花咲く遊歩道を楽しむ

利尻・礼文とサロベツ湿原の旅【5日間】

  • 集合場所:羽田空港、伊丹空港、福岡空港
  • 出発日: 7月5日(月) 、 7月12日(月) 、 7月26日(月) 、 8月2日(月)
  • 旅行代金:¥295,000~¥315,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
礼文島に2連泊します。
Point 2
サロベツ湿原もご案内します。
Point 3
サロベツ、利尻、礼文いずれも花に詳しいガイドとともにご案内します。

ツアープランナーより

夏には約300種類の高山植物が咲き誇り、「花の浮島」として名高い礼文島に2泊、日本最北の島に堂々と構える北の秀峰、利尻山を望む利尻島に1泊し、大自然の中でのハイキングやウニ採り体験など、この季節でしか味わえない体験を盛り込んだツアーです。 また礼文島に渡る前にはラムサール条約にも登録されている、稚内南部に広がるサロベツ湿原を訪れ、どこまでも広がる北海道らしい原風景の中を散策します。晴れた日には樺太を望める日本最北端の地、宗谷岬も訪れます。 礼文、利尻、サロベツ湿原いずれにおいても、花に詳しいフラワーガイドが同行するのも旅のポイントです。

見どころのご紹介

花の浮島 礼文島に2連泊します

礼文島は稚内市の西方60kmの日本海に位置する日本最北の離島です。標高490mの礼文岳を中心に、総面積は約82キロ平方メートルの小さな島で、冬の厳しい偏西風が吹きつける西海岸には切りたった断崖絶壁が連なり、東海岸には緩やかな山並みが海へと続いています。氷河期には大陸とつながっていたこともあり、島内には多くの高山植物が生息し、年間を通しての独特な気候が、今も高山植物が生き残れる「花の浮島」を作りだしています。

江戸屋山道のトレイルコース(イメージ)
桃岩展望台コースから見える利尻富士(イメージ)©礼文町産業課
6~8月に咲くレブンソウ。寒さから身を守るために、全体が絹毛におおわれているのが特徴です。
桃岩展望台のトレイルコース(イメージ)

日本最大の高層湿原、サロベツ湿原も訪問

稚内南部に広がるサロベツ湿原訪問も、このツアーのポイントです。礼文、利尻の島と異なり北海道本土の雄大な風景を満喫できます。周辺は木道が整備され、ビジターセンターを中心に、ご自身のペースで散策を楽しむことが出来ます。礼文島、利尻島とともに、「利尻礼文サロベツ国立公園」に指定されております。

サロベツ湿原の木道(イメージ)
日本一の高層湿原としても知られています。
ノリウツギ(イメージ)
ノハナショウブ(イメージ)

花の季節にトレイルの散策へご案内します

礼文島、利尻島ともにバスで周遊しながらご案内しますが、その途中にフラワートレイルの散策を含めました。礼文島では島北部を見渡せる江戸屋山道に加え、天気が良い日は海に浮かぶ利尻島を見ながら散策を楽しむことができる桃岩展望台周辺、利尻島では、姫沼周辺にてフラワーガイドの説明とともにお楽しみください。

桃岩展望台周辺でのハイキング(イメージ)
姫沼では、天気が良ければ逆さ利尻富士の絶景に会えるチャンスも。
姫沼周辺でのハイキング(イメージ)
礼文島をはじめ各地でフラワーガイドがご案内します。

利尻島ではウニ採り体験と昆布体験に挑戦

利尻島の名物といえばウニと昆布。この度は実際に地元の漁師さんと同じ手順で、ウニ採り体験にチャレンジしていただきます。その場で割って試食することもできますので、漁師気分でお楽しみください。また全国でも有名な最高級昆布を加工したオリジナルのお土産作りもツアーに組み込みました。

ウニ採り体験(イメージ)
地元の漁師さんと同じ手順で身を取ります。
新鮮なウニをその場で試食できます。
昆布体験(イメージ)
礼文島にて、古き良き学舎を公開しているカナリアパーク
礼文島のオホーツク人が遺したマッコウクジラの歯でつくられたクマと女性像(礼文郷土資料館)
利尻島最大の湖沼、オタドマリ沼
沓形岬公園から眺める利尻富士(イメージ)
稚内~利尻島~礼文島の間を運航するハートランドフェリー
宗谷岬に立つ間宮林蔵像

地図はこちらをご覧ください

ツアー日程

5日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田空港10:35発 稚内空港12:25着 サロベツ原野 宗谷岬 稚内17:00着

■羽田空港より国内線にて稚内空港へ。
■着後、美しい利尻富士が望めるサロベツ原野のハイキングを楽しみます。
■その後、日本の最北端、宗谷岬に立ち寄りホテルへ。

(稚内泊)

2日目
稚内港11:10発 鴛泊港12:50着 利尻島17:00着

■午前、フェリーにて利尻島(鴛泊港)へ。
午後、沓形岬公園オタドマリ沼沼浦展望台、その後姫沼の散策にご案内します。

(利尻島泊)

3日目
利尻島13:15発 礼文島14:50着

■午前、神居海岸パークへ。(ウニ採り体験と昆布体験)
■昼食後、フェリーにて礼文島(香深港)に渡ります。
午後、ハイキング(江戸屋山道コース)澄海岬へご案内します。

(礼文島泊)

4日目
礼文島

■終日、礼文島の見学。午前、ハイキング(桃岩展望台コース)をお楽しみいただきます。
■午後、カナリアパーク地蔵岩桃岩猫台礼文町郷土資料館へご案内します。

(礼文島泊)

5日目
礼文島08:55発 稚内港10:50着 稚内空港13:15発 羽田空港15:15着

■午前、フェリーで稚内へ戻ります。 着後、稚内空港へ。
午後、国内線にて羽田空港へ。

※例年の花の一般的な見頃に合わせてツアーを設定しておりますが、その年の気候に左右されるため、必ずしも「見頃」をご覧いただけるわけではございません。予めお含み置きください。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは5日間のコースです。

出発日 旅行代金
7月5日(月)発

旅行代金:¥295,000

東京発

7月12日(月)発

旅行代金:¥315,000

福岡発

7月26日(月)発

旅行代金:¥295,000

東京発

8月2日(月)発

旅行代金:¥315,000

伊丹発

■1名室利用追加料: ¥28,000 おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

■各地からの出発時間について

【伊丹発着】 1日目:伊丹08:00発 羽田09:15着 5日目:羽田17:00発 伊丹18:10着

【福岡発着】 1日目:福岡08:00発 羽田09:45着 5日目:羽田15:50発 福岡17:40着

※伊丹・福岡発の羽田空港着以降は羽田発の行程と同様です。

 

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111