サンセットコンサートと讃岐獅子舞特別公演 春の香川特別企画

【神戸発着】早春せとうみ小豆島と知られざる“東さぬき”の旅【3日間】

  • 集合場所:神戸三宮(東遊園地前)
  • 出発日: 3月18日(月)
  • 旅行代金:¥168,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
東さぬき地方の2つの町、東かがわ市の「引田(ひけた)」、さぬき市の「志度」を訪れます。
Point 2
オリビアン小豆島夕陽ヶ丘ホテルを貸切り、サンセットコンサートを楽しみます。
Point 3
国の特別名勝、栗林公園で「讃岐獅子舞特別公演」を鑑賞。香川県の伝統文化に触れます。
Point 4
早春の瀬戸内、小豆島の魅力をたっぷりご紹介します。

ツアープランナーより

このたび、日本で一番小さな県「香川県」の良さを全国の旅好きのお客様に知ってほしい!との県の関係者の皆さんの協力を得て企画した特別プログラム満載の旅を発表します。香川県には高松より西に坂出や丸亀、善通寺、そして琴平など良く知られた町がありますが、⾹川県の東側、いわゆる東讃(とうさん)地方のさぬき市、東かがわ市はなかなか立ち寄らない所と思います。ツアーでも訪れることが少ないためあまり知られていないのですが、歴史的にも文化的にも面白い見どころがあります。このたびは高松、小豆島での特別プログラムに加えて、東さぬき地方の知られざる魅力をお届けします。関西のお客様に参加しやすいよう神戸発着のバスツアーとしましたのでぜひご参加ください。

見どころのご紹介

東さぬき地方の2つの町、東かがわ市の「引田(ひけた)」、さぬき市の「志度」を訪れます。

日本で一番小さな県「香川県」。高松より西には坂出や丸亀、善通寺、そして琴平などよく知られた町がありますが、香川県の東側、いわゆる東讃(とうさん)地方のさぬき市、東かがわ市はなかなか立ち寄らない所ではないかと思います。ツアーでも訪れることが少ないためあまり知られていないのですが、歴史的にも文化的にも面白い見どころがあります。東かがわ市の「引田(ひけた)」は、明石海峡と鳴門海峡を越えて大坂に向かう船の風待ち、潮待ちの港町として栄え、醤油醸造業や廻船業の豪商屋敷が今も残ります。今回は讃州井筒屋敷を訪ね当時の繁栄を偲ぶとともに、讃岐三白のひとつ和三盆の型抜きも体験していただきます。
また、さぬき市の「志度」は、エレキテルの発明や、土用の丑の日のキャッチコピーを考え、土用の鰻を世に広めたことで有名な江戸の奇才、平賀源内の誕生地です。源内から数えて七代目の平賀家ご当主に平賀源内旧邸を案内していただきます。

江戸時代より醤油と酒造りを行っていた商家「讃州井筒屋敷」
綿、塩とともに讃岐三白の一つ「和三盆」の型抜きも体験していただきます。(イメージ)
平賀源内旧邸を訪れます。
平賀家のご当主に案内していただきます。(注2)

オリビアン小豆島夕陽ヶ丘ホテルを貸切り、サンセットコンサートを楽しみます。

瀬戸内海を見渡す丘の上に建つ「オリビアン小豆島 夕陽ヶ丘ホテル」。この度はホテル全館をワールド航空で貸し切り、瀬戸内海を望むロビーラウンジで日本を代表するヴァイオリニストの大谷康子さんをお招きしてのサンセットコンサートをお楽しみいただきます。また、夕食はホテルオークラ東京「ヌーヴェル・エポック」で料理長も務めた高橋哲治郎さんによる小豆島の食材をふんだんに用いた特別フレンチコースをお召し上がりいただきます。

瀬戸内海を望むオリビアン小豆島夕陽ヶ丘ホテル
ホテルからの夕日は絶景。ヴァイオリンの音色と共にお楽しみください。(イメージ)
小豆島の食材を使った見た目にも美しい料理(イメージ)
香川県産のオリーブ牛(イメージ)

大谷康子

ヴァイオリン 大谷康子

プロフィール

2023年にデビュー48周年を迎え、人気・実力ともに日本を代表するヴァイオリニスト。華のあるステージ、深く温かい演奏で聴衆に感動と喜びを届けており「歌うヴァイオリン」と評される。東京藝術大学、同大学院博士課程修了。在学中よりソロ活動を始め、ウィーン、ローマ、ケルン、ベルリンなどでのリサイタル、トロント音楽祭、ザルツブルグ市などに招待され好評を得る。N響、スロヴァキアフィル、シュトゥットガルト室内楽団など国内外の著名なオーケストラとも多数共演。使用楽器はピエトロ・グァルネリ(1708製)。

国指定の特別名勝、栗林公園で「讃岐獅子舞」特別公演を鑑賞。香川県の伝統文化に触れます。

国の特別名勝に指定される「栗林公園」では、庭園の見学の後にワールド航空の特別プログラムを実施します。まずは香川の伝統芸能「讃岐獅子舞」特別公演。香川県は約800もの獅子舞が残る獅子舞王国。その種類も様々で、獅子を彩る「ゆたん」の煌びやかさ、獅子頭の勇壮さも見どころです。獅子舞公演とともに、香川県が誇る伝統工芸をご紹介。讃岐獅子舞を彩る鮮やかな「獅子舞ゆたん」でも知られる讃岐のり染「大川原染色本舗」の大川原さん、木綿糸をひと針ひと針かがることで万華鏡のような美しい模様を作り上げる「讃岐かがり手まり保存会」の荒木さんにもお越しいただき、展示と共に解説をしていただきます。

背後の紫雲山を背景にした趣深い栗林公園はガイドと共に巡ります。
勇壮な「讃岐獅子舞」、鮮やかな獅子舞用の布「ゆたん」も見どころ(イメージ)

早春の瀬戸内、小豆島の魅力をたっぷりご紹介します。

小豆島の魅力は昔ながらの懐かしい町並みや、温暖な気候を活かして行われた稲作、醤油づくりから生まれた伝統を残す風景、そして変化に富んだ表情を見せてくれる美しい自然景観でしょう。郷愁を誘う素朴な風景や瀬戸内海を背景にした穏やかな自然景観から『八日目の蝉』や『実写版・魔女の宅急便』など最近の映画の撮影地にも選ばれています。

郷愁漂う「二十四の瞳映画村」、「岬の分教場」

小豆島を一躍有名にした日本映画の名作『二十四の瞳』。今回は撮影地となった田浦地区にある「二十四の瞳映画村」や映画の中で田浦分校として登場した「岬の分教場」も訪れます。昔ながらの日本らしいノスタルジックな雰囲気に浸ってみてはいかがでしょうか。

懐かしき「二十四の瞳映画村」を訪ね映画の世界に心酔
1902年(明治35年)に建設された岬の分教場

古い町並みが残る「醤の郷(ひしおのさと)」

小豆島西南部の苗羽地区は、昔からの造り醤油店と佃煮の店が集中し、白い漆喰壁の醤油蔵が並び、醤(ひしお)の郷として保存されています。今だからこそ昔ながらの醤油づくりを大切にする小豆島の文化を感じていただける場所です。

小豆島が誇る名産品の醤油の故郷「醤の郷」を訪問
醤油づくりに使われる醤油樽

日本三大渓谷美・寒霞渓

海から標高800mにわたって大渓谷が展開し、その上に立てば小豆島の迫力のある地形と瀬戸内海の美しさに引き込まれるような絶景が広がります。また、寒霞渓は奇岩奇勝が多いことでも有名です。風雨により浸食された様々な形の岩が立ち並び、それらが渓谷のスケールを引き立てています。

奇岩奇勝を望む寒霞渓展望台にはロープウェイにてご案内(イメージ)
寒霞渓から望む瀬戸内の景色(イメージ)

ツアー日程

3日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
神戸三宮09:00発 東かがわ・引田 高松14:00着 高松港15:50発 小豆島(土庄港)16:25着

■三宮(東遊園地)に集合。

■専用バスにて明石海峡大橋を渡り、淡路島を越えて四国へ。

■讃岐三白のひとつの砂糖の産地、東かがわ市の引田へ。

■上方へ行く舟の「風待ち、潮待ちの港」として栄えた引田の見学。豪商の邸宅●讃州井筒屋敷では、和三盆の型抜きも体験していただきます。

■昼食後、高松へ。

【ワールド航空特別プログラム①】

■●栗林公園の商工奨励館にて●讃岐獅子舞特別公演。あわせて、香川の伝統工芸「讃岐のり染」職人の大川原さん、「かがり手まり」工芸士の荒木さんより解説もいただきます。

■プログラム終了後、高松港より小豆島へ。

■土庄港着、オリビアン小豆島夕陽ヶ丘ホテルへ。

【2連泊】(小豆島泊:オリビアン夕陽ヶ丘)

2日目
小豆島08:00

■小豆島の観光です。

■ロープウェイにて●寒霞渓の絶景、小豆島の伝統産業である醤油造りを知る○醤の郷(ひしおのさと)、●二十四の瞳映画村、●道の駅小豆島オリーブ公園、○エンジェルロード(外観)を見学しホテルに戻ります。

ワールド航空特別プログラム②】

●「大谷康子さんによるサンセットコンサート」をお楽しみください。

■夕食はホテルにて。ホテルオークラ東京「ヌーヴェル・エポック」前料理長、高橋哲治郎シェフによるワールドオリジナルメニューの小豆島フレンチをお楽しみください。(注1)

(小豆島泊:オリビアン夕陽ヶ丘)

3日目
小豆島10:00発 高松10:35着 志度11:30 神戸三宮16:30頃

■ホテルを出発し土庄港へ。

■船で高松港へ。

■着後、バスでさぬき市へ向かいます。

■さぬき市の志度は江戸時代の発明家、平賀源内の生誕の地です。このたびは源内から数えて7代目の平賀家ご当主のご案内で●平賀源内旧邸と●平賀源内記念館を訪ねます。(注2)

■見学後、遅めの昼食をとり神戸へ向かいます。

■神戸三宮(東遊園地)に到着。解散。

(注1)小豆島フレンチは1日目にご案内する場合もございます。

(注2)体調不良等、やむを得ない事由により平賀家当主がご案内できない場合は別のスタッフがご案内します。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは3日間のコースです。

出発日 旅行代金
3月18日(月)発

旅行代金:¥168,000

1名利用追加代金¥25,000 

朝日側洋室(36㎡)


旅行代金 ¥188,000

1名利用追加代金¥35,000

夕日側洋室(48㎡)

※お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

■オリビアン小豆島 夕陽ヶ丘ホテル:エグゼクティブフロア利用のご案内(2名様利用のみ)
テラスルーム(48㎡)利用:1室あたり追加代金:¥40,000
テラススイート(96㎡)利用:1室あたり追加代金:¥60,000

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111