追加設定しました

九州・佐賀ガストロノミー 壱岐・唐津の旅【4日間】

  • 集合場所:羽田空港、福岡空港※福岡空港または博多港合流/福岡空港離団可能
  • 出発日: 10月13日(水) 、 11月8日(月)
  • 旅行代金:¥178,000~¥185,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
壱岐・唐津にあるミシュラン星付きレストラン「ワイズキッチン」を確保しました。
Point 2
唐津では呼子朝市の散策と名物・呼子イカを楽しむ朝食をご用意しました。
Point 3
日本列島のかつての玄関口・唐津と玄界灘に浮かぶ壱岐島を一度に訪問します。

ツアープランナーより

「ミシュランガイド福岡・佐賀・長崎2019」で計23軒の星付きレストランを輩出した長崎県と佐賀県。玄界灘と有明海がもたらす海の恵みや、佐賀平野といった豊かな土壌で育つ農作物や畜産業など、まさに食材の宝庫です。両県を巡り、ミシュラン星付きレストランにてイタリアンと日本料理をそれぞれお楽しみいただきます。縄文時代に遡る歴史を持つ、美しい海に囲まれた長崎の離島壱岐や、唐をはじめ大陸への玄関口として栄えてきた佐賀の唐津を訪ね、“古代歴史ロマン”と“九州の食”をテーマとした旅をお楽しみいただきます。

見どころのご紹介

 

ミシュラン1つ星レストラン「ワイズキッチン」

ワイズキッチンの中江シェフ

佐賀県・唐津にある「ワイズキッチン」は、ミシュラン一つ星を獲得したイタリアンレストランです。シェフの中江義行(なかえ よしゆき)氏は、ホテルニューオータニで修行を積んだ後、地元唐津に店をオープンしました。唐津は外海の玄界灘と内海の有明海に囲まれ、食材には困らない土地です。シェフ自ら漁港に足を運び、外海と内海の魚をバランス良く取り入れます。近郊の農園も訪ね、生産者の声に耳を傾けることで料理のインスピレーションを得ることもあるそうです。地産の食材にこだわったお食事をお楽しみ下さい。

加布里の蛤、昆布風味 
肥前町のムラサキウニ、冷製カッペリーニ

器も楽しめる名店「ひら田」

 唐津城のほど近く、城下町に店を構える日本料理「ひら田」は、丁寧な料理とおもてなしが評価され、ミシュラン一つ星を獲得した名店です。大将の平田智隼氏は、地産地消にこだわり、料理のほとんどが唐津産の食材を使用。自ら目利きして仕入れた食材によって、毎日のメニューを変えるそうです。器は大将が京都・金沢で修業時代に集めた品をはじめ、唐津焼も使用。食事の締めくくりには、お茶の心得がある大将自らが立てるお抹茶と季節の茶菓子を頂き、亭主のおもてなしの心を隅々まで感じるひとときをお過ごしください。 

繊細な「ひら田」の料理(イメージ)

古代歴史ロマンが溢れる壱岐

  福岡県と長崎県・対馬のあいだに位置する壱岐は、その地理的条件から大陸と日本を結ぶ、海上交易の要所として栄えました。当時は“一支国”と呼ばれた壱岐。その名前は古くは『魏志倭人伝』にも登場し、交通の発展等によりその役割は希薄になってしまったものの、今日でも壱岐の歴史や栄華を感じられる場所が残っています。「一支博物館」は、世界的建築家・黒川紀章氏が設計した博物館です。建物は現代的な造りですが、かつての古代船の復元や、当時の一支国の生活を再現した王都の模型、壱岐で発掘された土器や武器など、一支国の歴史ロマンが感じられる展示をご覧頂けます。また、壱岐の八幡浦に祀られる「はらほげ地蔵」も訪ねます。遭難してしまった海女さんや死んでしまった鯨を供養するためといわれていますが、いつ何のために置かれたのかは定かではありません。満潮になると海に浸かる様子は、なんとも不思議な光景です。

一支国博物館は黒川紀章氏のデザインです ©長崎県観光連盟
はらほげ地蔵画像提供©壱岐市観光連盟

玄界灘に面する港町・唐津に2連泊

 壱岐からフェリーで佐賀県・唐津へ向かいます。古代から唐などの大陸への玄関口として栄えた唐津は、日本列島と朝鮮半島の長い交流の歴史を物語る名護屋城址博物館や、唐津のシンボル唐津城やその城下町など、歴史的な見どころが点在しています。また、唐津が石炭の積出港として繁栄した、明治時代に建設された旧唐津銀行(現辰野金吾記念館)も見応えがあります。3日目には、唐津の近郊にある呼子朝市の散策にご案内します。大正時代から歴史が続く日本三大朝市の一つで、 獲れたての魚介や加工品、野菜を売る露店が並ぶ朝市通りのそぞろ歩きをお楽しみ下さい。朝食には、呼子のイカをご用意致しました。

唐津城
呼子のイカ(イメージ)©唐津観光協会
博多港から壱岐までを約1時間で結ぶジェットフォイル。

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田空港11:35発 福岡空港13:30着 博多港15:45発 (ジェットフォイル)壱岐・郷ノ浦16:55着

ご自宅から最初の宿泊地まで無料でお荷物を託送します。
■各地より福岡空港へ。
■福岡空港着後、博多港に移動します。
■博多港よりフェリーにて壱岐・郷ノ浦へ。
■郷ノ浦着後、ホテルにチェックイン。

(壱岐・郷ノ浦)

2日目
壱岐・郷ノ浦 壱岐・勝本 海里村上 壱岐・院通寺15:30発 唐津17:10着

■終日、壱岐の観光へ。
■勝本の朝市、はらほげ地蔵にご案内。
■昼食はオーベルジュ「海里村上」にて。
■午後、一支国博物館を見学。
■その後、印通寺港より唐津港へ。
■夕食はイタリアン、ワイズキッチンにて。

(唐津泊)

3日目
唐津 呼子 唐津 和食・ひら田

■朝、バスにて呼子へ。呼子朝市を散策。
■名物のイカを食堂でいただきます。
■その後、日本と朝鮮半島との交流の歴史を展示する名護屋城址博物館へ。
■午後、自由行動です。
■夕食は和食・ひら田にて和懐石

(唐津泊)

4日目
唐津09:00発 福岡空港13:20発 羽田空港15:00着

■午前、唐津神社、唐津城、辰野金吾記念館を訪れます。
■その後、バスにて福岡へ。
■福岡空港より各地へ。

※上記は10月13日(水)出発、羽田空港発着の日程です。11月8日(月)出発、福岡空港発着につきましては、行程が異なります。▶こちらをご覧ください。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
10月13日(水)発

旅行代金:¥185,000

羽田空港発着

11月8日(月)発

旅行代金:¥178,000

【追加設定】

10名様限定、福岡空港発着
パンフレットダウンロードはこちら

※1名室利用追加料:¥30,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

※現地合流離団:福岡空港または博多港合流/福岡空港離団 旅行代金から¥25,000引きとなります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111