ツアーの募集は終了しました

「飛騨の小京都」高山と合掌集落の世界遺産白川郷と五箇山を訪ねる

往復グランクラスで行く 富山から金沢へ 秋の白川郷・五箇山の旅【5日間】

  • 集合場所:東京駅
  • 出発日: 10月19日(火)
  • 旅行代金:¥238,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
情緒ある古い街並みが残る飛騨高山に連泊滞在します
Point 2
世界遺産に登録された白川郷と五箇山を深く味わいます
Point 3
富山では、江戸初期から北前船の港町として栄えた岩瀬地区を訪ねます

ツアープランナーより

「重要伝統建造物群」創生期に認定され、世界遺産にも登録された白川郷と五箇山、そして同じく「重伝建」に選定された江戸時代の町並みが残る飛騨・高山を訪ねます。
いずれも山岳地帯に位置し、大都市から離れていたこともあって古き良き日本の伝統建築や自然が大変良く残されています。他の地域ではほとんど見られなくなった日本の原風景をご堪能ください。特に高山では2連泊し、ご自由に旧市街を歩いていただく時間もお取りしました。皆様自身でこの地域独特の空気を感じていただきたいと思います。
更に今回は江戸初期から北前船の寄港地として栄え、現在でもレトロな町並みを残す富山の岩瀬地区も訪ねます。また、新穂高ロープウェーから眺める北アルプスの絶景もお楽しみください。

鉄道ファーストクラスをご体験ください。

グランクラスとは、JR東日本の東北、北海道、北陸新幹線などの一部の列車のみに設定されている特別席。航空機にたとえるなら、グリーン車がビジネスクラス、グランクラスはファーストクラスです。それが空港に着いてからほかとは違う旅が始まるように、グランクラスの旅も、駅に到着してから、そして目的地への移動が、優雅な旅の体験に。「ななつ星」や「四季島」のような豪華なクルーズトレインを新幹線で実現しました。

東北・北海道、北陸新幹線などの先頭車両にグランクラスは連結されています

優雅なグランクラスの旅① くつろぎのひとときは出発前から

グランクラスの乗客は出発90分前から東京駅の八重洲中央口近くにある「ビューゴールドラウンジ」を利用できます。飲み物や茶菓子が用意され、くつろぎのひとときを味わったのち、グランクラスの旅がスタートします。

外観はガラス造りのビューゴールドラウンジ
よく見ると、一枚の板で作られたレールの型をしたテーブル
中は和モダンの落ち着いた空間

優雅なグランクラスの旅② 一部車両の先頭車両に連結されています。

東北・北海道、北陸新幹線の一部車両のみに設置されているグランクラス。東京駅下り列車の先頭に連結され、まさしくファーストクラスです。これは他の乗客が車内を通り抜けることのないように配慮されてのこと。落ち着いた環境のなか、プライベートな空間と時間を提供してくれます。

優雅なグランクラスの旅③ 1車両にわずか18席があるのみ

東海道新幹線で使用されているN700系電車だと1車両あたり、60名から100名程度の定員ですが、グランクラスの定員は18名のみ。いかにゆったりしているかが、おわかりいただけることでしょう。

座席を使いこなして快適な旅を
リクライニングも手元で簡単に
先頭車両に連結 ©Kanesue

優雅なグランクラスの旅④ 広々とくつろげる座席シート

新幹線は在来線より幅が広く造られているうえに、1+2列のゆったりした配列が組まれています。座席は後ろには倒れないバックシェルタイプ。リクライニングは45度まで倒すことができます。スリッパが常備され、コールボタンでアテンダントを呼んでお願いすれば、ひざ掛けやアイマスクなども持ってきてくれますし、ワインや日本酒、コーヒーなども無料でオーダーできます。

広々としたバックシェルシート
ワインや日本酒なども無料でオーダーできます

優雅なグランクラスの旅⑤ 2名の専任アテンダントがおもてなし

2名のアテンダントが乗客をもてなしてくれるのも、グランクラス体験のひとつ。食事は沿線の食材を中心に用い、地元の有名レストランや料亭が交代して監修し3カ月ごとに変わる軽食やデザートが用意されています。アルコールもメニューから選べるようになっています。

きめ細やかなアテンダントサービスも嬉しい
有名店監修の軽食も人気

見どころの紹介

古き良き日本のぬくもりに触れる世界遺産の町・白川郷

世界遺産に登録された白川郷の「合掌造り集落」は大小100棟余りの伝統建築が残り、しかも今でも人々の生活が普通に営まれていることで重要な意味を持っています。まさに、古き良き日本の伝統を残す村と言えるでしょう。かつては外国人観光客で溢れていましたが、今では従来の落ち着きを取り戻しています。

合掌造りの集落・白川郷

もう一つの世界遺産・五箇山集落

1995年白川郷と共に合掌造りの里として世界遺産に登録されましたが、その地理的要因から訪れる人は白川郷ほど多くはありません。その分、鄙びた田園風景はより素朴さを感じさせてくれます。この地域は長い歴史を持ち、平家の落ち武者が住み着いたことに始まったとも言われています。

四季折々の美しさを見せる合掌造りの五箇山集落

富山では北前船の港町 岩瀬地区を訪問

岩瀬地区は江戸初期から日本海を行き来する北前船の港町として栄えてきました。川岸を背に北前船廻船問屋が立ち並んでいた旧北国街道の町並みは、江戸末期から明治時代に建てられた家屋が多く残っており、当時の様子を覗うことができます。ここでは北前船廻船問屋「森家」や「森家土蔵群」などをご覧いただきます。

岩瀬の北前船廻船問屋「森家」は国指定重要文化財です ©(公社)とやま観光推進機構

「飛騨の小京都」高山で連泊

高山は岐阜県北部にある山岳都市です。北東に北アルプスを擁し槍ヶ岳や穂高岳などの山々を望む風光明媚な町です。また、江戸時代以来の城下町や商家町の景観が保全され、「飛騨の小京都」とも呼ばれています。古い町並みが残る(三町)さんまち通りの狭い通りには、数多くの小さな博物館や、江戸時代にさかのぼる木造の商家が並んでいます。

秋の新穂高
飛騨高山の町並み
高山陣屋は江戸幕府が飛騨国を天領として管理するために設置した代官所(陣屋)です
地図はこちらをご覧ください

ツアー日程

5日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
東京駅発10:32発 新幹線グランクラス 富山駅13:15着 (岩瀬)

ご自宅から最初の宿泊地まで無料でお荷物を託送します。
■午前東京駅より北陸新幹線グランクラスて富山へ。

■富山駅到着後、バスにて北前船の寄港地・岩瀬町へ。岩瀬町の町並み見学。北前船廻船問屋「森屋」、森屋土蔵群などを見学。

(富山泊)

2日目
富山11:00発 新穂高ロープウェイ 高山16:00着

■午前、ガラス美術館へ。

■午後、新穂高ロープウェイへ。秋の北アルプスの絶景を楽しみます

■夕刻、高山へ向かいます。

【2連泊】(高山泊)

3日目
高山

■午前、高山の観光。高山陣屋、三町の町並み、吉島家住宅、日下部民芸館などにご案内します。

■午後、自由行動です。

(高山泊)

 

4日目
高山09:00発 白川郷 五箇山 金沢17:00着

■午前、バスにて白川郷へ。

世界遺産・白川郷の観光にご案内いたします。

■午後、バスにて五箇山へ。

■世界遺産・五箇山の観光にご案内いたします。

■夕刻、金沢へ向かいます。

(金沢泊)

5日目
金沢12:48発 東京駅15:20着

■午前、国立工芸館、石川県立美術館にて前田家の至宝を鑑賞

■その後、金沢駅より北陸新幹線グランクラスにて東京駅へ。着後、解散。

※日程中のはグランクラス車中での軽食です。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは5日間のコースです。

出発日 旅行代金
10月19日(火)発

旅行代金:¥238,000

※1名室利用追加料:¥30,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

 

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111