増毛、小平町の北海道遺産もめぐる

野鳥の楽園・天売島(てうりとう)と焼尻島(やぎしりとう)の旅【5日間】

  • 集合場所:羽田空港
  • 出発日: 7月5日(月) 、 7月11日(日)
  • 旅行代金:¥238,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
秘島の焼尻島、天売島へ、100万羽の鳥が棲む夏に訪ねます
Point 2
北海道遺産のある小平(おびら)と増毛へご案内します
Point 3
締めくくりは小樽。老舗フレンチでの昼食もお楽しみいただきます

ツアープランナーより

北海道にはまだまだ広く知られていない見どころがあります。この新企画では、絶滅危惧種のオロロン鳥(ウミガラス)やウトウなど、初夏から夏にかけ100万羽ともいわれる野鳥が飛来する鳥の楽園・天売島、オンコ(イチイ)の原生林が茂る自然豊かな島・焼尻島にそれぞれ1泊し、その魅力に迫ります。
また北海道遺産を擁する小平(おびら)、増毛を訪ねて日本海沿岸を走るオロロンラインを南下して小樽を目指します。
北海道が見せてくれる自然の神秘と絶景、歴史浪漫薫る町をめぐっていきます。

見どころのご紹介

天売島(てうりとう)へ 100万羽の野鳥が飛来する鳥の楽園

天売島は羽幌町の沖合30キロに浮かぶわずか6平方キロの島です。人が暮らすのは東側で、西側は春から夏にかけて鳥の繁殖地に。その数、人口500人ほどに対し鳥は8種100万羽が飛来します。天売島だけで繁殖する絶滅危惧種オロロン島や真っ黒な体に赤足のケイマフリ、ウトウは80万羽の世界最大のコロニーを形成します。夕暮れ、ヒナにエサを与えるために海でとらえた小魚をくわえて、一斉にウトウの親鳥が巣に戻ってきます。空を飛び交うウトウの姿は圧巻。地球の神秘を見るようです。

天売島のシンボル、赤岩。ウトウなどが巣を作っています ©羽幌町観光協会
ペンギンに似た絶滅危惧種オロロン島(ウミガラス) ©羽幌町観光協会 
赤い足が目印のケイマフリ 

焼尻島(やぎしりとう)へ 5万本のオンコが自生する手つかずの島

天売島の東に浮かぶ焼尻島は、島の3分の1を原生林が覆う手つかずの自然に恵まれた島。5万本ともいわれるオンコ(方言でイチイのこと)が自生し、国の天然記念物に指定されています。また、世界一の羊肉とも評されるサフォーク種が放牧される、羊の島としても知られます。

焼尻島のオンコの森 
サフォーク種の羊が放牧されています

北海道遺産唯一の歴史的建造物群を擁する増毛へ

かつて増毛はニシン漁で栄華を極めた町です。ニシン御殿が軒を連ね、今も当時の賑わいを伝える家並みが残されています。宿泊は「オーベルジュましけ」に。夕食には増毛出身の三國清三シェフ監修のメニューをお楽しみいただきます。また小平町にも北海道遺産、道内最大規模の番屋(ニシン漁の網元の住居兼漁業施設)が見られます。

ニシン漁で富を得た本間家の旧本家(国重要文化財)
日本最北の酒蔵といわれる国稀酒造も本間家の家業
「オーベルジュましけ」には三國シェフの記念館も

小樽ではかつての栄華も偲ばせる「小樽芸術村」へ  

小樽もまたニシン漁、そして石炭の積み出し港として大いに栄えた町でした。その賑わいの跡を小樽芸術村に見ることができます。美術館になっているのは、20世紀前半に建造された4つの建物です。そこにガレやラリックのアール・ヌーヴォーのガラス作品、横山大観や藤田嗣治など、日本や世界の優れた美術品や工芸品を展示しています。

旧三井銀行小樽支店が小樽芸術村の美術館に ©小樽芸術村
エミール・ガレの作品を鑑賞できます ©小樽芸術村

ツアー日程

5日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田空港07:45発 旭川空港09:25着 羽幌13:00着 天売17:00着

午前羽田空港より航空にて旭川空港
■着後、専用バス留萌目指着後ロロンライン走り羽幌
■昼食甘エビ水揚げ量日本一を誇る羽幌にて、甘エビ丼をお召し上がりいただきます。
■午後フェリーにて天売島
■着島内観光ご案内野鳥帰巣姿バードウォッチングす。
■宿泊宿す。

(天売島:島の宿大一泊)

2日目
天売06:00発 焼尻17:00着

早朝、活発時間帯ネイチャーガイドードウォッチング案内オロロンケイマフリノゴマ野鳥や、季節の花々混載ツア場合
午前フェリーにて焼尻へ。
到着後専用バス焼尻観光へ。現地ガイド牧場や、オンコ原始林散策
■夕方、布目旅館

焼尻島:布目旅館/磯乃屋泊)

3日目
焼尻10:50発 羽幌11:10着 小平 増毛15:30着

午前、フェリーにて羽幌
■着後、羽幌の海鳥センターにご案内します。

後、バスにてオロロンラインり、小平にある重要文化財、旧花田家番屋
■その後、増毛に到着。
旧増毛駅歴史建築立ち並歴史散策国稀酒蔵訪問
■宿泊オーベルジュましけ
■夕食は、ミシュラン3つ星シェフ三國シェフ監修のフレンチをお楽しみください。

増毛オーベルジュ泊)

4日目
増毛09:00発 小樽12:30着

午前、増毛海岸線南下トンネル日本海景勝ドライブ小樽目指
午後、小樽は、小樽芸術村案内

小樽:セントホテル泊)

5日目
小樽午後発 新千歳空港16:30発 羽田空港18:10着

午前、自由行動。運河クルーズ堺町散策さい
昼食小樽迎賓館的存在、料亭「召し上
午後専用バス新千歳空港
航空機羽田空港着後解散。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは5日間のコースです。

出発日 旅行代金
7月5日(月)発

旅行代金:¥238,000

7月11日(日)発

旅行代金:¥238,000

※1名室利用追加料:¥40,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111