わずか2か月の美味、開高健が愛した開高丼を味わう

北陸珠玉の名店を訪ねて「香箱ガニ」と「開高丼」の饗宴の旅【2日間】

  • 集合場所:金沢駅
  • 出発日: 11月29日(月)
  • 旅行代金:¥118,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
開高健が愛した料理旅館こばせにて「開高丼」をご賞味いただきます。
Point 2
金沢の名店「千取寿し」にて香箱盛りと、蟹の握りを含む特選寿しをお楽しみください。
Point 3
金沢の冬の風物詩、雪吊りが見られる兼六園や、荘厳な永平寺を楽しみます。

ツアープランナーより

11月から3月、富山湾から西の日本海でズワイガニ漁が解禁され、沿岸の港町は活気に溢れます。カニの中でもその身が最もおいしいのは、ズワイガニだという声も。中でも香箱ガニやセイコガニと呼ばれるメスは11月の解禁から12月末まで、わずか2か月弱しか捕ることが出来ない季節限定の美味。ツアーでは香箱ガニが味わえる蟹フルコースのご夕食に加え、作家の開高健が愛した「開高丼」もご賞味いただきます。この時期しか食べることができない、カニの饗宴をお楽しみください。

見どころのご紹介

内子、外子がたっぷり散りばめられた「開高丼」

越前の海辺に佇む料理旅館こばせには、作家、開高健が愛した名物料理があります。炊き立ての福井産コシヒカリ2合に、8杯ものセイコガニの身や内子、外子をほぐしたものを散りばめた、その名も「開高丼」。開高健はこの丼を「海の宝石箱」と称え、「開高丼」の名を授けたのだとか。開高丼が食べられるのは、セイコガニの漁期のわずか2か月弱のみ。一杯ずつほぐしていくため手間がかかり、1日の提供数が限られ予約が難しいのですが、お席を確保することができました。

1年のうちわずか2か月の至福「開高丼」
ズワイガニのセリの様子 ⓒ福井県観光連盟

金沢では香箱ガニや蟹刺し、蟹雑炊などの蟹フルコースをご用意

11月上旬の解禁から、12月末の禁漁まで、わずか2か月に満たない期間のみの贅沢が「香箱ガニ」です。ズワイガニの雌で、大きさはズワイガニ(雄)の半分くらいですが、甲羅の中にある内子(未成熟卵)やカニ味噌、お腹には茶色の外子(卵)をたっぷりと抱え、その味わいは天下一品。まさに「香る箱」そのものです。一般的には「セイコガニ」と呼ばれることが多く、金沢を中心とした地方ては「香箱ガニ」と呼ばれています。
このたびは、著名人や美食家の常連が多い金沢市内の名店「千取寿し」にて、香箱ガニをはじめとする蟹尽くしのお料理をご賞味いただきます。

金沢の名店「千取寿し」で楽しみます
この季節ならではの「香箱ガニ」

風情ある初冬の金沢に宿泊

金沢を代表する名園、兼六園では、11月から12月上旬にかけて、冬の風物詩である雪吊りの作業が行われます。ガイドによる解説と共に、兼六園を見学します。また、趣あるひがし茶屋街の散策では、金沢で一番大きなお茶屋建築で市指定保存建物でもある懐華楼(かいかろう)も見学します。

金沢の冬の風物詩 兼六園の雪吊り
金沢の重伝建地区、ひがし茶屋街 ⓒ金沢市
ひがし茶屋街で最も大きな茶屋建築の懐華楼

曹洞宗大本山 永平寺

深山幽谷に佇む、荘厳な修行の場。道元禅師によって1244年に開山された永平寺は、曹洞宗の大本山であり、禅の道場として世界中から注目を集めます。樹齢680年といわれる老杉に囲まれた諸堂を拝観。厳かな気持ちになることでしょう。

永平寺・山門
禅寺として名高い永平寺を参観

ツアー日程

2日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
金沢駅14:00集合 兼六園「雪吊り」 千取寿し「香箱ガニ」 ホテル20:00着

■各地より、金沢駅へ集合。

■集合後、兼六園では、金沢冬の風物詩「雪吊り」を案内付きで見学。

■その後、ひがし茶屋街を散策。懐華楼を見学。

■夕食は名店「千取寿し」にて、香箱ガニ、カニの握りを含む特選寿しを。

■夕食後ホテルへ。

(金沢泊)

2日目
金沢08:30発 永平寺 越前海岸 「ふるさとの宿 こばせ」 福井 金沢駅15:30解散

■ホテルを出発し、永平寺へ。永平寺の見学。

■昼食は、「ふるやとの宿 こばせ」にて、1年間でわずか2か月間しか食べられない、小説家開高健が愛した幻の「開高丼」

■旧福井藩主松平家の別邸を有する養浩館庭園を見学。その後、金沢駅へ。

■金沢駅到着後、解散。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは2日間のコースです。

出発日 旅行代金
11月29日(月)発

旅行代金:¥118,000

※1名室利用追加料:¥8,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111