弘法大師の辿った道を辿り、四国をひと巡り

四国お遍路 ハイライトの旅【8日間】

  • 集合場所:新神戸駅
  • 出発日: 12月16日(木) 、 1月20日(木) 、 1月27日(木) 、 2月3日(木) 、 2月17日(木) 、 3月3日(木)
  • 旅行代金:¥275,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
四国八十八か所霊場のハイライトを巡ります
Point 2
札所のみではなく、各地の見どころも巡ります
Point 3
四国4県の郷土料理をご賞味いただきます

ツアープランナーより

お遍路とは弘法大師空海が修行をしたと伝わる、四国各地に点在する八十八か所の霊場を巡る旅のことで、徳島の第一番札所からはじまり香川の第八十八番札所まで、約1400㎞にも及ぶ道のりです。
世界各地に巡礼の道というものはありますが、四国4県をぐるりと一周する回遊式の巡礼路は珍しいものです。今回の旅では八十八か所全てではなく、比較的訪問しやすい31か所を選び、参拝作法や手順、各寺の縁起などに精通した先達の案内で巡拝してゆきます。もちろん参拝のみならず、各地の魅力的な見どころの訪問や、郷土色豊かなお料理など、お楽しみも満載です。先祖代々、長きにわたり育んできた日本の宗教文化の一端をぜひご体験ください。

見どころのご紹介

長い歴史を持つ、四国八十八か所霊場を一番から八十八番まで順打ちで参拝します

お遍路の歴史は1200年以上ともいわれていますが、何年にこのような理由ではじまったというものはなく、奈良時代ころより役行者や行基、空海などが行者として修行の為に訪れていたと言われています。その後、江戸時代に入り、四国遍路の案内書「四国遍路道指南」が発行され、この本で初めて四国霊場に88か所の札所番号が付けられると共に、参拝の仕方やルートの紹介などが記されました。この本は当時のベストセラーなり、お遍路は全国の一般庶民にひろまりました。

お遍路は発願の寺、第一番札所「霊山寺」から始まります 徳島県
足摺岬に佇む、38番札所の「金剛福寺」は最南端の札所です(公財)高知県観光コンベンション協会
最高所の札所は雲辺寺山頂近くに建つ66番札所の「雲辺寺」
最後の第八十八番結願札所「大窪寺」

札所のみではなく、各地の見どころも巡ります

四国各地の見どころもご案内します。高知県では土居廊中、高知城、桂浜、四万十川、足摺岬。愛媛県では大洲城、臥竜山荘、内子、最終の香川県では栗林公園と、魅力的な訪問地を巡ってゆきます。

高知の日曜市©(公財)高知県観光コンベンション協会
四万十川にかかる佐田沈下橋©(公財)高知観光コンベンション協会
重伝建の内子の散策を楽しみます 愛媛県観光物産協会
栗林公園は国の特別名勝です (公社)香川県観光協会

各県の代表的な料理を味わいます

徳島では鳴門鍋の名店「とと喝」の鯛めし、高知は土佐料理の名店「司」で皿鉢料理。愛媛では郷土料理「五志喜」で愛媛郷土料理、香川「天勝本店」の瀬戸内穴子料理と、各々特徴ある、各地の料理を楽しんでいただきます。

高知名物の皿鉢料理(イメージ)
徳島の鯛めし(イメージ)
土佐料理の「司」
愛媛郷土料理の一品(イメージ)

建築や庭園など、見ごたえのある札所もご案内します

88か所の札所は巡礼の地というイメージがありますが、中には曲水式庭園がある志度寺や高さ43mもの高さの総ケヤキ造りの五重塔を持つ善通寺のように建築や庭園など、多彩な魅力ある寺院があります。数々の札所を通じて四国の伝統文化に触れることができるでしょう。

五重塔がそびえる第75番札所の善通寺は弘法大師の誕生の地です 提供:(公社)香川県観光協会
第37番札所の岩本寺の本堂には575枚の天井画があります(公財)高知県観光コンベンション協会
四国随一の文化財の数を誇る第51番札所の石手寺
第8番札所の熊谷寺の山門は88か所最大級です 徳島県

ツアー日程

8日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
新神戸駅12:30集合 鳴門 霊山寺 極楽寺 徳島

ご自宅から最初の宿泊地まで無料でお荷物を託送します。

■午後、新神戸駅に集合。その後、バスにて鳴門へ。

■鳴門着後、お遍路の始まりです。

第一番札所「霊山寺」へ。

■遍路旅を始めるにあたっての授戒と説法をいただきます。

■その後、第二番札所「極楽寺」まで歩き遍路。(1㎞約15分)

■その後、徳島のホテルにチェックイン。

【2連泊】(徳島泊)

2日目
徳島 徳島の札所めぐり 「とと喝」での鯛めし

■終日、徳島の札所を巡ります。

第八番札所「熊谷寺」遍路路最大の山門が見事です。

第九番札所「法輪寺」涅槃像を本尊とする健脚祈願の寺院です。

■その後、お遍路の難所と言われる区間へ。(車で訪れます。)

第十二番札所「焼山寺」修験者の聖地として知られる寺院です。

第十五番札所「国分寺」聖武天皇の勅命で造られた国分寺のひとつ国分寺から徒歩にて観音寺の町並みを歩き、第十六番札所「観音寺」へ。(2㎞約30分)

その後、第十七番札所「井戸寺」弘法大師伝説の井戸が残ります。

■夕食は鳴門鯛の名店「とと喝」にて鯛めしをご用意しました。

(徳島泊)

3日目
徳島08:00発 室戸岬 安芸土居廓中 高知16:00着 「司」での皿鉢料理

■午前、西の高野と呼ばれる第二十一番札所「太龍寺」へ。ロープウェーで訪れます。

■その後、徳島最後の札所、第二十三番札所「薬王寺」へ。

■その後、室戸岬へ。岬の先端の第二十四番札所「最御崎寺」へ。

■午後、第二十六番札所「金剛頂寺」へ。途中、安芸の重伝建、土居廓中の散策。その後、高知市内に残る第二十九番札所「国分寺を訪れます。

■夕食は土佐料理「司」にて土佐名物の皿鉢料理をご用意しました。

(高知泊)

4日目
高知 日曜市・高知城 高知の札所めぐり

■午前、日曜市を散策しながら高知城へ。

■午後、文殊菩薩を巡る第三十一番札所「竹林寺」第三十二番札所「禅師峰寺」、運慶、湛慶の仏像を安置する第三十三番札所「雪蹊寺」に参拝します。途中、桂浜に立ち寄ります。

(高知泊)

5日目
高知08:00発 四万十 足摺岬 宇和島17:00着

■午前、高知より天井画の美しい第三十七番札所「岩本寺」へ。

■その後、四万十の佐田沈下橋を訪れ、足摺岬へ。

■足摺岬にある第三十八番札所「金剛福寺」に参拝。

■その後、愛媛で最初の札所、第四十番札所「観自在寺」へ。

■その後、宇和島へ。

(宇和島泊)

6日目
宇和島09:00発 大洲 内子 松山16:00着 「五志喜」での愛媛郷土料理

■午前、宇和島から第四十二番札所「佛木寺」、源頼朝ゆかりの第四十三番札所「明石寺」に参拝。その後、大洲へ。大洲城(外観)、臥竜山荘を訪れます。その後内子の町を散策し、松山へ。

■松山にて第四十六番札所「浄瑠璃寺」第五十番札所「繁多寺」第五十一番札所「石手寺」を訪れます。

■夕食は郷土料理五志喜にて愛媛郷土料理をご用意しました。

(松山泊)

7日目
松山08:00発 香川の札所めぐり 高松16:00着 「天勝本店」での瀬戸内穴子

■午前、松山よりバスにて香川へ。途中第六十六番札所「雲辺寺」、五重塔の美しい第七十番札所「本山寺」、日本三大霊場、第七十一番札所「弥谷寺」、弘法大師生誕の地に建つ第七十五番札所「善通寺」へ。昼食は善通寺にて讃岐うどん

■午後、第七十九番札所「天皇寺」を訪れます。

■その後、高松へ。栗林公園にご案内します。

夕食は「天勝本店」にて名物の瀬戸内穴子料理です。

(高松泊)

8日目
高松 香川の札所めぐり 新神戸駅15:00頃

■午前、細川勝元によって作庭された庭園が残る第八十六番札所「志度寺」、お遍路最後の札所、第八十八番札所「大窪寺」に参拝。

■午後、バスにて新神戸駅へ。

■新神戸駅着後、解散。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは8日間のコースです。

出発日 旅行代金
12月16日(木)発

旅行代金:¥275,000

1月20日(木)発

旅行代金:¥275,000

1月27日(木)発

旅行代金:¥275,000

2月3日(木)発

旅行代金:¥275,000

2月17日(木)発

旅行代金:¥275,000

3月3日(木)発

旅行代金:¥275,000

※1名室利用追加料:¥45,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

 

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111