【2024ゴールデンウィーク】春らんまんの白馬に3連泊

安曇野から白馬へ 北アルプス山麓 春風景の旅【4日間】

  • 集合場所:松本駅
  • 出発日: 4月25日(木) 、 4月28日(日) 、 5月1日(水) 、 5月4日(土)
  • 旅行代金:¥158,000~¥168,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
一斉に春を迎え、花々が咲き乱れる北アルプス山麓に3連泊。白馬村と安曇野の美しい季節を楽しみます。
Point 2
好評いただいている専門ガイド「白馬マイスター」の説明を楽しみながら、里山の花の風景を楽しみます。
Point 3
白馬の老舗ホテル「樅の木ホテル」に3連泊。お食事、温泉とともに滞在をお楽しみください。

ツアープランナーより

毎年、好評いただいております「安曇野から白馬へ 北アルプス山麓の春景色」。4年目を迎え、内容をリニューアルさせての発表となりました。長い冬を終え春を迎える北アルプス山麓の安曇野から白馬にかけての一帯は、この時期一斉に春景色となり、里山の花が美しい季節を迎えます。里山には菜の花、桜、芝桜からカタクリと、平地では順番に咲く花々が、冬の長いこの地域では、同じ頃に咲き乱れるのです。それに加えて、アルプス山麓の水田には水が張られ、ゴールデンウィークの休みを利用し、家族総出で田植えを行います。この水が張られた水田に雪を頂いたアルプスの山々が映る水鏡が見られます。この美しい季節に、北アルプス山麓の春景色の絶景ポイントをきめ細かく訪れます。冠雪の北アルプスを背景にした、安曇野、白馬の春景色をゆっくりとお楽しみください。

見どころのご紹介

白馬村周辺のとっておきの春風景を巡ります

白馬というと、冬のスキー、夏のハイキングというイメージですが、白馬村が最も美しい季節は春と言われます。遅い冬が明けると同時に、桜をはじめ、菜の花、カタクリ、水芭蕉がほぼ同じ季節に花開き、まさに桃源郷となるのがこの季節です。迫力ある北アルプス連山を間近に望む白馬大橋や、雪が残るアルプスを背景にピンクの桜と吊り橋を望める大出公園、そして、塩の道と呼ばれた旧千国街道の古い民家集落、青鬼集落などを訪ねます。

※例年の花の一般的な見頃に合わせてツアーを設定しておりますが、その年の気候に左右されるため、必ずしも「見頃」をご覧いただけるわけではございません。予めお含みおきください。

桜と吊り橋と白馬三山を見渡すことができる大出公園(イメージ)
白馬大橋からのアルプスの絶景(イメージ)
重伝建の青鬼集落(イメージ)

絶景テラス「白馬マウンテンハーバー」にもご案内

この季節、まだ標高の高い山々では、スキーも楽しめる白馬周辺。山頂付近にオープンした絶景テラスへは、ゴンドラ「ノア」で標高1,289mまで一気にかけ上がります。まるで山に飛び込んでゆくようなテラスからは、2019年に氷河認定された「唐松沢雪渓」などの絶景を望めます。白銀の積雪が見られるこの季節が、最も迫力あるアルプスを楽しむことができます。

ゴンドラ「ノア」で空中散歩
白馬随一の絶景を望みます(イメージ)

2020年オープンの白馬のシンボルも楽しみ

隈研吾氏が手掛けた複合施設スノーピーク・ランドステーション白馬では、施設内のレストラン「雪峰」にて昼食をご用意しました。監修は有名レストランガイドブックで三ツ星を獲得した日本料理の名店「神楽坂 石かわ」の石川秀樹氏。シェフ自ら吟味した旬素材を使用した食事をお楽しみください。

隈研吾氏によるデザイン
「雪峰」のお食事(イメージ)

カラマツ林やブナ林に囲まれる静寂な空間。上質な「樅の木ホテル」で3連泊

白馬で上質なおもてなしを続けて40年。白馬樅の木ホテルは北アルプス麓の広大な和田野の森の中に佇む、上質な北米調のリゾートホテルです。周囲をカラマツの林、ブナ林に囲まれた環境の中、心地良く、静かな滞在をお楽しみいただけます。白馬八方温泉を引湯した、温泉露天風呂も好評です。

静かで贅沢な時間をお過ごしいただけます
世界でも希少な強アルカリ性の温泉は肌がすべすべになります
格調高いアンティーク家具で統一されたロビー

安曇野、白馬村周辺の春景色スポットを紹介

白馬村だけでなく、地元の皆様お勧めの「春景色絶景ポイント」を訪問するプログラムにもご注目ください。安曇野と白馬の間に位置する仁科三湖。湖畔の桜で知られる中綱湖や、木崎湖の東側に位置する中山高原。安曇野の絶景ポイントである、桜の大町公園や芝桜の農具川河川公園など、きめ細かく訪問いたします。そして、この季節の安曇野は水が張られた水田に雪を抱いた北アルプスが映る「水鏡」の時期。春の絶景をお楽しみください。

菜の花と桜が楽しめる、中山高原(イメージ)
中綱湖畔の桜も素晴らしい(イメージ)
安曇野 農具川河川公園の芝桜(イメージ)
水田に水を張った安曇野の春(イメージ)

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
松本駅13:15集合 中山高原 中綱湖 白馬17:00着

■各地より松本駅に集合。

■松本駅より、木崎湖の東側に位置する、菜の花と桜の競演で知られる○中山高原へ。

■その後、もう一つの桜のポイント、仁科三湖の○中綱湖へ。湖畔に咲く桜の風景を楽しみます。

■夕刻、白馬のホテルへ。

【3連泊】(白馬泊)

2日目
白馬 (白馬マウンテンハーバー) (姫川源流ウォーク) (五竜カタクリ苑)

■午前、白馬岩岳ゴンドラにて、アルプスの山々を見渡す、絶景展望台白馬マウンテンハーバーへ。雪を抱いたアルプスの絶景をご覧いただけます。

■その後、山上のカフェで昼食。

■午後は、白馬マイスターと共に「さとやま花散歩」へ。

春の花が咲く、○姫川源流のウォーキング。

■その後、カタクリの花で知られる○五竜カタクリ苑、桜とカタクリの競演が見られる○貞麟寺を訪ねます。

(白馬泊)

3日目
白馬 (大出公園) (青鬼集落) (落倉自然園)

■終日、白馬マイスターと共に、「さとやま花散歩」へ。

絶景ポイントの白馬大橋北アルプスを背景に吊り橋が印象的な大出公園里山の初春の風景が楽しめる、重伝建、日本棚田百選に選ばれる青鬼集落を訪れます。

■昼食は、毎回好評をいただいております建築家隈研吾氏デザインによる白馬の人気スポット、「スノーピーク ランドステーション白馬」のレストラン「雪峰」にて。

■午後、この季節に水芭蕉の群生が見られる○落倉自然園を訪問。

(白馬泊)

4日目
白馬09:00発 信濃大町 安曇野(農具川河川公園、穂高川桜並木) 松本駅15:30着 解散

■午前、春を迎える安曇野へ。

■背景に、雪を頂いたアルプスが広がる、安曇野の桜の名所、○大町公園へ。

■その後、芝桜の群生が見られる農具川、水を張った水田とわさび田の風景が美しい、○穂高川桜並木を訪問。

■見学後、松本駅へ。着後、解散。

ご自宅までお荷物を託送します。

※例年の桜や水芭蕉の一般的な見頃に合わせてツアーを設定しておりますが、その年の気候に左右されるため、必ずしも「見頃」をご覧いただけるわけではございません。予めお含みおきください。

※4月25日発は、白馬マウンテンハーバーへのゴンドラ運行の関係で、2日目と3日目の日程を入れ替えてご案内いたします。

※絶景ポイントまでの道路事情の関係で、マイクロバス利用となります。(長距離移動はありませんので、ご安心ください。)

※各地から松本駅までの便利な列車のご案内(ご参考)。

【東京・新宿発】
往路 新宿駅10:00発/松本駅12:37着 JR特急あずさ13号
復路 松本駅15:50発/新宿駅18:45着 JR特急あずさ44号

【名古屋発】
往路 名古屋駅11:00発/松本駅13:05着 JR特急しなの9号
復路 松本駅15:53発/名古屋駅18:07着 JR特急しなの18号

 

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
4月25日(木)発

旅行代金:¥158,000

4月28日(日)発

旅行代金:¥158,000

5月1日(水)発

旅行代金:¥168,000

5月4日(土)発

旅行代金:¥168,000

※1名室利用追加代金:¥30,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。お1人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111