16名様限定の旅

高級グランピングホテルとAzumi Setoda 瀬戸内 贅の旅 【4日間】

  • 集合場所:羽田空港、伊丹空港、福岡空港
  • 出発日: 12月6日(月) 、 12月8日(水)
  • 旅行代金:¥238,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
2020年7月開業 しまなみのグランピングリゾート「GLAMROOKしまなみ」に宿泊します
Point 2
アマン創業者ゼッカ氏が手掛ける新しい日本の宿「Azumi Setoda」に宿泊します
Point 3
しまなみ海道の島々や、尾道、鞆の浦の港町を巡ります

ツアープランナーより

アートの島として知名度を上げた直島、豊島など、瀬戸内には個性的な観光資源を持つ魅力的な島がたくさんあります。以前は簡素なものが多かった宿も、瀬戸内観光の多様化によって、あたらしい様式で島と同化した個性的な宿が出来始めています。中でも上質な滞在を楽しめるラグジュアリーな宿として注目を浴びている、2つのとっておきの宿があります。今回は、その2つに宿泊し、宿から、車窓から、存分に瀬戸内の魅力をお楽しみいただける旅といたしました。2020年を境に、観光革命がおきている最新の瀬戸内、ラグジュアリーな世界へ、ぜひお出かけください。

見どころのご紹介

秘島のオールインクルーシブリゾート 馬島「GLAMPROOKしまなみ」

今治の沖合に位置する小さな島「馬島」。人口わずか10名ほど。特別な許可がなければ車でも入ることのできない、秘島とも言える島に昨年オープンしたのが「GLAMPROOK(グランルーク)しまなみ」です。長野でもグランピング施設を手掛けるGLAMPROOK。しまなみはグランピング施設とホテルを共存させたつくりで、アウトドアリビングを含め100㎡と広々したスペースのあるグランピングスタイルの客室「コクーンハウス」や、全室来島海峡を望むホテルタイプの客室をお好みのスタイルにあわせて選ぶことができます。食事やドリンクはオールインクルーシブ。かつて村上水軍が活躍した来島海峡を船で渡り、馬島へ。そこには瀬戸内の美しい景観が広がります。「何もないけど、豊かな時を過ごす」島ならではの滞在をお楽しみいただけます。

ホテルとグランピング施設が融合したGLAMPROOKしまなみ
グランピングテント「コクーンハウス」
広々とした客室は、アウトドアリビングを含め100㎡
半露天風呂を有するスタンダードツイン客室
来島海峡の眺望も素晴らしいジュニアスイート客室

アマン創業者が手掛けた新しい日本の宿 生口島「Azumi Setoda」

一代にして世界的なラグジュアリーリゾート「アマン」を築き上げたゼッカ氏。彼が新たな宿のかたちとして日本で挑戦した「Azumi Setoda」。生口島の港町、瀬戸田の商家「堀内家」の築140年の屋敷を改装し、数寄屋造りの伝統を守りつつも、上質な風情を作り出しています。広々50平方メートルの和モダン空間の客室で寛ぎ、瀬戸内の食に舌鼓。瀬戸田は日本画の巨匠、平山郁夫画伯の生誕地。画伯が愛し、絵の心象風景の礎とした美しい瀬戸田の町並みに溶け込んだラグジュアリーでモダンな宿です。

瀬戸田港の豪商の家を改装した「Azumi Setoda」
弊社社長松本と窪田支配人のツーショット
瀬戸内海に囲まれた瀬戸田の町並み
瀬戸内の味覚を堪能できるAzumiの夕食(イメージ)

しまなみ海道を今治から尾道へ 見どころ豊富な島々を巡ります

美しい瀬戸内海に多くの島々が点在するしまなみ海道。宿泊する馬島、生口島に加え、村上水軍の拠点があった大島や、日本の国宝、重文の武具甲冑の8割を所蔵する大山祇神社、世界的建築家伊藤豊雄氏が発起人となり、2015年からブドウ栽培を始めた新進気鋭の「みんなのワイナリー」のある大三島など、魅力ある島々を巡ります。

亀老山展望台からの島風景
大三島の大山祇神社 日本有数の武具甲冑コレクションは必見

尾道と鞆の浦 瀬戸内を代表する港町の散策を楽しみます

中世より交通の要衝であった尾道は、1168年備後大田庄の年貢積み出しのために蔵屋敷が建てられ、 翌1169年には尾道が公認の港となりました。江戸時代には北海道~大阪を結ぶ大型船「北前船」の寄港も始まり、船が着いた時には町がひっくり返るような賑わいを見せたと伝えられています。尾道の観光では地元ガイドと共にじっくりその歴史を辿ります。ロープウェイで約3分、千光寺公園に上り、尾道の町並みと尾道水道、向島の眺望を楽しんだ後は、坂道をゆっくりと下りながら、尾道散策へ。800年以上の歴史ある港町たる面影や、昭和レトロの雰囲気が楽しい商店街やちょっとした路地など、一つ一つが絵になります。旅の締め括りは尾道と同じく港町として栄えた風待ち、潮待ちの町鞆の浦へ。風情溢れる町並み散策をお楽しみください。

尾道の街を見下ろす千光寺ロープウェイ
鞆の浦 写真提供:広島県

瀬戸内の味覚にもこだわりを

お食事にもこだわりました。今治では、『ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版』でミシュランプレートを獲得した、上質な懐石料理を出す「はな亭」にてお食事です。瀬戸内の海の幸をたっぷりと味わっていただきます。尾道では数寄屋造りの料亭旅館「魚信(うおのぶ)」にて、自慢のオコゼ料理をご用意しました。2つの島のラグジュアリーな宿でのお食事もごゆっくりお楽しみください。

はな亭のランチ
尾道「魚信」名物のオコゼ料理
GLAMPROOKの夕食(イメージ)

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田空港09:40発 松山空港11:15着 今治 (来島海峡クルーズ) 馬島16:00着 GLAMPROOKしまなみ

ご自宅から最初の宿泊地まで無料でお荷物を託送します。
■午前、航空機にて羽田空港より松山空港へ。
■松山空港着後、専用バスにて今治へ。昼食はミシュランプレートの名店「はな亭」にて。
■午後、来島海峡のチャータークルーズ。大島・下田水港より村上水軍ゆかりの地を海から眺め、馬島港へ。
宿泊は馬島に2020年7月にオープンした「GLAMPROOK(グランルーク)しまなみ」です。

(馬島:GLANPROOKしまなみ泊)

2日目
GLAMPROOKしまなみ09:00発 大島 大三島 尾道16:00着

■午前、船で大島に渡り、亀老山展望公園村上海賊ミュージアムへ。

■その後、しまなみ海道をバスで北上し、大三島へ。みんなのワイナリー、大山祇神社へ。日本の武具甲冑の国宝・重文の8割を収蔵する国宝館も訪れます。

■夕刻、尾道へ。

夕食は老舗の料亭旅館「魚信」にて。

(尾道:さくらホテル泊)

3日目
尾道 (旧市街散策) 尾道14:10発 瀬戸田 Azumi Setoda (平山郁夫美術館、耕三寺)

■午前、千光寺ロープウェイにて千光寺へ

■尾道水道の景観を眺めながら坂を下り、旧市街を散策します。

■午後、尾道よりフェリーにて生口島の瀬戸田へ。

■瀬戸田着後、アマン創業者ゼッカ氏が「新しい宿のかたち」をコンセプトに今年オープンしたAzumi Setodaへ

■ホテルにチェックイン後、瀬戸田の散策へ。平山郁夫美術館、耕三寺にご案内します。

■夕食はAzumiにてお召し上がりください。

(生口島瀬戸田:Azumi Setoda泊)

4日目
Azumi Setoda11:00発 鞆の浦 福山駅15:00着

■午前、11時のチェックアウトまでAzumiにてごゆっくりお過ごしください。

■その後バスにて、鞆の浦に立ち寄り、福山駅へ。

■午後、福山駅ににて解散。

■各地からの発着時間のご案内 上記は羽田空港の出発便の時刻です。伊丹・福岡発は以下のスケジュールとなります。

【伊丹発】伊丹10:30発松山11:20着 (ANA1637便)
【福岡発】福岡07:50発松山08:35着 (JAL3591便)

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
12月6日(月)発

旅行代金:¥238,000

1名利用追加料金¥70,000

【伊丹空港発】GLAMPROOKしまなみコクーンハウス利用

(100㎡(アウトドアリビング含む))(トイレ・バス共同、洋室タイプのテント)


旅行代金 ¥248,000

1名利用追加料金¥70,000

【伊丹空港発】スタンダードツインルーム利用(38㎡)(トイレ・バス付き洋室)


旅行代金 ¥258,000

1名利用追加料金¥80,000

【伊丹空港発】ジュニアスイートルーム利用(47㎡)(トイレ・バス付き洋室)

12月8日(水)発

旅行代金:¥238,000

1名利用追加料金¥70,000

【羽田・福岡空港発】GLAMPROOKしまなみコクーンハウス利用

(100㎡(アウトドアリビング含む))(トイレ・バス共同、洋室タイプのテント)


旅行代金 ¥248,000

1名利用追加料金¥70,000

【羽田・福岡空港発】スタンダードツインルーム利用(38㎡)(トイレ・バス付き洋室)


旅行代金 ¥258,000

1名利用追加料金¥80,000

【羽田・福岡空港発】ジュニアスイートルーム(47㎡)(トイレ・バス付き洋室)

おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。1名利用の場合はシングルルーム利用となります。(尾道のみ)

 

PCR検査付き安心ツアー実施中です。ワクチン2回接種済の方はPCR検査不要で出発へ。(詳細はこちら)
7月1日出発ツアーより「お荷物らくらくサービス」実施中です。(詳細はこちら)

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111