人気のインド映画と宝塚のコラボが話題の公演をS席で鑑賞

宝塚星組公演とザ・ペニンシュラ東京のメインダイニングでのアフタヌーンティー【1日間】

  • 集合場所:東京駅
  • 出発日: 3月12日(火) 、 3月26日(火) 、 4月2日(火)
  • 旅行代金:¥38,000

ツアーコード: JP1692

パンフレットダウンロード

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
宝塚星組が演じるのは2022年に公開されるや大人気となったインド映画『RRR』を宝塚がアレンジした話題の公演。S席で鑑賞します。
Point 2
ザ・ペニンシュラ東京24階のメインダイニング「PETER」でのアフタヌーンティーをご用意しました。
Point 3
東京の都心の春景色を楽しむオープントップバス乗車もお楽しみください。

ツアープランナーより

2024年、宝塚は110周年のアニバーサリーイヤーを迎え、数々の話題の演目が発表されています。注目の年の宝塚大劇場最初の公演に選ばれたのが、全世界で大ヒットをおさめたインド映画『RRR』を宝塚でアレンジした公演です。宝塚の華やかさに、インド映画のエネルギーが融合した演目は必見です。今回は東京宝塚劇場でのS席を一定数確保できましたので、春の東京をお楽しみいただく日帰りプランとして設定いたしました。

見どころのご紹介

宝塚歌劇とは?

宝塚歌劇の幕開けは1914年、大正時代にさかのぼります。宝塚歌劇を創設したのは、阪急電鉄の発展に貢献し、日本初のターミナルデパート阪急百貨店の開業や、東宝グループの創設にも力を尽くした小林一三(いちぞう)氏。
小林氏は、鉄道の乗客誘致の一環として1911年に誕生した「宝塚新温泉」(宝塚ファミリーランドの前身)の拡充にあたり、室内プールを目玉にした2階建ての洋館「パラダイス」を開業。しかし、男女共泳を禁止する時代環境や、温水設備がないことなどから、夏の2ヵ月ほどで閉鎖に追い込まれます。そこで、この場所を使って余興を見せようとひらめいたのが、宝塚歌劇のはじまりです。

宝塚歌劇が多くのファンを魅了する理由の一つが、女性だけで表現される世界であること。清楚で可憐な娘役に加え、キザで格好いい男役。特に、本物の男性より「かっこいい」と思える男役の存在感は、宝塚歌劇ならでは。ちょっとした表情やしぐさ、着こなしにも注目してみてください。男役の美学、娘役のこだわりが見えてくるはずです。

宝塚歌劇の舞台は、ステージのどこに目を移しても見ごたえ十分です。それもそのはず。トップスターの歌やダンスはもちろん、全てのスターの視線や表情、動き、衣装、小道具、舞台装置、専属のオーケストラによる生演奏に至るまで、全てが作品の世界観を作るために欠かせない要素だからです。それらすべてが融合することで、日常には存在しない、夢のような空間が演出されています。

東京宝塚劇場は、宝塚歌劇の東京の拠点として1934年に完成。以来歌劇ファンの聖地となってきました。2001年にはリニューアルされ、赤絨毯とシャンデリアのエレガントな空間に生まれ変わっています。なかなか予約の取れない東京宝塚劇場のチケットをS席でご用意させていただきました。

星組公演は2022年に大ヒットした映画『RRR』を宝塚歌劇にアレンジした話題作

『RRR × TAKA”R”AZUKA ~√Bheem~(アールアールアール バイ タカラヅカ ~ルートビーム~)』

“RRR” Directed by S.S.Rajamouli and all related character and elements
©2021 DVV ENTERTAINMENTS LLP.ALL RIGHTS RESERVED.
脚本・演出/谷 貴矢   主演/礼 真琴、舞空 瞳  

星組『RRR』©宝塚歌劇団

1920年、イギリス植民地時代のインド。ゴーンド族の守護者、ビームは、圧政を敷くインド総督スコットによって連れ去られた幼い少女を救うため、立ち上がる。素性を隠しデリーへと潜入するビームだったが、少女の行方を追う中で出会ってしまったスコットの姪、ジェニーの美しく優しい姿に、恋をしてしまう。そんなビームに協力したのは、デリーで偶然出会った、強く内なる大義に燃える男、ラーマだった。二人はお互いの素性を知らぬまま、熱き友情を育んでいく。だがラーマの正体は、インド人でありながらビームを捕らえスコットへ引き渡そうと目論む警察官であった・・・。宿命に導かれた二人が進む先は、友情か?使命か?それとも愛か?
2022年に全世界で公開された大ヒット映画「RRR」。友情と使命の間で揺れ動き、ロマンスを織り交ぜながら展開が二転三転する、息もつかせぬダイナミックなドラマを、ビーム視点で再構築・新展開し、アクション部分を壮麗な舞闘に代えて、宝塚歌劇として新たに生まれ変わらせます。110周年の幕開けにふさわしい、豪華絢爛なダンシング・インドロマン・ミュージカルにどうぞご期待ください。 

ザ・ペニンシュラ東京最上階「PETER」でのアフタヌーンティーをご用意

フラッグシップホテルの「ザ・ペニンシュラ香港」をはじめ、世界中のセレブに愛される「ザ・ペニンシュラ・ホテルズ」のアフタヌーンティー。通常は1階の「ザ・ロビー」にて提供されるアフタヌーンティーですが、今回は最上階24階に位置するダイニング「PETER」にてご案内いたします。スイーツとセイボリーそれぞれ6種が並ぶアフタヌーンティーを、東京の眺望とともにお楽しみいただける優雅な午後のひとときをお楽しみください。

最上階PETERでのアフタヌーンティー(イメージ)内容は季節により変わります。
皇居を見渡すザ・ペニンシュラ東京のダイニングPETER

オープントップバスで春景色の東京を巡ります。

アフタヌーンティーの前には都心を巡るオープントップバスに乗車します。3月中旬から下旬にかけては、皇居周辺が桜に彩られる時期。2階建ての高い目線から東京の風景をお楽しみください。(皇居・銀座・丸の内方面を中心に巡るコースですが、桜の開花状況により運行ルートが異なる場合がございます。桜の開花がない場合でも同様に皇居周辺を巡るコースとなります。予めご了承ください。)

春景色の皇居周辺をオープントップバスで巡ります。(イメージ)
高い視点から都心の景観をお楽しみください。(イメージ)

ツアー日程

1日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
東京駅13:00集合 (オープントップバスで桜巡り) ザ・ペニンシュラ東京 貸切アフタヌーンティ 宝塚星組公演

■午後、東京駅に集合。(注1)

■オープントップバスにて皇居周辺の桜巡りを楽しみます。(注2)

■その後、ザ・ペニンシュラ東京最上階のメインダイニング「PETER」にてアフタヌーンティーをお楽しみください。

■その後、宝塚星組公演「RRR × TAKA”R”AZUKA」をお楽しみください。

■終演後、解散。

(会場向かいの日比谷レム後泊プランもご用意しました。)

 

 

(注1)4月2日発は東京駅12:00集合となります。
(注2)桜の開花状況によりご覧いただけない場合もございます。開花の如何に関わらず、皇居周辺を周遊するオープントップバスに乗車いたします。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは1日間のコースです。

出発日 旅行代金
3月12日(火)発

旅行代金:¥38,000

3月26日(火)発

旅行代金:¥38,000

4月2日(火)発

旅行代金:¥38,000

【後泊プラン】

3月12日発、26日発は東京宝塚劇場の正面に位置する日比谷レムの後泊プランをご用意しました。
宿泊ホテル:日比谷レム セミダブルルーム 1泊朝食付(1名利用のみ トイレ・シャワー付洋室)

(後泊追加代金)3月12日発 :¥18,000 3月26日発 :¥21,000

客室には限りがございますので、お早めにお申し込みください。

なお、4月2日発は後泊プランの設定はございません。

※添乗員は同行しません。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111