【2024ゴールデンウィーク】奈良の中心地「MIROKU」に2泊

和空法隆寺とMIROKUに泊まる 斑鳩・ならまち探訪の旅・ Bコース【4日間】

  • 集合場所:京都駅
  • 出発日: 5月3日(金)
  • 旅行代金:¥198,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
斑鳩の魅力を満喫できる快適な法隆寺門前宿「和空法隆寺」に宿泊。斑鳩の魅力を楽しみます。
Point 2
語り部による法隆寺特別ツアーや、興福寺、中宮寺に奈良の美仏を訪ねます。
Point 3
円成寺、浄瑠璃寺の国宝へご案内いたします。

ツアープランナーより

聖徳太子ゆかりの地、斑鳩。古寺と自然豊かな素朴な風景は、どこか懐かしい奈良の風景を今に残しております。法隆寺を見学するだけで通り過ぎてしまうことの多い斑鳩で注目の「門前宿 和空法隆寺」に宿泊し、斑鳩の魅力を深く楽しむ旅としました。法隆寺と共に世界遺産に登録される法起寺や三重塔が美しい法輪寺などを訪ねます。そして、斑鳩から奈良にかけて、中宮寺、興福寺と奈良を代表する美仏訪問など、一味違った奈良の旅としました。また「和空法隆寺」では、和食料理の鉄人、神田川俊郎氏が創業した料亭「神田川」が監修した料理も楽しみです。 奈良では、ならまちの中心に位置するホテル「MIROKU奈良」に2連泊。好立地のホテルで、興福寺の見学などもお楽しみください。旅の最後は、浄瑠璃寺へ。浄瑠璃寺では国宝の九体阿弥陀如来坐像の修理が終わり、約6年ぶりに九体そろった姿をご覧いただけます。 (注)九体阿弥陀如来坐像は、修理が終わった後、数体は奈良・東京での博物館での展示後に浄瑠璃寺に戻る予定です。現状では12月頃に浄瑠璃寺で展示予定ですが、変更となることもございます。

立地抜群のホテル「MIROKU奈良」に連泊

奈良の中心地、ならまちのホテル「MIROKU奈良」に宿泊。奈良を愛する地元のデザイナーによるシンプルで洗練された内装で、落ち着く空間を演出。徒歩圏内には、興福寺、春日大社、ならまちなど世界遺産の数々が立ち並び、ホテルを拠点に古都をお楽しみください。

左が「ホテルMIROKU 奈良」荒池側より(イメージ)

門前宿「和空 法隆寺」に宿泊、専用ガイドの案内で法隆寺見学も楽しみます

1400年以上の歴史を誇る世界遺産「法隆寺」。この法隆寺に隣接して造られたのが、快適な門前宿「和空法隆寺」です。宿坊をイメージした落ち着いた宿で、法隆寺への観光客が帰ってしまう夕刻から翌朝にかけて、まさに静かな斑鳩の雰囲気に浸ることが出来ます。料理の鉄人神田川俊郎氏が手掛けた料亭「神田川」が監修した「門前懐石」や、宿泊者だけの「歴史トークセッション」も魅力的。そして、翌朝は観光客の少ない時間に散策と、思い出に残る宿泊になることでしょう。

宿泊ホテルからわずか1分、1400年の歴史を持つ法隆寺が佇んでいます
和空の語り部が案内する法隆寺の参拝も宿泊するからこその体験です(イメージ)
門前町の雰囲気に馴染むような落ち着いた構えの和空
和の寛ぎと洋の快適さを両立した客室(イメージ)
「一に心、二に材料、三に細工」神田川俊郎氏の心と技を引き継いだ弟子が創り上げる懐石をお楽しみください(イメージ)

法隆寺だけでない、斑鳩の魅力を紹介

斑鳩というと、法隆寺だけを訪れて通り過ぎてしまう方がほとんどですが、その周辺には1000年以上の歴史を持った寺院や自然の風景が、今も残されております。法隆寺の周りには、奈良を代表する「美仏」として知られる「菩薩半跏像」が収められる中宮寺、法隆寺と共に世界遺産となっている法起寺、そして三重塔の法輪寺と、魅力的な古寺があります。これらを訪れながら、斑鳩の風景をお楽しみください。

斑鳩を代表する、聖徳太子ゆかりの法隆寺
美しい三重塔で知られる法輪寺

奈良の「美仏」を訪ねる

斑鳩での滞在と共に、奈良の「美仏」を訪ねるプログラムにご注目ください。
法隆寺の宝物館で、飛鳥彫刻を代表する「百済観音像」を観賞した後は隣接する中宮寺へ。モナ・リザと共に世界三大微笑とも言われる「菩薩半跏像」を。そして、奈良では興福寺の国宝館に収められる、奈良の美少年「阿修羅像」を鑑賞します。

モナ・リザと共に世界三大微笑とも言われる中宮寺の菩薩半跏像
興福寺宝物殿を代表する美少年「阿修羅像」

円成寺と浄瑠璃寺 浄土式庭園が美しい「とっておき」の国宝へ

最終日は奈良、京都間に位置する「とっておき」の国宝へ。まずは柳生街道を走り、円成寺(えんじょうじ)を訪問。間近で見られる運慶初期の作品、国宝「大日如来坐像」は必見です。その後、県境を跨ぎ、京都南端、木津川の地にひっそりと建つ寺院、浄瑠璃寺へ。平安時代の浄土式庭園(蓮池を中心に伽藍を配置した庭園)を有する寺院で、阿弥陀堂、阿弥陀仏、三重塔など数多くの国宝や文化財が残る寺院です。九体阿弥陀如来坐像は5年に及ぶ保存修理が終わったばかりの今注目の国宝です。(注)

浄瑠璃寺 九体阿弥陀如来像(写真は修理前のもの)
浄瑠璃寺 国宝の本堂と、国の特別名勝に指定された庭園
円成寺 室町時代に建立された楼門と庭園

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
京都駅13:10発 大和西大寺駅13:44着 斑鳩

■午後、京都駅より大和西大寺駅へ。

■大和西大寺駅より、バスにて和空法隆寺へ。

■途中、薬師寺に立ち寄ります。

■夕刻、斑鳩の「門前宿 和空法隆寺」にチェックイン。

■夕食は、大阪北新地の名店「神田川」監修の門前懐石をご用意しました。

(斑鳩:和空法隆寺泊)

2日目
斑鳩 (法隆寺) (中宮寺) (法輪寺) (法起寺) 奈良

■朝食後、ホテルより徒歩にて、宿の専門ガイドによる「お寺の見方を変えてしまう●法隆寺ガイド見学」にご案内します

■その後、菩薩半跏像で知られる中宮寺にご案内します。

■昼食後、バスにて、○法輪寺、○法起寺にご案内します。

■見学後、バスにて奈良へ。

■ならまちの中心に位置する「MIROKU奈良」にチェックイン。

【2連泊】(奈良:MIROKU奈良泊)

3日目
奈良

■午前、ホテルより徒歩にて、○興福寺の散策にご案内します。

■昼食後、自由行動。

(奈良:MIROKU奈良泊)

4日目
奈良 (円成寺) (浄瑠璃寺) 近鉄奈良駅13:05発 京都駅13:39着

■午前、バスにて運慶初期の仏像が残る●円成寺へ。その後、浄瑠璃寺に拝観。浄瑠璃寺では国宝の九体阿弥陀如来坐像の修理が終わり、約6年ぶりに九体そろった姿をご覧いただけます。(注)
■その後、近鉄奈良駅より京都駅へ。
■京都駅にて解散。

ご自宅までお荷物を託送します。

(注)九体阿弥陀如来坐像は、修理が終わった後、数体は奈良・東京での博物館での展示後に浄瑠璃寺に戻る予定です。現状では12月頃に浄瑠璃寺で展示予定ですが、変更となることもございます。

※興福寺五重塔は2023年7月から2031年3月(予定)まで保存修理工事を行っており、一部通行止め区間がございます。五重塔は2024年1月から素屋根に覆われご覧いただけません。予めお含みおきください。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
5月3日(金)発

旅行代金:¥198,000

1名室利用追加代金¥30,000

MIROKU奈良:スタンダードルーム(25㎡)

※お1人部屋利用の場合はスタンダードダブルルーム(17㎡)となります。


 

旅行代金 ¥214,000

1名室利用追加代金¥55,000

MIROKU奈良:スーペリアルーム(34㎡)


旅行代金 ¥245,000

2名様利用のみとなります。

MIROKU奈良:ジュニアスイート(56㎡)

※お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

※料金の表示のカテゴリーはMIROKU奈良の客室となります。

現地合流離団  近鉄奈良駅合流(出発)/近鉄奈良駅離団(帰着) 旅行代金より¥2,000引きとなります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111