冬の絶景・樹氷を空からも陸からも

雪上車とロープウェイから楽しむ 蔵王の樹氷と日本三御湯・秋保(あきう)温泉の旅【5日間】

  • 集合場所:福岡空港※仙台空港合流/仙台空港離団可能
  • 出発日: 1月17日(月) 、 1月31日(月)
  • 旅行代金:¥228,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
宮城、山形 両県から蔵王の樹氷を見学します。
Point 2
日本三御湯の一つ、秋保温泉に宿泊します。
Point 3
松島では嵯峨渓を遊覧する奥松島クルーズを楽しみます

ツアープランナーより

宮城県と山形県の県境に連なる蔵王連峰に自生している針葉樹アオモリトドマツが氷と雪に覆われてできる樹氷は、国内外でも限られた地域でしか見ることができない珍しい自然現象です。樹氷の成長期といわれる1月から2月にかけ、雪と氷でどんどん樹氷が大きくなっていきピークを迎えます。福岡から東北・仙台への直行便を利用し、名湯・秋保温泉や、日本三景・松島、さらに仙台藩祖・伊達政宗ゆかりの地など、宮城の見どころを訪ねます。

見どころのご紹介

山形、宮城 両県から楽しむ蔵王の樹氷

宮城県と山形県に跨る蔵王連峰。一般的に樹氷観光といえば、山形蔵王が有名で、ロープウェイで空中散歩を楽しみながら大樹氷原を見下ろしますが、今回は宮城側の蔵王も訪問。こちらはロープウェイなど樹氷へアクセスする交通機関がないため、完全予約制の暖房付き雪上車に乗って、ガイドとともに雪上を観光します。

東北の冬の風物詩・蔵王の樹氷(イメージ) ©一般社団法人 蔵王町観光物産

雪上車にてアクセス 樹氷原に降り立つ体験を 

遠刈田温泉からバスにて山岳観光道路「蔵王エコーライン」を走り、みやぎ蔵王の観光拠点すみかわスノーパーク(標高1,100ⅿ)へ。雪上車(ワイルド・モンスター号)に乗り換え、樹氷原の絶景ポイントへとアクセスします。 標高1,600ⅿ近くの樹氷原では、アイスモンスターと称される巨大な樹氷をすぐそばで見ることができます。

青空とのコントラストが美しい樹氷原(添乗員撮影)
雪上車から降りて写真ストップ(添乗員撮影)

ロープウェイで上空からの壮大な眺めを

山形蔵王はロープウェイを利用して上空から壮大な眺めを楽しみます。標高855メートルの蔵王山麓駅からロープウェイに乗り、中間駅の樹氷高原駅(1331ⅿ)で乗り換え、地蔵山頂駅(1661ⅿ)へ。中間駅から山頂駅までは眼下に広がる樹氷をご覧いただけます。山頂駅では外に出て景色を楽しんだり、少し歩くと標高1,660ⅿに鎮座する蔵王地蔵尊に出会えます。「災難除け地蔵」と呼ばれ、冬場は体が雪に埋まり顔だけ見ることができます。

山形蔵王ロープウェイと樹氷(イメージ) ©山形県観光物産協会
ロープウェイから樹氷を眺める(添乗員撮影)
ロープウェイから眺める景色も絶景です(添乗員撮影)
秋保温泉 ©仙台観光国際協会

東北の名湯・秋保温泉に泊まる

奥羽山脈から流れ出る名取川沿いに広がる秋保温泉は、古来より皇室の御料温泉の1つであり名取の御湯の称号を賜った歴史を持ちます。別所温泉、野沢温泉とともに「日本三御湯」とされます。温泉とともに名取川が織りなす渓谷美と秋保大滝の景観もお楽しみください。

松島では嵯峨渓を遊覧する奥松島クルーズを楽しみます。

旅の最後は日本三景の一つ、松島を望むホテルに宿泊し、遊覧船で嵯峨渓を巡ります。岩手県の猊鼻渓、大分県の耶馬渓と並ぶ日本三大渓のひとつが東松島市にある嵯峨渓です。松島湾の優美さとは対照的に、太平洋の荒波と風雨に荒々しく削られた岩々は力強く、迫力ある景色を楽しめます。切り立った崖や鋭利な岩肌が男性的で荒々しい景観が印象的です

日本三景・松島  写真提供:宮城県観光課
嵯峨渓
嵯峨渓
松島かき(イメージ)写真提供:宮城県観光課

松島の冬の味覚 かき

豊かな海の幸が豊富に水揚げされる松島において、冬の味覚を代表するは何といっても松島かきです。やや小つぶながら、しっかりと身がしまっているのが特徴です。つやつやとした乳白色のふっくらした身をご堪能ください。

松島センチュリーホテル お部屋のバルコニーから松島湾を望みます。
松島センチュリーホテル 露天風呂からも景色をお楽しみください。

蔵の町 村田の散策を楽しみます

仙台と山形を結ぶ街道の途上にある村田は、江戸時代に紅花や藍の取引で栄えました。豪勢な蔵や建物が、今も町の中心部に残っており、当時の栄華を今に伝えます。重厚な蔵が連続する景観が印象的で、「蔵の町」と称され、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

村田の町並み 写真提供:宮城県観光課

ツアー日程

5日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
福岡10:20発 仙台12:05着 蔵王・遠刈田温泉(とおがったおんせん)16:00着

■午前、航空機にて仙台空港へ。

■着後、仙台観光。仙台市街地を展望する仙台城址、伊達政宗の霊廟・瑞鳳殿を見学します。

■その後、蔵王連峰の麓に位置する遠苅田温泉へ。

【2連泊】(遠苅田温泉泊)

2日目
蔵王・遠刈田温泉(雪上車にて樹氷見学)

■午前、暖房付き雪上車にてみやぎ蔵王の樹氷見学へ。途中、樹氷原にて雪上車を降りて写真撮影を楽しみます。※

■午後、自由行動。ご希望の方は、蔵王連峰を望む遠刈田温泉郷の散策にご案内します。

(遠苅田温泉泊)

3日目
蔵王・遠刈田温泉09:00発 山形蔵王 立石寺 秋保温泉16:00着

■午前、山形・蔵王へ。蔵王ロープウェイにて地蔵山頂駅(1661ⅿ)へ。ロープウェイのゴンドラ内や駅からの樹氷の景色を楽しみます。※

■午後、山寺の通称でしられる立石寺を訪ねます。冬の立石寺は水墨画のような美しさです。

■その後、秋保温泉へ。

(秋保温泉泊)

4日目
秋保温泉09:00発 松島11:00着

■午前、秋保大滝に立ち寄り、松島へ。

■着後、奥松島・嵯峨渓の遊覧を楽しみます。

■昼食は松島の冬の味覚・かきをお召し上がりください。

■午後、国宝・瑞巌寺円通院観瀾亭を見学し、ホテルにチェックイン。

■お泊りは松島湾を望む海側のお部屋をご用意いたしました。

(松島)

5日目
松島11:00発 塩釜 村田 仙台空港16:20発 福岡空港18:30着

■午前、藤田喬平ガラス美術館を見学。

■その後、塩釜へ。昼食は豊富な水揚げ量を誇る塩釜港の新鮮な魚介類を使った寿司をお召し上がりいただきます。

■午後、重伝建に選定される蔵の町・村田の散策を楽しんだ後、仙台空港へ。

■夕方、航空機にて福岡空港へ。

ご自宅まで無料でお荷物を託送します。

※天候によってはご覧いただけない場合もございます。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは5日間のコースです。

出発日 旅行代金
1月17日(月)発

旅行代金:¥228,000

1月31日(月)発

旅行代金:¥228,000

※1名室利用追加料:¥28,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

※現地合流離団(仙台空港合流・離団)の場合、旅行代金から¥40,000引きとなります。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111