新緑の季節に乗りたい、北信州の2つの観光列車に乗車

えちごトキめき鉄道「雪月花」とワインバレー列車の旅【4日間】

  • 集合場所:新宿駅※松本駅合流/長野駅離団可能
  • 出発日: 5月9日(木)
  • 旅行代金:¥208,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
個人でも席を予約するのが難しいと言われる、人気のレストラン列車「雪月花」に乗車します。
Point 2
もう一つの観光列車、長野電鉄の「ワインバレー列車」にも乗車します。
Point 3
旅の前半は、北アルプス山麓の白馬に滞在。後半はりんご畑が点在する千曲河畔と東山魁夷の作品に出合います。

ツアープランナーより

人気の観光列車、えちごトキめき鉄道の「雪月花」と、長野電鉄の「ワインバレー列車」に乗車しながら、北信州の美しい風景を旅します。全国の観光列車の先駆けとなり、今でも予約するのが難しいレストラン・トレインが、えちごトキめき鉄道の「雪月花」です。老舗料亭の昼食を味わいながら、前半は日本海、後半は妙高高原の山々と、変化に富んだ車窓風景も好評です。もう一つの「ワインバレー列車」は、長野電鉄の観光列車。周辺にはりんご畑と、ワイナリーが点在。千曲川周辺の風景を眺める旅となります。車両は懐かしい小田急のロマンスカーを利用しています。旅の前半は、北アルプス山麓の白馬に滞在。後半は、東山魁夷のコレクションで知られる、リニューアルされた長野県立美術館と併設の東山魁夷館を訪ねます。

見どころのご紹介

予約が至難のレストラン列車「雪月花」に乗車します

JR九州の「ななつ星」とともに、地方鉄道で観光列車の先駆けとなったのが、えちごトキめき鉄道の「雪月花」でした。天井の一部まで大きく取られた窓から、上越妙高の山々の景色や日本海沿岸の風景などをのんびり眺めながら、列車は進んでいきます。
「雪月花」のもう一つの楽しみが、車内でのお食事です。乗車する午後便は和食のメニューで、上越高田の「百年料亭 宇喜世」と、糸魚川市能生の「割烹 汐路」が交代で担当します。旬の上越の食材を活かした、ランチをお召し上がりいただきます。

雪月花 前半は日本海を、後半は妙高高原の山々が楽しめます(イメージ)
車内ではアテンダントが親切にサービス(イメージ)
大きな窓から、車窓風景を楽しめます(車両の内装は異なる場合があります。)(イメージ)

信濃平を走る懐かしの車両も楽しみ。ワインバレー列車

長野を起点に信濃平に路線を広げる長野電鉄の観光列車が、ワインバレー列車。沿線のぶどう畑で造られた信濃ワインを飲みながら、湯田中温泉までの車窓の景色を目にすることができます。列車は、かつて小田急のロマンスカーとして活躍した懐かしの車両です。りんご畑の広がる千曲川周辺の風景もお楽しみください。

かつての小田急ロマンスカーが活躍しています(イメージ)
地元の食材を中心としたお弁当とワインを楽しみながら
(イメージ)

塩の道・千国街道をローカル鉄道・大糸線で糸魚川へ

日本海に望む糸魚川から松本へは、「塩の道」と呼ばれた千国街道が通っていました。善光寺や諏訪大社へ続く信仰の道でもなく、大名行列が通る街道でもない細い商人の道です。上杉謙信が仇敵の武田信玄へ塩を送ったのもこのルートだという説もあります。また、翡翠が出土した糸魚川から中部高地(長野・山梨)へ続くこの道は、遥か昔の縄文時代にはすでに存在し、別名「翡翠の道」とも呼ばれています。この街道筋を、姫川沿いに走るのが大糸線。南小谷駅から糸魚川まで約1時間のローカル鉄道に乗車します。

塩の道・千国街道 ©白馬村観光局

北アルプスの絶景が広がる「白馬マウンテンハーバー」

注目を集めるのが、白馬岩岳の山頂付近にオープンした絶景テラス「白馬マウンテンハーバー」です。標高1289メートルにあるアルプスを望む特等席で、白馬三山を正面に見据え、晴れた日には2019年に氷河認定された「唐松沢雪渓」などもご覧いただけます。 麓からゴンドラリフトで一気に山上へ。そこでは遊歩道が整備され、気軽に北アルプスの絶景を望むことができます。

白馬を代表する展望台 白馬マウンテンハーバー(イメージ)
北アルプスの絶景が楽しめます(イメージ)

リニューアルされた長野県立美術館、東山魁夷館を見学

長野のシンボルとなっている善光寺のすぐ近くにある長野県立美術館。2021年4月に新しく生まれ変わり、オープンしました。併設されている東山魁夷館は、長野を愛し多くの風景を描いた東山魁夷の国内有数のコレクションを誇ります。

斬新な建築も楽しみな長野県立美術館
長野を代表する善光寺

レストラン列車「雪月花」と共に各地の味覚も楽しみ

「レストラン列車」として、評判の高い「雪月花」での食事とともに、各地の味覚もお楽しみいただけるようにいたしました。白馬では毎回好評いただいております、「神楽坂 石かわ」監修の、地元の食材にこだわった料理をレストラン「雪峰」でお楽しみいただきます。

毎回好評な白馬のレストラン「雪峰」(料理内容は季節によって異なります(イメージ)
雪月花の車内では料亭監修の料理が楽しめます(料理内容は季節によって異なります(イメージ)

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
新宿駅10:00発 松本駅12:37着 安曇野 白馬17:00着

■新宿駅より、JR特急にて松本駅へ。

■着後、北アルプス山麓に広がる安曇野を訪ねます。

安曇野を代表する風景●わさび田や、ピカソ、シャガールの後、フランス画壇を支えるジャン・ジャンセンの作品を集める●安曇野ジャンセン美術館を訪ねます。

■その後、仁科三湖の風景を車窓から楽しみながら、白馬へ向かいます。

【2連泊】(白馬泊)

2日目
白馬 (白馬マウンテンハーバー) 白馬 (レストラン雪峰)

■午前、北アルプスの絶景を望む展望台、白馬岩岳マウンテンリゾートへ、ゴンドラに乗って訪れます。

北アルプス山麓を望む絶景展望台、●白馬マウンテンハーバーを訪れます。

昼食は、山上のレストランにて、お楽しみください。

■午後、自由行動。

夕食は、ミシュランの星獲得の「神楽坂 石かわ」監修のレストラン「雪峰」にてお楽しみいただきます。

(白馬泊)

3日目
白馬08:00発 南小谷駅10:04発 (大糸線) 糸魚川駅11:03着 (フォッサマグナ・ミュージアム、谷村美術館、玉翠園「レストラン列車」として、評判の高い「雪月花」での食事とともに、各地の味覚もお楽しみいただけるようにいたしました。白馬では毎回好評いただいております、「神楽坂 石かわ」監修の、地元の食材にこだわった料理をレストラン「雪峰」でお召し上がりください。 糸魚川駅13:59発 (雪月花) 妙高高原駅15:58着 妙高高原駅16:41発 長野駅17:25着

■午前、白馬より旧千国街道(塩の道)に沿って南小谷駅へ。

■南小谷駅から糸魚川駅まで、絶景のローカル線、大糸線普通列車の旅を楽しみます。

糸魚川では、●フォッサマグナ・ミュージアム、●谷村美術館、○玉翠園を見学します。

■午後、糸魚川駅より、ちごトキめき鉄道のレストラン観光列車「雪月花」の旅を楽しみます。車内でこだわりのお食事を楽しみながら、妙高高原へ。日本海の海風景、妙高高原の山並み、日本でも珍しくなったスイッチバック駅など、変化に富んだ車窓風景をお楽しみください。

■妙高高原駅より、しなの鉄道・普通列車に乗り換え、長野駅へ向かいます。

(長野泊)

4日目
(東山魁夷館) 長野駅13:08発 (ワインバレー列車) 湯田中駅14:32着 長野駅16:24発 東京駅18:12着

■午前、長野を代表する●善光寺と、善光寺に隣接するリニューアルされた●長野県立美術館を訪ねます。信州の作品を多く残した●東山魁夷館も楽しみです。

■午後、長野駅より長野電鉄の観光列車「ワインバレー列車」にて湯田中駅へ。途中には、りんご畑や千曲川の風景が楽しめます。
車両は、かつて小田急ロマンスカーで活躍した懐かしい車両です。

■乗車後、長野駅に戻ります。

■午後、長野新幹線にて東京駅へ。

ご自宅までお荷物を託送します。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
5月9日(木)発

旅行代金:¥208,000

※1名室利用追加代金:¥30,000
お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

■現地合流離団:松本駅合流(出発)/長野駅離団(帰着)   旅行代金より¥13,000引きとなります。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111