ツアーの募集は終了しました

花巻温泉の名宿を楽しむ

ハイグレード車両「和(なごみ)」特別運行でゆく 紅葉の八幡平と佳松園の旅【4日間】Bコース 

  • 集合場所:上野駅
  • 出発日: 10月18日(月)
  • 旅行代金:¥198,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
岩手山と八幡平の絶景を望む「八幡平マウンテンホテル」に宿泊します。
Point 2
花巻温泉郷では極上の泉質とおもてなしの「佳松園」に宿泊します。
Point 3
伝統行事チャグチャグ馬っこの特別実演を鑑賞します。

ツアープランナーより

当コースでは岩手の紅葉の名所と2つの温泉宿に焦点をあてました。一つ目は日本百名山の岩手山と八幡平を望む八幡平マウンテンホテル。日本の地熱発電第一号「松川地熱発電所」の自然エネルギーから生まれた温泉もさることながら、周辺は北東北随一の紅葉の名所としても知られます。このたびは岩手山を望む最上階のお部屋をご用意しました。また、もう一つの至極の温泉宿としてご案内するのは花巻温泉・佳松園です。旅館の点在する温泉郷の中でも最奥に位置する静寂の環境の中、その湯は「とろとろの湯」として名高く、料理、湯と上質な時間に包まれます。どちらも部屋数に限りがありますので、ぜひ早目のお申込みをお待ちしております。

お召し列車としても利用される特別な列車「和(なごみ)」のチャーター運行、再び
錦秋の東北への旅 6コース

近年、各地で「観光列車」が人気を博しております。気軽に乗車できるパノラマ車両から「ななつ星」、「四季島」などの豪華列車まで、鉄道の旅も大きく変わりつつあります。そんな中で、観光列車ではなく、時には皇室の方が使われる「御料車両」を中間に連結し、「お召し列車」として運行される特別な車両があります。これが「和」です。特別な利用が無い時に、チャーターすることを原則として、ごく稀に旅行会社が利用できる列車なのです。
 VIPに対する「おもてなし」を考え、和のテイストを随所に取り入れた落ち着いた車内は、観光列車には無い気品にあふれており、ゆとりの旅を楽しむにふさわしい列車と言えるでしょう。
 この車両をチャーターし、「錦秋の東北を楽しむ旅」を企画いたしました。東北本線を北上し、蔵王山、塩釜から松島と宮城を抜け、岩手に入り奥羽山脈を越え、終点盛岡に到着します。紅葉の季節に東北各地を巡る、趣向の異なる6つのコースをご用意しました。
 まさにツアーでないと、またチャーターしなければ乗車できない特別列車で、錦秋の東北へと皆様を誘います。

特別運行のハイグレード車両「和(なごみ)」
お召し列車としても利用される「和(なごみ)」

ご乗車の皆様に和んでいただきたいと思いを込めて 全車両がグリーン車の「和」

気品溢れる「漆色」に統一されたハイグレードな「和」用車両。ご乗車になるすべてのお客様に、和んでいただきたいという思いを込めてつけられた名前です。JR東日本が所有しているのは5両1編成のみで、全車両グリーン車扱いとなっております。座席は横1列+2列の電動式リクライニング・シートで、各座席には専用の空調吹き出し口や読書灯などが設置され、落ち着いた雰囲気を作り出しています。全車グリーン車の快適な座席。さらに定員9名のVIPシートへのアップグレードも可能です。

座席のご案内

グリーン席
1列、2列の電動リクライニング・シートで約6時間の極上の列車の旅をお楽しみください。
(※現在、座席の車内モニターは外されております)

VIPシート席
たった9席のみの特別な空間。グリーン席のさらに上の特別席となっています。皮張りのシートがよりいっそう気品溢れる雰囲気を作り出しています。
(※現在、座席の車内モニターは外されております)

※VIPシート席は追加料金15,000円にて利用可能です(わずか9席のみとなりますので、お申し込みはお早めに)。

グリーン(一般)席
グリーン(一般)席
VIPシート席

見どころのご紹介

二つの百名山を望む「八幡平マウンテンホテル」

標高540メートル、日本百名山の岩手山と八幡平を望む地に建つ八幡平マウンテンホテル。日本の地熱発電第一号である松川地熱発電所の自然エネルギーから生まれた単純硫黄泉が自慢で、露天風呂からは八幡平の山々が望めます。また館内の写真ギャラリーや自然に関する資料が充実したスペースには日本山岳ガイド協会の認定ガイドがスタッフとして在籍しており、レクチャーも楽しめます。周辺は北東北随一の紅葉の名所としても知られますので、ぜひ散策もあわせてお楽しみください。

岩手山麓と八幡平マウンテンホテル この立地が自慢です
岩手山を望むマウンテンルームをご用意しました
八幡平の山々を望む露天風呂

伝統行事チャグチャグ馬コの特別実演を鑑賞します

200年以上の歴史を持つ伝統行事・チャグチャグ馬コ。毎年6月、色鮮やかな装束で着飾った100頭ほどの馬が鬼越蒼前神社~盛岡八幡宮間約10キロを行進し、農耕馬へ感謝を捧げます。今回は祭りの出発点である鬼越蒼前神社にて馬主さんによる特別実演をご覧いただきます。地元の人々との触れ合いも楽しみです。

チャグチャグ馬っこ 鬼越蒼前神社にて実演を見学します。特別実演ですので、混雑とは無縁の中見学可能です。(イメージ)

雄大な大自然を誇る小岩井農場を訪れる

岩手山を臨む大自然の懐にいだかれた雫石町の小岩井農場を訪れます。明治時代に誕生した日本最大級の民間農場では歴史を感じる煉瓦サイロは国指定の重要文化財にもなっています。小岩井農場は「春と修羅」をはじめ宮沢賢治作品にも数多く登場する風景です。雄大な大自然の中での見学とご昼食をお楽しみください。

日本の大規模農場の先駆け 小岩井農場
国の重要文化財、小岩井農場の倉庫

極上の泉質とおもてなし。花巻温泉郷最奥の「佳松園」に泊まる

花巻温泉郷最奥、南部赤松林の山々に囲まれた地に建つ「佳松園」。美肌効果があるアルカリ性の湯で、通常よりも水分が体に浸透しやすいとろとろの湯として有名です。枯山水風の中庭は夕暮れ時から篝火が焚かれ、幻想的な雰囲気に包まれます。また新鮮な山海の幸が揃う、岩手の恵みを活かした会席料理もお楽しみください。

枯山水風の中庭 夜、篝火が焚かれます
秋色に包まれた露天風呂を心ゆくまでお楽しみください ©佳松園
しっとりと落ち着いた和室(イメージ)内風呂も檜の香りが漂います ©佳松園
岩手の旬の素材を味わう おもてなしの会席料理 ©佳松園

盛岡の歴史散策 江戸時代からの町並みを残す鉈屋町

鉈屋町のある大慈寺地区は、江戸から明治にかけて北上川舟運の起点であり、奥州街道の城下玄関口としての重要な場所として多くの商人や職人が住んでいた地域で、街道筋の農村を中心に庶民的な町として発展しました。昔ながらの町屋が残る、歴史風情を感じるエリアです。一方、洋風建築と町屋が混在する中津川沿いの紺屋町では、岩手銀行赤レンガ館がシンボルです。地元ガイドの案内で散策をお楽しみください。

鉈屋町には昔ながらの町屋が数多く残ります
赤レンガ造りの岩手銀行(旧盛岡銀行) ©岩手県観光協会
地図はこちらをご覧ください

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
上野駅09:48発 盛岡駅17:23着

ご自宅から最初の宿泊地まで無料でお荷物を託送します。 ■午前、上野駅より特別運行のハイグレード車両「和(なごみ)」にて東北本線を北上し、盛岡へ。 ■盛岡到着後、ホテルへ。 ■夕食は「料亭 京極」にて。

(盛岡泊)

2日目
盛岡09:00発 小岩井 八幡平15:00着

■午前、鬼越蒼前神社を訪れ、地元の方々によるチャグチャグ馬コの特別実演を鑑賞。 ■その後、小岩井農場に立ち寄り、見学とランチ。 ■午後、バスにて八幡平へ。

(八幡平:八幡平マウンテンホテル泊)

3日目
八幡平10:00発 盛岡 花巻温泉16:00着

■午前、八幡平より盛岡へ。 ■盛岡着後、盛岡市内の観光へ。もりおか歴史文化館、鉈屋町、紺屋町の散策 ■その後、花巻温泉「佳松園」へチェックイン。

(花巻温泉:佳松園泊)

4日目
花巻温泉11:00発 新花巻駅12:20発 東京駅15:24着

■午前、出発までごゆっくりお過ごしください。釜淵の滝などへの散策もお勧めです。 ■バスにて新花巻駅へ。 ■午後、新花巻より新幹線にて東京駅へ。着後、解散。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
10月18日(月)発

旅行代金:¥198,000

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111