栖鳳の旧宅を改装した「ソウドウ」でのガラディナー、はり清での新年会席をご用意。
Point 3
奈良では奈良に誕生したワールドのホテル「MIROKU」に宿泊します。

ツアープランナーより

時季を変えて何度でも訪れたい古都・京都。今回の旅は年末年始の京都に出会う旅です。この時期ならではの、雰囲気があふれる京都を東山界隈、宇治周辺と訪ねます。町中にひびく除夜の鐘、八坂さんのをけら参り。元旦の初詣の人々で賑わう、宇治平等院や醍醐寺など、いつもと違う京都の町をお楽しみください。お食事も大晦日のご夕食はイタリアン。元旦のご夕食は京料理と、変化をつけてご賞味いただきます。2022年の年が明けて、1月2日には奈良へ。2021年9月にオープンしたワールドが手掛ける立地抜群のホテルを中心に、新年の奈良風情も感じていただける日程といたしました。

見どころのご紹介

大晦日特有の雰囲気が感じられる京の町を散策します

夕刻から夜にかけての京都東山界隈を巡ります。まずは、大晦日の除夜の鐘のテレビ映像などでもおなじみの知恩院の大鐘をご覧いただきます。そして夜、平安神宮を訪れ大晦日限定で行われる「闇に浮かぶ平安神宮」をご覧いただきます。初詣客が押し寄せる数時間前の、静かな平安神宮は幻想的なものです。さらにご希望の方を「をけら参り」で賑わう八坂神社にご案内します。(コロナウィルスの感染状況により、行事の参観方法は変更になる可能性がございます。

知恩院の三門
大梵鐘。16人の僧侶でつく様は迫力満点です
夜の平安神宮
八坂神社のをけら参りは京の正月の風物詩です(イメージ)

年末のご夕食は、竹内栖鳳の1700坪の私邸を改装した「THE SODOH」(ソウドウ)にて。

2021年最後のお食事も京都らしく特別に。清水二寧坂の袂にある日本画の巨匠竹内栖鳳(せいほう)の旧私邸をレトロモダンに改装したイタリアンレストラン「THE SODOH(ソウドウ)」でのガラディナーをご用意しました。京都でも観光客の多い二寧坂にあって、巨匠の私邸らしい荘厳な門をくぐるとそこは静かな別世界。優美な佇まいの日本家屋と1,700坪の広大な敷地に、美しい日本庭園が広がる空間です。西に八坂の塔、北に高台寺を望む広大な私邸は1929年に築かれ、「東山艸堂(ひがしやまそうどう)」と名付けられました。 竹内栖鳳は晩年の13年間をここで過ごし、住まいやアトリエとしてだけではなく、作品のモチーフになる草花や動物をここで育て、各界の著名人が集まる文化交流の場とするなど幅広く利用していました。京都らしい場での絶品イタリアンで、1年の締め括りです。

東山の八坂の塔をのぞむ「ザ ソウドウ 東山京都」
優美なたたずまいの日本家屋です

元旦は「ゆったり参拝初詣」へお出かけいただきます

元旦の一日は、中心部の混雑を避け、宇治・伏見・山科など郊外の見どころを訪れます。初詣は宇治の平等院、さらに京都最古の木造建築の醍醐寺へ。途中、酒造りで有名な伏見も訪れます。酒蔵が点在する古い町の散策は印象的です。通常ですと訪日客で大混雑の京都も、この旅では少しゆったりと楽しめるかもしれません。

醍醐寺五重塔は国宝です
国宝、平等院鳳凰堂
かつての伏見の港
酒蔵が並ぶ伏見の町

2022年最初の夕食は360年の歴史を持つ京料理の名店「はり清」にて

元日の夕食は京都らしい「和」の空間でご用意しました。京都東山の麓、五条の老舗「はり清」での正月料理です。京焼、京扇子の町として古くから栄える清水・五条坂。大通りから少し入れば、緩やかな坂道に陶芸家や職人さんのお家が並び、かつて大仏で栄えた方広寺が昔の名残を留めており、界隈は今も独特の雰囲気があります。はり清は江戸時代に入って間もない1659年、方広寺周辺や清水寺を訪れる客のための小さな茶店として開店。参拝客をはじめ地元の人々にも深く愛され、以来360年にわたって京料理本来の味を守り続ける名店です。

清水・五条坂に建つ「はり清」
町家を利用した空間
京都を代表する老舗の京料理「はり清」で正月料理を

立地抜群のワールドのホテル「MIROKU」に宿泊

2021年9月オープンのワールドの奈良のホテル「MIROKU」。徒歩圏内には、興福寺、春日大社、ならまち、奈良国立博物館など世界遺産の数々が立ち並び、ホテルを拠点に思いのままに、新年の古都奈良をお楽しみいただけます。「豪華絢爛」というよりは、奈良の滞在を存分にお楽しみいただくための「滞在型デザインホテル」というコンセプトのもと、奈良を愛する地元のデザイナーによるシンプルで洗練された内装で、落ち着く空間を演出。「MIROKU」でのご宿泊で、正月の古都奈良を存分にお楽しみください。

左が「MIROKU 奈良」荒池側より
荒池から望む「MIROKU 奈良」
屋上より若草山を望む
屋上より興福寺五重塔を望む
56㎡の広々としたジュニアスイート
ジュニアスイート
興福寺五重塔を望むスーペリアルーム
朝食(イメージ)
ラウンジ
ラウンジ横のテラスより。鹿がすぐそこに

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
京都14:00 知恩院の大鐘 THE SODOH(竹内栖鳳の旧宅) 平安神宮

■午後、京都駅に集合。

■その後、ホテルにチェックイン。

■夕刻、知恩院の大鐘の参観。夕食は日本画の巨匠竹内栖鳳の邸宅を改装した「THE SODOH(ソウドウ)」にて自慢のイタリアンディナーを。

■夜、平安神宮を訪れ、大晦日限定の「闇に浮かぶ平安神宮」を鑑賞。鑑賞後、ホテルに戻ります。ご希望の方は八坂神社の「をけら詣り」等年末年始の京都をお楽しみください。

(京都泊)

2日目
ゆったり参拝初詣 宇治平等院 伏見 醍醐寺 ホテル15:00着 新年懐石

■混雑必至のメジャーな人気寺社は敢えて敬遠して「ゆったり参拝初詣」へ。(今シーズンはインバウンド客がいないので特にゆったり参拝できます。)

宇治平等院と平等院ミュージアム、伏見の町並み散策、京都最古の木造建築、醍醐寺の五重塔も訪れます。

■夕刻、ホテルに戻り自由行動。

夕食は360年続く京料理の名店「はり清」にて新年懐石です。

(京都泊)

3日目
京都 浄瑠璃寺 円城寺 奈良

■午前、京都よりバスにて奈良へ。

■途中、国宝の浄土式庭園が残る浄瑠璃寺、運慶最初期の仏像が残る円城寺にご案内します。

■昼食は菊水楼のうなぎ専門店「うな菊」にてランチ。

■午後、ホテルにチェックイン。その後、自由行動。東大寺や春日大社への初詣などをお楽しみください。

(奈良:MIROKU泊)

4日目
ならまち散策 奈良MIROKU11:00

■午前、元興寺を中心とするならまちの散策にご案内します。

■MIROKUをチェックアウト、解散。

ご自宅まで無料でお荷物を託送します。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
12月31日(金)発

旅行代金:¥178,000

※1名室利用追加料:¥55,000

スタンダードルーム(25㎡)(1室)


旅行代金 ¥178,000

1名室利用追加料:¥45,000

スタンダードダブルルーム(17㎡)(2室)


旅行代金 ¥188,000

1名利用追加料金¥60,000 

スーペリアルーム(34㎡)(6室)


旅行代金 ¥198,000

2名様利用のみ ジュニアスイート(56㎡)(1室)

※おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームとなります。

※上記は奈良のホテルMIROKUの客室のカテゴリーとなります。

 

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111