夏の特別企画 日本一天空に近いホテルに泊まる特権

絶景の千畳敷ホテルと伊那谷 秘境鉄道の旅【4日間】

  • 集合場所:東京駅、新大阪駅
  • 出発日: 7月5日(月) 、 8月30日(月) 、 9月6日(月) 、 9月7日(火) 、 9月8日(水) 、 9月13日(月)
  • 旅行代金:¥168,000

ツアーコード: JP847T

パンフレットダウンロード

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
南アルプスの眺望を望む唯一無二の絶景「千畳敷ホテル」に宿泊。観光客の上がる前の静かな千畳敷カールを楽しみます。
Point 2
絶景で有名な飯田線の秘境ルートを「順光」の時間帯に合わせて乗車します。
Point 3
「日本のチロル」と称される天空の村「下栗の里」を俯瞰するビューポイントへご案内します。

ツアープランナーより

宝剣岳(2931m)を中心に、木曽駒ヶ岳(2956m)、中岳(2925m)など3000m級が取り囲む、氷河に削りとられた椀型の形状が「千畳敷カール」。2612mのホテル千畳敷は、予約困難の人気の宿ですが、コロナで外国人客が来ない今シーズンはめったにない宿泊のチャンスです。目の前にそそり立つ大絶景を見上げながら遊歩道散策(初心者向け)は、夕方と早朝の下からの日帰り客が居ない時間帯は、僅かな宿泊客だけが独占できる特権です。もうひとつ、ロープウェイ数時間待ちの長蛇の列とは、上りも下りも逆時間帯ですので、大混雑を横目で見ながらの無駄のない余裕のスケジュールでのご案内です。東正面には、南アルプス連峰が見渡せます。日本2位の北岳(3193m)、3位の間ノ岳(あいのだけ、3190m、北アルプスの奥穂高と同位)、6位悪沢岳(3141m)、7位赤石岳(3110m)などが、南北に長い壁のように立ちはだかり、そのさらに背後には、富士山の堂々たる姿も見ることができます。
この度は、絶景の千畳敷ホテル宿泊にあわせ、伊那谷の魅力をつぶさにご紹介いたします。急峻な山々に挟まれた豊かな自然の残る天竜峡谷をじっくりとお楽しみください。

見どころのご紹介

日本最高所のホテル、絶景の千畳敷ホテルに宿泊

標高2612メートル。千畳敷ロープウェイの終着駅に隣接する千畳敷ホテル。中央アルプスの絶景の地、千畳敷カールに位置する、日本で唯一無二のホテルです。客室数はわずかに13室、例年団体宿泊は難しい宿を、現地の協力のもとベストシーズンに確保することができました。駒ケ根のしらび平駅からロープウェイで僅か7分。高度を上げるにつれ、南アルプスの峰々や中央アルプスの荒々しい頂が間近に迫ります。天候によっては雲海が出ることも。客室やロビーからは南アルプスや千畳敷カールの絶景を望むことができます。観光客がロープウェイで上がる前の千畳敷カールは宿泊者だけの特権。静かな環境のなかで千畳敷散策をお楽しみください。天気が良ければ満点の星空が夜空を覆う絶景に出会えるかも知れません。

大絶景の千畳敷カールに建つ千畳敷ホテル
花咲く千畳敷を観光客が訪れる前に散策
ホテルから南アルプスと富士山を眺望する

絶景の秘境鉄道「飯田線」を楽しむ

鉄道愛好家が選ぶ「日本の秘境駅ランキング」トップ100に、常に10駅程度がノミネートされる秘境駅の多い鉄道、飯田線。天竜川の渓谷を背景に、ポツンポツンと昔ながらの小さな駅舎が現れる様子は、昭和の時代のノスタルジックな鉄道風景を思い出させてくれます。緑豊かな天竜川の渓谷も美しく、乗車中、カメラから手を離すことができないほどです。今回はより車窓から美しい風景がご覧いただけるよう、天竜渓谷側の風景が順光となる午前中の乗車といたしました。流れる車窓から絶景をお楽しみください。「湯谷温泉」で途中下車し、天竜峡を望む絶景の温泉宿にも宿泊します。2日間に分けて飯田線の絶景をお楽しみいただきます。

秘境鉄道飯田線は、1日に2本のワイドビュー伊那路に乗車します
途中駅では若干の停車時間があり、下車して写真を撮ることも

秘境の天空の村、「下栗(しもぐり)の里」を訪ねる

天竜峡に続く南アルプスの西麓の高原に、日本に残る数少ない秘境、遠山郷があります。山の斜面にへばりつくように造られた断崖の村が点在する美しい風景が展開します。「日本のチロル」、「天空の村」と表現されるほどの絶景の地、遠山郷「下栗の里」へ。少人数ツアーだからこそ実現した、マイクロバスでしか入れない山懐を訪問します。

天空の里「日本のチロル」と言われる下栗の里

2019年開業。話題の「天竜峡そらさんぽ」も訪れます

2019年に一部開通した三遠南信自動車道の天竜峡大橋に出来た観光施設「そらさんぽ」天竜峡の迫力の景観を橋の下に造られた歩道橋から眺めることができます。眼下には飯田線も走り、迫力の景観をお楽しみいただくことができます。そらさんぽと共に、天竜峡くだりなど様々な角度から絶景をお楽しみいただく行程といたしました。

話題の天竜峡「そらさんぽ」
天竜峡くだり

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
東京・新大阪12:30頃発 豊橋駅14:42発 (飯田線) 湯谷温泉15:47着

■東京・新大阪より新幹線にて豊橋へ。

■午後、豊橋駅にて鉄道を乗り換え、飯田線にて湯谷温泉へ。

(湯谷温泉泊)

2日目
湯谷温泉10:53発 天竜峡12:24着 (下栗の里) 天竜峡(飯田)16:00着

■午前、湯谷温泉より飯田線のハイライト区間を天竜峡へ

■午後、日本のチロルと言われる下栗の里へ

■その後、ホテルにご案内します。

  (天竜峡または飯田泊)

3日目
天竜峡(飯田)09:00発 (天竜峡下り・そらさんぽ) 駒ケ根 千畳敷ホテル15:00着 (千畳敷カール)

■午前、天竜峡にて絶景の「そらさんぽ」や天竜峡下りを楽しみます

■その後、駒ケ根へ。駒ケ根にて光前寺に参拝。

■昼食後、乗り合いバスとロープウェイを乗り継ぎ、千畳敷ホテルへ。

■チェックイン後、千畳敷カールの散策にご案内します。

(千畳敷:千畳敷ホテル泊)

4日目
千畳敷カール早朝散歩 千畳敷ホテル09:30発 駒ケ根 諏訪湖畔 塩尻駅14:30頃

早朝、観光客のいない時間帯に千畳敷散歩を楽しみます。ホテル宿泊者だけの特権です。

■その後、ロープウェイと乗り合いバスにて下山。

■その後、バスにて下諏訪へ。

■諏訪大社下社秋宮や下諏訪宿を散策。

■午後、塩尻駅に移動し、解散。

(名古屋、大阪方面へは特急しなので、大宮、東京方面へは特急あずさで。)

 

 

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
7月5日(月)発

旅行代金:¥168,000

※東京駅発

8月30日(月)発

旅行代金:¥168,000

※東京駅発

9月6日(月)発

旅行代金:¥168,000

※新大阪駅発

9月7日(火)発

旅行代金:¥168,000

※東京駅発

9月8日(水)発

旅行代金:¥168,000

※東京駅発

9月13日(月)発

旅行代金:¥168,000

※東京駅発

※1名室利用追加料:¥30,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。

現地合流プラン:豊橋駅合流/塩尻駅離団 ¥9,000引き

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111