長崎グラバー園「蝶々夫人の夜会」Aコース

阪九フェリーでゆく 長崎・島原の旅【4日間】

  • 集合場所:新神戸駅※/熊本阿蘇空港離団可能
  • 出発日: 1月26日(水)
  • 旅行代金:¥198,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
2020年の阪九フェリー新造船で瀬戸内海を神戸から新門司へ。快適なデラックスルームをお取りしました。
Point 2
新門司では門司港レトロの町並みを散策。春帆楼でのふぐ料理もお楽しみください。
Point 3
グラバー園名誉園長による特別講義を楽しみます。
Point 4
島原から有明海を渡り熊本へ。天守閣が復活を果たした熊本城も訪れます。
Point 5
首都圏からのお客様もお気軽に(詳しくはツアーページ内でご確認ください)。

ツアープランナーより

かつて「フェリー」というと移動手段であり、大部屋の雑魚寝というイメージの強いものでした。しかし、近年旅行者の需要に応えて個室の質も大きく改善され、展望大浴場やビュールームなど共有スペースも新設。さながら「動くホテル」といえるほどになりました。中でも2020年に新造された阪九フェリーの「せっつ」は最新鋭の設備を誇ります。「せっつ」の航路は神戸から新門司へ、瀬戸内海の絶景を抜けてゆく絶好のルート。神戸の夜景から朝の瀬戸内を眺めながらの船旅です。阪九フェリーで訪れるのは九州北部。門司を皮切りに、長崎、熊本とバスと船を駆使して美しき九州をめぐります。

見どころのご紹介

長崎グラバー園『蝶々夫人の夜会』を楽しむ

神戸港から門司港へ 新造船のデラックスルームで船旅を

宵闇が迫る夕方6時30分、神戸の夜景が最も美しく映えると言われるトワイライトアワーに、船は出港します。2020年に就航した阪九フェリーの新造船のデラックス和洋室で、海と星を身近に感じながらおくつろぎいただけます。船の7階には、海を見晴らす大浴場と露天風呂が。夜はライトアップされた橋や町灯り、満天の星空を、そして早朝には朝焼けに染まる島影を眺めながら、贅沢気分の入浴をお楽しみください。

神戸港~門司港を結ぶ阪九フェリーの新造船「せっつ」
阪九フェリーのデラックス和洋室
海を見晴らす大浴場には、展望露天風呂も備えられています
船首部分に造られた展望ルーム

阪九フェリーで門司港へ。レトロな街並み散策も

阪九フェリーは出発の翌朝、新門司港に到着。下船後は門司港を訪れます。明治・大正期には石炭などの積出港として栄え、当時の面影を残すノスタルジックな洋館建築が並びます。のんびりとレトロな街並みの散策もお楽しみください。

門司港には明治、大正の数々の洋館建築が残されています

歴史の舞台となった春帆楼での昼食も

下関の食といえば「ふぐ」。ツアーでは、伊藤博文が試食して「ふぐ解禁」を告げた、日本で最初の公許ふぐ料理店「春帆楼」で「ふぐ会席」昼食をお召し上がりいただきます。春帆楼という屋号も、春うららかな眼下の海にたくさんの帆船が浮かんでいる様から、伊藤博文が名付けたといわれています。のちに日清戦争の講和会議の会議場となり、伊藤博文と李鴻章がこの地で会見に臨みました。現在でも 会見の部屋がそのままに残され、見学することができます。

ふぐの老舗「春帆楼」は日清戦争の講和条約が交わされた歴史の地です
下関では関門海峡を望む歴史的な料亭「春帆楼」でふぐ会席を(イメージ)

5年ぶりに天守閣が復活、リニューアル公開された熊本城を訪れます。

2021年春、熊本地震から約5年ぶりに天守閣が復活し、内部が一般公開されました。熊本城の「天守」の歴史にクローズアップした、模型・映像などを多用した新たな展示も見どころです。最上階からは、復旧・復興が進む熊本城と熊本の街並み、遠く阿蘇の山並みを一望します。

天守閣が復活し、特別公開された熊本城 写真提供:熊本城総合事務所

長崎から熊本へは島原と有明海を渡って

長崎からは島原半島から有明海を渡るフェリーで訪れます。 古くから「水の都」と呼ばれる島原。雲仙山系の伏流水が市内随所から湧き出ており、鯉が泳ぐ水路は華やかさと心地の良い涼を感じさせてくれます。5階建ての天守を持つ島原城や、江戸情緒を今に伝える佐賀藩鍋島氏の陣屋跡を中心とした神代小路を訪れます。

有明海(イメージ)
島原城内には、南蛮貿易やキリシタンの資料も展示されています
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定される神代小路Ⓒ長崎県観光連盟

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
新神戸駅16:00集合 神戸六甲港18:30発 (阪九フェリー)

■午後、新神戸駅に集合。

■その後、神戸六甲アイランド港へ。

2020年デビューの新造船「せっつ」のデラックスルームにて瀬戸内海を新門司港に向かいます。

(阪九フェリー泊)

2日目
新門司港07:00着 門司港レトロ (春帆楼でのふぐ) 長崎 グラバー園「蝶々夫人の夜会」

■朝、新門司港に到着。
■着後、門司港レトロの散策にご案内します。
■昼食は春帆楼にてふぐ料理をお召し上がりください。
■その後、長崎へ。

グラバー園名誉園長による特別講義を楽しみます。
■夜、グラバー園の貸切特別プログラム「蝶々夫人の夜会」を楽しみます。

【2連泊】(長崎泊)

3日目
長崎08:30発 浦上天主堂「オルガンの調べ」 長崎 (ゆっくり1日)

朝、浦上天主堂にて「オルガンの調べ」
■その後、長崎の市内をゆっくり観光。
長崎歴史文化博物館、二十六聖人記念館、大浦天主堂にご案内します。
■午後、自由行動です。

(長崎泊)

4日目
長崎09:00発 (神代小路) 島原外港 (九商フェリー) 熊本港 熊本 熊本空港19:15発 伊丹空港20:30着

■午前、長崎より島原へ。途中、重伝建の神代小路を散策。歴史文化公園鍋島邸を訪れます。

■島原着後、島原城、武家屋敷にご案内します。

■午後、九商フェリーにて島原外港より熊本港へ。

■熊本港着後、熊本市内へ。完全復旧され、天守閣の内部公開が始まった熊本城を訪れます。

■その後、バスにて熊本阿蘇空港へ。

■熊本阿蘇空港より航空機にて伊丹または羽田空港へ。

伊丹または羽田空港着後、解散。

ご自宅まで無料でお荷物を託送します。

※日程表は伊丹空港着の時刻となります。羽田空港着の航空便の時間は下記の時刻となります。

熊本阿蘇空港17:30発羽田空港19:00着

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
1月26日(水)発

旅行代金:¥198,000

※1名室利用追加料:¥30,000  おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

 

・首都圏の皆様も、新幹線でお気軽に。
復路の阿蘇熊本空港羽田空港は旅行代金に含まれています。

 

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111