食通も唸る超名店「川喜」で、越前ガニの真髄を味わう

越前ガニの名店「川喜」と金沢の旅【3日間】

  • 集合場所:東京駅
  • 出発日: 12月6日(月) 、 1月17日(月) 、 2月14日(月)
  • 旅行代金:¥198,000

ツアーコード: JP419T

パンフレットダウンロード

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
福井・三国の名店「川喜」にて、至高の越前ガニを満喫します
Point 2
金沢に連泊。兼六園や茶屋街の散策を楽しみます
Point 3
白波砕ける東尋坊や加賀橋立など越前海岸の見どころへご案内します。

ツアープランナーより

名勝東尋坊近くに位置する三国港は、最高級の越前ガニが水揚げされることで有名です。
この三国港のそばにあるのが、食通にその名を知られる名店「川喜」。主人の大森さんは仲買の資格を持ち、自らセリに参加し極上のカニを仕入れています。お客様の来店時間に合わせてカニをしめるなど、徹底したこだわりのもと供される越前ガニはまさに絶品。茹でたての大きな越前ガニをご賞味いただきます。
宿泊は金沢にて連泊。冬の古都の美もお楽しみください。

見どころのご紹介

セイコガニの季節に、食通も憧れる越前ガニの超名店へ

11月から3月、ズワイガニ漁が解禁された港は活気に溢れます。皇室にも献上される最高級の越前ガニが水揚げされる三国港で、主人自らが目利きした越前ガニを供する「川喜」にて、至高のカニ料理をお召し上がりいただきます。川喜のカニは、シンプルな茹でガニのみ。時間、茹で方すべてにこだわった茹でガニは、これこそ越前ガニの最高に美味な食べ方だと食通が唸るのも納得の味わい。大きな越前ガニを贅沢にお楽しみください。

最高級の越前ガニにかぶりつけば、口の中にうまみが溢れます。越前ガニを示す黄色 いタグが付けられます©福井県観光連盟
雪吊りを施された兼六園の唐崎松

初冬の金沢は風情が増す美しい季節です

毎年11月1日から12月上旬にかけて、冬の兼六園の風物詩雪吊りの作業が行われます。本格的な冬の前、風情を増す古都金沢に2連泊。ひがし茶屋街や兼六園、金沢城公園にご案内します。3日目の昼食は近江町市場にて、ご自由にお好きなものをお召し上がりください。

越前海岸をドライブし、東尋坊へ

国の天然記念物に指定される東尋坊。安山岩の柱状節理としてこれほどの規模のものは、日本でもここだけです。日本海の荒波が岩に砕ける迫力の光景は、越前に来たのだという旅情を増してくれることでしょう。北前船の寄港地だった加賀橋立にも立ち寄ります。

白い波しぶきと奇岩の絶景、東尋坊
地図はこちらをご覧ください

ツアー日程

3日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
東京駅10:24発 金沢駅12:51着 (ひがし茶屋街、兼六園) 金沢

東京駅より、北陸新幹線にて金沢駅へ。
■着後、ひがし茶屋街兼六園を見学。
■その後、「金沢白鳥路ホテル山楽」へチェックイン。

(金沢泊)

2日目
金沢 (東尋坊) (三国港・「川喜」にて蟹料理) (加賀橋立) 金沢

■金沢よりバスにて越前海岸を巡ります。景勝地、東尋坊を見学し、三国港へ。
ご昼食は越前ガニの名店「川喜」にて、絶品の越前ガニをご用意しました。
■午後、北前船の寄港地だった加賀橋立に立ち寄り、金沢に戻ります。

(金沢泊)

3日目
金沢(金沢城址公園) (近江町市場) 金沢駅15:56発 東京駅18:28着

■午前、ホテルより徒歩にて金沢城公園を見学。
■チェックアウト後、タクシーにて近江町市場へ。

ご昼食は近江町市場にて自由にお召し上がりください。
■午後、金沢駅より、北陸新幹線にて東京駅へ。着後、解散。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは3日間のコースです。

出発日 旅行代金
12月6日(月)発

旅行代金:¥198,000

1月17日(月)発

旅行代金:¥198,000

2月14日(月)発

旅行代金:¥198,000

※1名室利用追加料:¥30,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

※現地合流離団:金沢駅合流/金沢駅離団 旅行代金から¥25,000引きとなります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111