日本神話ゆかりの地を巡る

宮崎「西の正倉院」と神話の源流の旅【5日間】

  • 集合場所:羽田空港、伊丹空港、中部空港、福岡空港、新千歳空港※宮崎空港合流/熊本空港離団可能
  • 出発日: 12月1日(水) 、 12月5日(日) 、 12月12日(日) 、 1月9日(日) 、 1月16日(日) 、 1月23日(日)
  • 旅行代金:¥178,000~¥218,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
西の正倉院で希少価値の高い建物と文物を見学します。
Point 2
宮崎各地に点在する日本神話ゆかりの地を巡ります。
Point 3
日本最大級、300を越える古墳を有する西都原古墳を訪ねます。

ツアープランナーより

知れば知るほど面白いのが宮崎県の魅力です。古くは国生みから天孫降臨、そして神武天皇東征まで神話の主舞台であり、日本最大級の古墳群も点在します。また、百済王伝説の地である美郷町南郷には、奈良正倉院の御物と同一品である銅鏡を所蔵する西の正倉院を訪ねます。門外不出の正倉院原図を基に、樹齢400~500年の天然檜を用いた建物は圧巻で、国宝級の宝物が展示される内部見学も可能です。重伝建でもトップクラスの美しい城下町・飫肥での散策や、神秘的な渓谷美で魅了する絶景の高千穂峡では遊歩道を散策し、夜には神楽鑑賞も楽しみます。海あり山ありの変化に富んだ自然景観や、豊富な食材を活かした食も楽しみです。一歩踏み込んだテーマで、奥深き宮崎の魅力を存分に味わってください。

見どころのご紹介

西の正倉院 希少価値の高い建物と文物

宮崎県美郷町には、7世紀の百済滅亡時に朝鮮半島からこの地へと百済王族が落ちのび、死ぬまでこの地で暮らしたという百済王伝説が残ります。この地の神門神社に収蔵されていた王族の遺品とされる古代の鏡群の中に、奈良正倉院にある「唐花六花鏡」と同一の鏡があったことから、この貴重な文化財を展示、所蔵する施設として10年の歳月をかけて西の正倉院が建設されました。奈良正倉院の実物大である博物館内部は見学も可能で、国宝級の宝物が展示されています。国指定重要文化財の神門神社と百済文化を紹介する百済の館もあわせてご案内します。

門外不出の正倉院原図を元に本物と寸分たがわぬ設計でつくられた西の正倉院
内部には多数の展示があります
奈良正倉院に収蔵される御物と同じ唐花六花鏡

宮崎各地に点在する日本神話ゆかりの地を巡ります。

宮崎県には、古事記や日本書紀に記された数々の神話の舞台が点在しています。この旅では、神話ゆかりの地を丁寧に巡り、太古の神々が織りなす物語をお楽しみいただきます。歴史ロマンはもちろんのこと、風光明媚な景観や神秘的な雰囲気もみどころです。

日本神話の始まり ~国生み・神生み神話~

宮崎市の江田神社は日本最古のご神体であり、数多の神を産んだイザナキノミコトとイザナミノミコトを祀ります。火の神を産み落とした際に命を落としたイザナミを追って黄泉の国へ行ったイザナキが、そこで被った穢れを清めたといわれるみそぎ池も近くに佇みます。

江田神社
みそぎ池。イザナキが両目と鼻を洗うと、アマテラスオオミカミとスサノオノミコト、ツクヨミノミコトの三神が生まれたと伝わります。
初代天皇・神武天皇 生誕から東征まで

高千穂峰の麓、現在高原町とよばれる地で生まれた神武天皇。生誕の地と伝わる皇子原神社や、神武天皇の幼名、狭野尊(さののみこと)の名を冠する狭野神社などゆかりの地が点在します。宮崎に移った後、45歳で美々津港から大和の国へと向かったとされます。東征の地・美々津の家々の郵便受けには、神武天皇の船のレリーフが残ります。また、江戸時代、美々津は商業港として栄えた歴史を持ち、白壁や土蔵が並ぶ美しい町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

神武天皇の産屋跡とされる高原町の皇子原(おうじばる)神社
長い杉並木の参道が印象的な挟野(さの)神社 神武天皇の幼名・挟野尊(さののみこと)はこの地名に由来すると考えられます。

深山幽谷の地・高千穂の絶景と夜神楽

阿蘇山系の噴火で流れ出した溶岩が数万年かけて侵食されてできた、ダイナミックで美しい渓谷美が魅力の高千穂。太陽神アマテラスオオミカミが、弟スサノオノミコトの悪行に怒って天岩戸に隠れてしまい、世の中が闇に包まれたという天岩戸神話が残ります。ツアーでは、アマテラスオオミカミを誘い出した舞が起源とされる高千穂神楽をお楽しみいただきます。

アマテラスオオミカミが隠れたことに困った神々が話し合った地とされる天安河原
遊歩道を散策して高千穂峡の絶景も楽しみます。
高千穂神楽
天岩戸神社 アマテラスオオミカミが隠れたとされる洞窟・天岩戸がご神体

日本最大級の西都原古墳群

西都原古墳群は、3世紀末から7世紀にかけて築造された300基を超える古墳が点在しており、その規模は日本最大級です。男狭穂塚(おさほづか)・女狭穂塚(めさほづか)は天孫降臨神話で知られるニニギノミコト夫妻の墓と地元では伝えられています。旧石器時代から現代までの南九州の歴史を一気に見せる博物館も併設し、御陵墓に眠る謎に迫ることができます。

古墳の中には内部に入ることができるものも。西都原古墳13号
西都原古墳13号 内部の様子
西都原考古博物館 展示室風景(男狭穂塚・女狭穂塚模型)
博物館の展望台からは古墳群を望むことができます。

重伝建・飫肥と風光明媚なフェニックスロードの景観

明治初期までの約280年間、飫肥藩伊東氏の城下町として栄えた飫肥は『九州の小京都』と称されます。風格ある門構えの武家屋敷や、町を流れる掘割の清流と漆喰塀が残る町並みは重伝建に選定されており、当時の雰囲気を存分に感じさせてくれます。また、南国宮崎を最も感じていただけるのが、宮崎市と日南市を結ぶ海岸沿いの景勝道路、フェニックスロードでしょう。この景勝道路に沿って、日本でも珍しい天然の大洞窟に本殿が立つ鵜戸神宮や、岩が造った絶景の鬼の洗濯板にかこまれる青島神社など日南海岸の見どころが続きます。

樹齢100年以上の飫肥杉をつかって復元された飫肥城・大手門
トヨタマヒメが出産した地に建つ鵜戸神宮
フェニックスの木が立ち並び南国ムード満点のフェニックスロード

宮崎地鶏や東九州バスク化構想を掲げる食も楽しみです

古くは江戸時代に島津藩の領主へ献上されていたとされる宮崎の地鶏は、ぜひ一度ご賞味いただきたい味。また、美食の地バスクをヒントに『東九州バスク化構想』を掲げる宮崎県延岡市へ。地元食材にこだわるレストランにご案内し、東九州でしか味わうことができない食をお楽しみ頂きます。

宮崎地鶏(イメージ)
大正5年創業 延岡の老舗「日本料理・高浜」にてお食事を
高浜は宮崎県北の特産魚、めひかりを初めて提供した店として知られます。
高浜 お料理一例

ツアー日程

5日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田空港10:40発 宮崎空港12:30着 宮崎

ご自宅から最初の宿泊地まで無料でお荷物を託送します。

■羽田空港より航空機にて宮崎空港へ。

■午後、日本誕生の神話に縁の江田神社みそぎ池を訪ねます。

■その後、宮崎市内にて初代天皇、神武天皇縁の、皇宮神社皇宮屋神武天皇宮居跡にご案内します。

■夜は、宮崎地鶏をご用意しました。

【2連泊】(宮崎泊)

2日目
宮崎(神武天皇ゆかりの地、飫肥、鵜戸神宮、青島神社)

■午前、高千穂峰の麓、神武天皇が生誕したと呼ばれる地へ。ゆかりのある皇子原神社狭野神社を訪ねます。

■その後、城下町・飫肥へ。江戸時代の武家屋敷や商人町が今でも残り、数ある重伝建の中でもトップクラスの美しさです。

■昼食は、武家屋敷を利用した服部亭にて郷土料理をご用意しました。

■午後、絶景のフェニックスロードを走りながら宮崎へ戻ります。鵜戸神宮青島神社など立ち寄ります。

(宮崎泊)

3日目
宮崎09:00発 西都原古墳群 美々津 西の正倉院 延岡17:00着

■午前、6世紀末から7世紀前半につくられた西都原古墳群を、考古学博物館と併せて見学します。

■その後、神武天皇東征の地、美々津へ。

■昼食は海鮮丼をご用意しました。

■午後、美郷町南郷へ。百済王が王国滅亡後、亡命してきと言われる伝説の地です。奈良正倉院と同じ銅鏡「唐花六花鏡」が見つかったことで史実となり、宮内庁の協力と奈良文化財研究所の支援などで、門外不出の正倉院原図を元に本物と寸分たがわぬ「西の正倉院」が作られ、銅鏡が収められました。

■夕刻、延岡へ到着。夕食は、東九州バスク化構想にも参画するレストランにて。

(延岡泊)

4日目
延岡11:00発 高千穂12:00着

■午前、絶景の愛宕山展望台や、西郷隆盛宿陣跡資料館を訪ねます。

■その後、バスにて高千穂へ。

■午後、天照大神縁の天岩戸神社天安河原くしふる神社を訪ねます。

■その後、高千穂峡を訪れます。遊歩道を歩きながら神秘的な高千穂峡の絶景を楽しみます。

■夜、高千穂神社の神楽殿にて、神楽の公演を鑑賞します。

(高千穂泊)

5日目
高千穂 熊本空港12:25発 羽田空港13:55着

■午前、熊本空港へ。

■午後、熊本空港より航空機にて羽田空港へ。

 

■上記スケジュールは羽田空港利用時のものです、各地からの交通機関スケジュールは以下となります。


【伊丹空港発着】 往路:伊丹空港09:55発宮崎空港11:00着 復路:熊本空港12:10発伊丹空港13:55着


【中部空港発着】 往路:中部空港10:50発宮崎空港12:10着 復路:熊本空港10:00発中部空港11:20着


【福岡空港発、博多駅着】 往路:福岡空港11:05発宮崎空港11:45着 復路:バス利用となります。高千穂09:00頃発博多駅12:00頃着


【新千歳空港発着】

往路:新千歳空港08:25発羽田空港10:05着、羽田空港10:40発宮崎空港12:30着

復路:熊本空港12:25発羽田空港13:55着、羽田空港15:00発新千歳空港16:30着


パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは5日間のコースです。

出発日 旅行代金
12月1日(水)発

旅行代金:¥198,000

※羽田空港発着

12月5日(日)発

旅行代金:¥198,000

※新千歳空港発着

12月12日(日)発

旅行代金:¥218,000

※伊丹空港発着

1月9日(日)発

旅行代金:¥198,000

※羽田空港発着

1月16日(日)発

旅行代金:¥198,000

※中部空港発着

1月23日(日)発

旅行代金:¥178,000

※福岡空港発、博多駅着

※1名室利用追加料:¥40,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

 

※現地合流解散(宮崎合流/熊本解散)に関しては、お問い合わせください。

 

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111