西表島の星空と朝焼けグラデーションも楽しむ 10名様限定の旅

八重山諸島と日本最南端の波照間島へ【6日間】

  • 集合場所:羽田空港・関西空港・福岡空港・新千歳空港
  • 出発日: 12月4日(土) 、 12月21日(火) 、 1月14日(金) 、 2月6日(日) 、 3月1日(火)
  • 旅行代金:¥285,000~¥315,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
日本最南端の島・波照間など、八重山の特色ある島々を巡ります。
Point 2
西表島には宿泊してゆっくり満喫。星空と朝焼け鑑賞にご案内します。
Point 3
島唄を聴きながらの星空観賞クルーズも楽しみます。

ツアープランナーより

沖縄本島からも4~500㎞も離れた八重山の島々。西表島に代表されるような本島とは異なった自然や気候、またそこに住む方々の伝統や文化も本島とは違っています。この度は八重山の中心的な島である石垣島に計4泊、島全体がジャングルと言っても過言ではない自然あふれる西表島にも宿泊して、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の舞台となった素朴な小浜島や日本最南端の島である波照間島まで足を延ばします。日本初の星空保護区に選ばれた「西表石垣国立公園」とその周辺を満喫する星空観賞の機会も趣向を変えて2回ご用意しました。八重山諸島の多彩な絶景をお楽しみください。10名様限定の旅です。

見どころのご紹介

日本最南端の島・波照間を訪れます。(注2)

周囲約15㎞ほどの小さな島で日本最南端の島・波照間。「最果ての楽園」と言っても良い、独特なのんびりした雰囲気があります。美しい海の景色は日本全国様々ありますが、ニシ浜の「ハテルマブルー」と呼ばれる遠浅のエメラルドグリーンとブルーが合わさった独特な景色は、まさに絶景です。島の反対側は断崖が続く地域となっており、ビーチとは全く違う美しい青い海の景色とのコントラストも楽しみです。

有人島では最南端に位置する波照間島
波照間島のニシ浜。南北で地形の異なる波照間島をのんびりとお楽しみ頂きます。

西表島の宿泊は行程に一工夫。ゆったりと楽しみます。

八重山諸島の玄関口である石垣島から船で約1時間で訪れることのできる西表島。沖縄県では本島に次いで2番目の大きさを誇りながらも、人口はわずか2300人ほど。島の90%は亜熱帯の原生林を残し、「東洋のガラパゴス」とも呼ばれます。島内には宿泊施設が少なく、人気も高いことからこのたびは1泊のみの確保ですが、森に囲まれた「ジャングルホテル・パイヌマヤ」をお選びして、観光の前後にも自然を感じられるよう一工夫。さらに、石垣島での連泊で前後を挟むことで西表島の滞在時間を十分に確保し、ゆったりと島の魅力を満喫する行程といたしました。

仲間川のマングローブ林のクルーズ
由布島へは牛車に乗って遠浅の海を渡ります ©沖縄観光コンベンションビューロー 
森に囲まれた西表島ジャングルホテルパイヌマヤ
西表島の郷土料理もお楽しみください(イメージ)
石垣島のホテル正面でシーサーがお出迎え

西表島宿泊だから見られる絶景 星空&朝焼け鑑賞プログラム

水牛車に乗って訪ねる由布島、マングローブ林の間を抜ける仲間川のクルーズという定番の観光コースに加え、西表島の大自然をより深く体験していただきたく特別なプログラムをご用意しました。早朝、まだ暗いうちにホテルを出て砂浜へ。吸い込まれるような空を見上げてしばしの星空鑑賞を楽しんだ後、波音に耳を傾けながら朝日を待ちます。刻一刻と色を変えながら美しいグラデーションを描く空と海の絶景に包まれる癒しの体験をどうぞお楽しみに。

早朝・朝陽のグラデーション(イメージ) ©Coral-foundation西表島inc ※出発日や潮の状況により砂浜からの鑑賞となります
星空観賞と朝焼けの絶景を感じるひととき ©Coral-foundation西表島inc

昔ながらの沖縄を感じる竹富島や「ちゅらさん」の舞台・小浜島

赤瓦の屋根で統一された街並みが重要伝統的建物建築群保存地区にも指定されている竹富島の集落はまさに沖縄の原風景。NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の舞台となった小浜島はサトウキビ畑が広がり、竹富島とは違った沖縄の原風景が味わえます。のんびりと流れる島時間を体感してください。

竹富島。なごみの塔からの風景
NHKドラマ「ちゅらさん」の舞台となった小浜島
竹富島のバラスの道。古き良き沖縄の風景に出会います。

海の上で島唄を楽しむ 星空観賞クルーズへ

2018年3月に日本初の星空保護区に選ばれた「西表石垣国立公園」。専門家の調査では世界トップレベルの暗さを持ち、澄んだ空気の中で美しい星空が楽しめる場所でもあります。石垣島のドライブを楽しんだ夜には、ティンガーラと呼ばれる天の川を見上げながら三線と島唄のライブを船上で楽しむ、星空観賞クルーズをお楽しみいただきます。

クルーザーで海に出てティンガーラ(天の川)の下へ ©ぷしぃぬしま
夜空と波音だけの空間で島唄を ©ぷしぃぬしま
地図はこちらをご覧ください。

ツアー日程

6日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
関西空港08:30発 石垣空港11:20着 石垣島

ご自宅から最初の宿泊地まで無料でお荷物を託送します。

■午前、航空機にて石垣空港へ。

■着後、バスにてホテルへ。

【2連泊】(石垣島泊)

2日目
石垣島 (絶景ドライブ) (星空と島唄クルーズ)

■終日、専用バスにて石垣島の絶景スポットの観光へ。美しい川平湾をグラスボートで巡ります。

■夜、星空観賞クルーズ(注1)にご案内いたします。三線の音色と島唄のライブもお楽しみください。

(石垣島泊)

3日目
石垣島08:30発 西表島09:15着

■午前、高速船にて石垣島から西表島へ。

■着後、水牛車で海を渡り、由布島の観光。その後、日本最大規模のマングローブ林をもつ仲間川のクルーズにご案内します。

(西表島泊)

4日目
(星空&朝焼け鑑賞) 西表島14:00発 小浜島14:40着、16:40発 石垣島17:10着

■早朝、まだ暗いうちに浜辺へ。星空観賞の後、雄大な海と空が美しい色に染まる朝焼けをご覧いただきます。その後、ホテルに戻り自由行動。ごゆっくりお過ごしください。

■午後、高速船にて小浜島へ。NHKドラマ「ちゅらさん」の舞台になった島をバスで巡ります。

■夕刻、石垣島へ。

【2連泊】(石垣島泊)

5日目
石垣島 (竹富島) (波照間島)

■午前、竹富島へ。着後、島内観光にご案内します。バスにて星砂の浜やコンドイビーチを巡り、赤瓦集落の散策をお楽しみください。その後、一度石垣島に戻ります。

■午後、高速船にて波照間島へ渡り(注2)、昼食。その後、混乗バスにて島内のドライブです。日本最南端の碑や、波照間ブルーと呼ばれる蛍光色のような独特な青と美しいビーチが広がるニシ浜を巡ります。

■夕刻、高速船にて石垣島に戻ります。

(石垣島泊)

6日目
石垣島 石垣空港12:00発 関西空港14:10着

■午前、自由行動。

■午後、専用バスにて石垣空港へ。着後、航空機にて帰路へ。

(注1)自然現象のため、ご覧いただけない場合もございます。

(注2)波照間島への観光可否は、前日夕方の天気予報・海洋状況によって決定します。往路便が運行予定でも復路便が欠航になる恐れがある場合、船会社の判断で波照間島観光は中止となります。中止の際は、代替の観光へご案内させて頂きます。

※12/4発は、6日目の午前に波照間島観光にご案内します。5日目は午前竹富島の観光の後、石垣島に戻り自由行動となります。

※3/1発は、2日目と5日目の観光を入れ替えてご案内いたします。

 

■各地からの発着時間のご案内 上記日程は12/21関西空港発着のスケジュールとなります。各出発日・発着地ごとのスケジュールは下記をご参照ください。


【12/4羽田空港発着】往路:羽田14:15発石垣17:45着 復路:石垣19:25発羽田22:00着

【3/1羽田空港発着】往路:羽田11:25発石垣14:40着  復路:石垣15:25発羽田18:00着


【1/14福岡空港発着】往路:福岡12:00発石垣14:15着 復路:石垣14:50発福岡16:40着


【2/6札幌・新千歳発】往路:新千歳09:00発羽田10:35着 羽田11:15発石垣14:50着  復路 石垣15:30発羽田18:00着 羽田19:00発新千歳20:35着


 

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは6日間のコースです。

出発日 旅行代金
12月4日(土)発

旅行代金:¥285,000

羽田空港発着

12月21日(火)発

旅行代金:¥285,000

関西空港発着

1月14日(金)発

旅行代金:¥285,000

福岡空港発着

2月6日(日)発

旅行代金:¥315,000

札幌新千歳空港発着

3月1日(火)発

旅行代金:¥285,000

羽田空港発着

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111