暖かい車窓から眺める雄大な冬景色

冬の北海道・鉄道の旅【5日間】

  • 集合場所:羽田空港、伊丹空港、中部空港、福岡空港※新千歳空港または南千歳駅合流/旭川空港または旭川駅離団可能
  • 出発日: 1月21日(金) 、 1月28日(金) 、 2月4日(金) 、 2月11日(金) 、 2月18日(金)
  • 旅行代金:¥238,000~¥255,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
北海道の冬景色を満喫できる3つの鉄道路線への乗車を楽しみます。
Point 2
訪問地では、冬ならではのプログラムで北海道の冬を紹介します。
Point 3
宿泊は、すべて温泉・大浴場のある宿で。暖かい北海道の冬の旅に。

ツアープランナーより

冬の北海道を訪ねるなら、鉄道の旅が最適です。暖かい車内から眺める車窓風景はまさに圧巻。北海道でしか見られない大陸的で雄大な雪景色は、まさに冬の醍醐味と言えるでしょう。
中でも選んだのは、特に車窓風景の素晴らしい道東地方。鉄道からの風景だけではなく、冬に訪ねたい風景が多いことも理由の一つです。釧路湿原の丹頂鶴、屈斜路湖の白鳥、オホーツク海とロマンチックな風景と青い池のライトアップが素晴らしい美瑛・富良野。冬の美しさを改めて楽しんでいただける旅です。

見どころのご紹介

暖かい車内から眺める雄大な冬景色。
是非乗りたい北海道の鉄道3路線に乗車

雄大な北海道の風景と楽しめる3つの絶景ルートを選びました。

北海道らしい雄大な車窓風景が魅力です。(イメージ)
釧路湿原を行く釧網本線(イメージ)


■南千歳駅~釧路駅 石勝線、根室本線の特急「おおぞら号」で楽しみます。
 前半は日本三大車窓風景の一つ、狩勝峠の雄大な風景が見どころ。トマムからの新ルートとなり、かつてのルートとは少し変わりましたが、その雄大さは十分お楽しみいただきます。後半の冬の太平洋の風景も圧巻です。


■釧路駅~網走駅 釧網本線の快速「しれとこ摩周号」で全線走破です。
 JR北海道の計画の中で廃止もささやかれているローカル線。前半は釧路湿原を、後半はオホーツク海を眺めながらの絶景ルートです。釧路湿原の茅沼駅は、丹頂鶴の来る駅として、後半の北浜駅はオホーツク海の絶景駅としても有名です。

オホーツク海を望む釧網本線北浜駅(イメージ)
丹頂鶴の来る駅 釧網本線茅沼駅


■網走駅~旭川駅 石北本線の特急「大雪号」で走ります。
 このルートのハイライトは、何といっても大雪山麓にある北見峠です。この峠に位置する白滝駅と上川駅は、JRで最も駅間が長い区間。白滝駅から隣りの上川駅まで、なんと37.3キロ。特急列車でも約40分かかります。

釧路湿原の丹頂鶴と屈斜路湖の白鳥

 釧路から訪ねるのは、冬の北海道で是非ご覧いただきたい丹頂鶴の姿です。丹頂鶴の保護施設として知られる、日本野鳥の会が運営する「伊藤タンチョウサンクチュアリー」です。朝の餌付けに合わせて訪問し、えさに合わせて集まる丹頂鶴の優雅な姿を観賞します。そして、その後は屈斜路湖へ。丹頂鶴と共に冬の風物詩となっているのが屈斜路湖の白鳥です。湖畔に集まる白鳥の姿も是非ご覧ください。

朝の餌付けに集まる丹頂の姿(イメージ)
鶴居村の伊藤タンチョウサンクチュアリー(イメージ)
冬の風物詩 屈斜路湖の白鳥(イメージ)
美しい冬の摩周湖(イメージ)

冬のオホーツク海を遊覧

 網走では、冬のオホーツク海が楽しみです。網走駅到着前の、釧網本線の車窓からも楽しめるオホーツク。網走港から遊覧船に乗って、その美しい風景をご覧いただきます。運が良ければ岸に近づきつつある「流氷」の姿もご覧いただけるかもしれません。また、宿泊ホテルの前にある網走湖では、冬の風物詩、氷に穴をあけて釣る「ワカサギ釣り」の様子も見ることができます。

網走からは冬のオホーツク海を遊覧。流氷を見られるチャンスも(イメージ)
博物館として公開される網走監獄

ロマンチックな冬景色と青い池ライトアップ

 そして、最後の旭川では、ロマンチックな雪景色が見られる美瑛、富良野の冬景色見学を含めました。
 到着日は、早速ホテル近くにある「青い池のライトアップ」へ。幻想的な風景は、忘れられません。また、もう一つの「白ひげの滝」のライトアップもホテルから直ぐにご覧いただけます。翌日は、美瑛、富良野地区の丘陵地帯の雪景色絶景スポットを訪ねるドライブです。CMでも有名になったマイルドセブンの丘、セブンスターの木などの雪景色もとてもロマンチック。花の季節だけでない、美瑛、富良野の魅力を発見いただけると思います。
 そして、最後は旭山動物園の「ペンギンの散歩」鑑賞で、冬の北海道の旅を締めくくります。

幻想的な美瑛の青い池ライトアップ(イメージ)
美瑛の樹氷風景(イメージ)
美瑛の景勝地 マイルドセブンの丘(イメージ)
旭山動物園 冬の楽しみペンギンの散歩(イメージ)

暖かい冬の旅をお楽しみください。

冬の北海道というと、寒いというイメージがあるため、なるべく暖かい旅にと内容を考えました。
観光も長く外にいることの無いように配慮。外での見学でも、寒ければ室内に入れるような施設を選びました。また、宿泊ホテルは3か所共に温泉ホテルを用意。また、お食事も北海道の鍋料理など温まる料理を中心に考えました。鉄道車内から眺める冬景色と共に、暖かく冬の北海道をお楽しみいただける内容にご注目ください。

ラビスタ釧路川 釧路川を望む展望温泉
地図はこちらをご覧ください。

 

ツアー日程

5日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田空港09:10発 新千歳空港10:45着 南千歳12:25発 釧路15:54着

■羽田空港より、航空機にて新千歳空港へ。

■着後、冬の北海道・鉄道の旅の始まりです。

■南千歳駅より、特急「おおぞら号」に乗車し釧路へ。石勝線、根室本線の冬景色をお楽しみいただきます。

                     【2連泊】(釧路泊)

2日目
釧路08:00発 鶴居村の丹頂鶴 屈斜路湖の白鳥 冬の摩周湖 釧路湿原 釧路16:30着

■午前、朝の餌付けに合わせ、丹頂鶴の鶴居村を訪ねます。伊藤タンチョウサンクチュアリーから丹頂鶴を鑑賞。

その後、冬の間白鳥が飛来する、屈斜路湖を訪問します。

■午後、冬景色の摩周湖、釧路湿原展望台に立ち寄り、釧路へ戻ります。

                    (釧路泊)

3日目
釧路08:57発 網走11:53着 オホーツク海遊覧 網走湖畔16:30着

■午前、絶景で知られるローカル線、釧網本線「快速しれとこ摩周号」に乗車し、網走へ。釧路湿原、オホーツク海の風景をお楽しみください。

■網走到着後、冬のオホーツク海遊覧をお楽しみいただきます。(流氷をご覧いただけるチャンスがあります。)。

■その後、。オホーツク流氷館、網走監獄博物館に立ち寄り、網走湖畔のホテルへ。

                  (網走湖畔泊)

4日目
網走湖畔 網走12:35発 旭川16:19着 青い池ライトアップ 富良野19:30着

■午前、自由行動。ホテル前の網走湖では、網走の冬の風物詩「氷に穴をあけて釣る、ワカサギ釣り」をご覧いただけます。

午後、網走駅より、もう一つの絶景鉄道ルート、石北本線の特急「大雪号」にて旭川へ向かいます。

■着後、青い池のライトアップをご覧いただき富良野へ。

              (富良野泊)

5日目
富良野09:00発 美瑛・富良野 冬の絶景巡り 旭川 旭川空港16:30発 羽田空港18:20着

■午前、美瑛、富良野の「雪景色絶景ポイント巡り」を楽しみます。その後、旭川へ。

■昼食後は、旭山動物園の名物、ペンギンの散歩を観賞。鑑賞後、旭川空港へ。

■午後、航空機にて羽田空港へ。

ご自宅まで無料でお荷物を託送します。

(注)自然現象のため、ご覧いただけない場合もございます。

 

■上記日程は羽田空港発着の航空スケジュールです。その他空港発着の時刻は次の通りです。


【伊丹空港発】往路:伊丹08:00発新千歳09:50着 復路:旭川16:30発羽田18:20着  羽田18:50発伊丹20:15着


【中部空港発】往路:中部08:35発新千歳10:15着 復路:旭川16:30発羽田18:20着 羽田18:55発中部20:00着


【福岡空港発】往路:福岡07:00発羽田08:30着 羽田09:10発新千歳10:45着 復路:旭川16:30発羽田18:20発 羽田19:15発福岡21:20着


パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは5日間のコースです。

出発日 旅行代金
1月21日(金)発

旅行代金:¥245,000

※大阪伊丹空港発着

1月28日(金)発

旅行代金:¥245,000

※名古屋中部空港発着

2月4日(金)発

旅行代金:¥238,000

※羽田空港発着

2月11日(金)発

旅行代金:¥238,000

※羽田空港発着

2月18日(金)発

旅行代金:¥255,000

※福岡空港発着

※1名室利用追加料:¥25,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

※現地合流解散:新千歳空港、南千歳駅合流/旭川駅、旭川空港解散 すべての出発日、旅行代金は¥208,000となります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111