美食と絶景のコラボレーション

駿河湾の絶景ホテル 淡島ホテルとオーベルジュ オー・ミラドーの旅【3日間】

  • 集合場所:名古屋駅※小田原駅合流/三島駅離団可能
  • 出発日: 10月7日(月)
  • 旅行代金:¥218,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
駿河湾の洋上に浮かぶ絶景のラグジュアリーホテル「淡島ホテル」に宿泊。
Point 2
淡島ホテルではホテル内のコンサートホールにてプライベートコンサートも楽しみます。
Point 3
伝説のシェフ勝又登さんのオーベルジュでディナーと宿泊を楽しみます。

ツアープランナーより

駿河湾上に浮かぶ淡島。その北岸に、海を挟んで富士山と正対する全室スイート仕様の淡島ホテルがあります。銀行のVIPを迎える特別なホテルとして開業し、ホテル内にコンサートホールやアートギャラリーも有するラグジュアリーな空間が広がっています。今回は、淡島ホテルに宿泊し、ワールド航空サービスのお客様だけの特別コンサートも鑑賞するプログラムといたしました。また、前日には箱根のオーベルジュ オー・ミラドーに宿泊。日本に「オーベルジュ」や「ビストロ」スタイルを伝え、広めた伝説のシェフ勝又登さんのディナーを宿泊と共にお楽しみいただきます。併せて古代~中世美術の岡田美術館、近代絵画の成川美術館、そして現代アートを代表する杉本博司氏が手掛ける江之浦測候所を訪れます。

見どころのご紹介

専用船でしか行かれない 海のリゾート「淡島ホテル」

駿河湾、沼津の沖にポッカリと浮かぶ「淡島ホテル」。1991年に東京相和銀行のVIPを迎える会員制宿泊施設としてオープンし、現在は企業や一部の団体を受け入れて運営されている知る人ぞ知る無人島リゾートです。専用船でしか訪問できない立地のため、周囲は360度駿河湾の絶景。そして北正面には富士山を望む絶景の地に建てられています。客室は全室オーシャンフロントのスイート仕様です。

駿河湾に浮かぶ無人島リゾート「淡島ホテル」(イメージ)
「淡島ホテル」ロビー(イメージ)
国内外の美術品が並ぶ淡島ギャラリー(イメージ)

オーシャンフロントのバルコニー付きスイートルームに宿泊

宿泊する客室は海を見渡すバルコニーとリビングを有し、独立したベッドルームも完備するスイートルーム(59㎡)です。バルコニーからは駿河湾越しの富士山をご覧いただくことができます。客室のバスタブからも海をご覧いただける開放的なつくりです。離島という立地を最大限に生かしたホテルライフをお楽しみいただけます。夕食はホテルのフレンチレストラン「アイランド」にてお召し上がりください。

スタンダードスイート客室(イメージ)
スタンダードスイートバスルーム(イメージ)
伊豆産地の新鮮な食材を使ったフレンチコース(イメージ)
フレンチレストラン「アイランド」

夕食前にはホテル内の音楽ホールにてプライベートコンサートも

音楽ホール オデッセイ

ホテルの宿泊にあわせ、夕食前にはプライベートコンサートも実施いたします。タンゴ・シャンソン歌手として全国のコンサートに出演しているなかにし陽子さんをお招きし、ピアノと歌のひとときをお楽しみください。

なかにし陽子さん

なかにし陽子さん プロフィール

タンゴ・シャンソン・ラテン・ポピュラーなど幅広いレパートリーを持ち、愛を歌うシンガーとして全国で活躍。シャンソンでは各地のパリ祭に出演し、美輪明宏氏ほかと共演。タンゴでは本場アルゼンチンに何度も渡り、ブエノスアイレスのサン・マルティン劇場でリサイタルを開催。アルゼンチンタンゴの巨匠「カルロス・ガルシア」「ノルベルト・ラモス」とのジョイントコンサートにも参加。ラジオ番組のパーソナリティやシンガーソングライターとしても活躍。1991年度都市文化奨励賞、1997年大衆文化賞受賞。

勝又登シェフの伝説のオーベルジュ「オーベルジュ オー・ミラドー」

伝説のシェフ 勝又登さん

シェフ自慢の地元の食材をつかった料理を自然の中でじっくりと味わい、その至福の心地のままに宿泊するスタイル。フランスの貴族の館を起源とする「オーベルジュ」は、今でこそ日本各地に存在し、各地の食文化の質を高めています。そのオーベルジュスタイルを日本で初めて導入し、日本に広めたのが「オーベルジュ オー・ミラドー」です。オーナーシェフの勝又登さんは1969年に渡欧し、オランダの日系ホテルに勤務後、パリやニースで修業を積みました。修業のなかで出会ったのは、パリのカジュアルな居酒屋風レストランや、地方の豊かな自然を生かした料理を出すレストランなど、多彩なフレンチのあり方。帰国後はパリの街角にあるような気取らないレストラン「ビストロ・ド・ラ・シテ」をオープン。日本でのビストロブームの寵児となりました。

そんな勝又シェフが理想としたのが、自然の中に身を置き、その地で採れる食材を利用した食を楽しみ、心身ともにリラックスする空間です。フランスのオーベルジュにその姿を見出した勝又シェフは、1986年、箱根、芦ノ湖のほとりに日本初のオーベルジュ「オーベルジュ オー・ミラドー」を開業させたのです。その後は全国に増えたオーベルジュの協会を理事長として束ねるなど、日本のオーベルジュ文化の中心人物として活躍。「伝説のシェフ」とも呼ばれる存在になりました。

箱根や伊豆の生産者から届く新鮮な食材(イメージ)

伝説のシェフの理想郷でいただく自慢のフレンチコース

オーベルジュ オー・ミラドーは、芦ノ湖遊覧船が発着する湖の北端、桃源台にほど近い自然豊かな地に位置します。4000坪という広大な敷地には、南仏をイメージした本館、ボルドーのワインシャトーを思わせるパヴィヨン棟、アジアの風情漂うバリフレンチのコロニアル棟の3棟が並びます。敷地からは芦ノ湖や富士山を望み、自然と食、宿泊施設をはじめ、エンターテインメントを楽しめる場など、オーベルジュそのものがひとつの村のような雰囲気を醸し出しています。今回は、趣きの異なるパヴィヨン棟、コロニアル棟を確保し、宿泊でご案内させていただきます。勝又シェフのディナーをじっくりとお召し上がりいただいた後は、宿泊してごゆっくりお過ごしください。箱根らしく、温泉やスパ施設も併設しています。

ボルドーのシャトーを思わせるオーベルジュ オー・ミラドーのパヴィヨン棟
勝又シェフ渾身のディナーコースをご用意(イメージ)
素材を活かしたコースメニューをじっくりとお召し上がりください(イメージ)
店内(イメージ)

現代美術作家・杉本博司が手掛けた江之浦測候所

ミカン畑が広がる根府川の海沿いの地に現れる江之浦測候所。ここは日本を代表する現代美術作家・杉本博司氏が自ら構想・設計を手掛けた巨大なアートスポットです。古代から近代までの日本の建築遺構から収集された考古遺産(千年を超える屋久杉の天板、明月院正門、平安時代の日吉大社の礎石、鎌倉時代の塔)等が配されています。完全予約制ですが、今回確保できましたのでご案内させていただきます。※画像の季節感は異なります。

室町時代に鎌倉の建長寺派明月院の正門として建てられた「明月門」 ©小田原文化財団(画像の季節は異なります)

日本美術の粋をじっくりと 箱根の2つの美術館を訪問

多くの美術館が点在する箱根。今回は中でも日本美術の粋を味わえる2つの美術館にご案内します。平山郁夫をはじめとする近代日本美術を多く収蔵する成川美術館は芦ノ湖や富士山を見渡す展望ラウンジからの景観でも知られています。岡田美術館は東洋美術の豊富なコレクションが魅力の美術館。この時期は東海道五十三次をテーマに広重や若冲、応挙などの展示や、源氏物語にちなんだ絵画や工芸などの展示をご覧いただけます。

日本画や東洋美術コレクションの豊富な岡田美術館

富士屋ホテル「旧御用邸 菊華荘」でのランチ

格式溢れる「旧御用邸 菊華荘」

2日目のランチは、富士屋ホテルの和のレストランにてご用意しました。「旧御用邸 菊華荘」はその名の如く明治28年、皇室の宮ノ下御用邸として造営された由緒ある純日本建築の建物を利用したレストラン。お食事と共に風情ある建築や庭園観賞もお楽しみいただけます。

ツアー日程

3日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
名古屋駅09:31発 小田原駅10:39着 江之浦測候所 オーベルジュ オー・ミラドー

■名古屋駅より新幹線にて小田原駅へ。

■小田原駅着後、●江之浦測候所を見学します。

■その後、●成川美術館に立ち寄り、オーベルジュ オー・ミラドーへ。

■夕食は勝又シェフのスペシャルディナーをお召し上がりください。

(箱根:オーベルジュ オー・ミラドー泊)

2日目
オーベルジュ オー・ミラドー 岡田美術館 富士屋ホテル(旧御用邸 菊華荘) 淡島ホテル

■朝、ホテルを出発し、●岡田美術館を見学します。

■その後、富士屋ホテルの和食処、旧御用邸 菊華荘にてランチ

■その後、沼津郊外の淡島ホテルへ。

■夕食前、ホテル内のホールにてプライベートコンサートをお楽しみください。

■夕食はホテル内のフレンチレストラン「アイランド」にて。

(淡島ホテル泊)

3日目
淡島ホテル 修善寺 三島駅13:46発 名古屋駅15:01着

午前、ホテルを出発し、修善寺(●修禅寺、○指月殿)へ。

■午後、三島駅より名古屋駅へ。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは3日間のコースです。

出発日 旅行代金
10月7日(月)発

旅行代金:¥218,000

※1名室利用追加代金:¥25,000
お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

現地合流プラン:小田原駅合流(出発) 三島駅離団(帰着) ご旅行代金より¥17,000引き

 

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111