ツアーの募集は終了しました

こだわりの宿 大分2つの名湯宿

日本一の炭酸泉・長湯温泉「翡翠之庄」と鉄輪温泉の旅【3日間】

  • 集合場所:博多駅、羽田空港
  • 出発日: 2月20日(火) 、 3月5日(火)
  • 旅行代金:¥198,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
レトロな雰囲気漂う鉄輪温泉では別府湾を見渡す絶景宿に宿泊します。
Point 2
高濃度炭酸泉で有名な長湯温泉では隠れ家宿にて寛ぎのひと時を楽しみます。
Point 3
筑後吉井や竹田など、情緒あふれる町並み散策を楽しみます。

ツアープランナーより

源泉数・湧出量ともに日本一を誇り、自他ともに認める「おんせん県」大分の、個性的な2つの宿を楽しみます。1つ目は、別府湾を望む高台に位置する鉄輪温泉の「山荘 神和苑」です。湯けむり立ち上る鉄輪温泉や、歴史的建造物としての価値が高い竹瓦温泉など、湯の町・別府のレトロな町並み散策にも焦点をあてました。そしてもう1つは、海辺の別府とは雰囲気を変え、久住山系の麓、山深い地に位置する長湯温泉の「宿坊 翡翠之庄」です。長湯温泉自慢の高濃度炭酸泉の湯はもちろん、3万坪という贅沢な敷地にしつらえられたこだわりの空間でおくつろぎください。2つの宿ともに夕食前に周辺散策や温泉を楽しむ時間をとれるよう早めにチェックイン、また翌朝はチェックアウト時間まで宿でお過ごしいただけるゆとりあるスケジュールといたしました。

見どころのご紹介

大分ふたつの名湯 その1 鉄輪温泉「山荘 神和苑」

別府温泉郷は、通称、別府八湯と呼ばれる八箇所の温泉を中心に湧き出していますが、その中でも、おびただしい湯けむりが立ち上り、最も温泉場らしく感じられるのが鉄輪(かんなわ)温泉です。古くから湯治文化が根付いていた地で、長期滞在者たちは温泉や地獄蒸しの地熱の力で体を癒したとされます。湯けむりが立ち上る温泉街を歩くと、今なお市民に愛される大小さまざまな公共浴場や、飲泉場であった泉源跡や洗濯場跡が残っており、レトロな風情を感じることができます。

湯けむり上がる鉄輪温泉(イメージ)
そぞろ歩きが楽しい鉄輪温泉石畳の道

山荘 神和苑 宙館 内風呂付き客室に宿泊

鉄輪温泉での宿は、温泉街を見下ろす斜面に築かれた「山荘 神和苑」です。今回は、その中でも高台に位置する「宙館」の客室をご用意いたしました。その名の通り、お部屋から別府湾が望める眺めの良さが特徴で、広さ66㎡の客室には源泉かけ流しの温泉内湯、バルコニーを有します。敷地内に2つの自家源泉を持ち、加水・加湿は一切行わない天然温泉です。神秘の青湯と称される大浴場や、鉄輪名物の蒸し湯もお楽しみいただけます。

神和苑 入口
温泉大浴場からも別府の街並みを見下ろします
和洋室をご用意(イメージ)

厳選かけ流しの温泉をお部屋でも堪能
朝食(イメージ)

大分ふたつの名湯 その2 長湯温泉「宿房 翡翠之庄」

大分県の久住山系の麓にある長湯温泉。古くは岡藩主に愛され、藩主・藩士の湯治に認められていた古い温泉地です。その湯は〝飲んで効き、長湯して効く長湯のお湯は、心臓胃腸に血の薬〟と謳われた日本有数の炭酸泉で、湯に浸かると、気泡がじんわりと肌にまとわりつき、血行を促進して身体も芯からポカポカになるといわれています。

高濃度炭酸泉が特徴のラムネ温泉館

宿房 翡翠之庄 茅葺の門をくぐるとそこには別世界が

周囲を深い山々に囲まれる3万坪もの広大な敷地に、客室はわずか12部屋の離れのみという贅沢な造り。茅葺屋根の母屋や会食場、高濃度炭酸泉の源泉100%かけ流し男女別浴場などが点在し、まるで一つの村を思わせる雰囲気です。大きな窓越しに揺らぐ自然を眺めるラウンジや、図書室、貸切風呂など充実の設備を持ち、時間をかけてゆっくりと滞在を楽しみたいお宿です。客室となる離れは県内屈指の7人の棟梁が、造りや眺望など、それぞれに粋を凝らして設計しており、二つとして同じものがありません。

宮大工の手で建てられた母屋。ラウンジで寛ぐことができます
離れ客室(イメージ)
離れ客室(イメージ)
夕食 地産地消の食材を使った会席料理です(イメージ)
男女別浴場に加え5つの貸切風呂は全て源泉かけ流し。宿泊客は自由に入湯できます。

ひなまつりに華やぐ白壁の街並み 筑後吉井

江戸時代、城下町久留米と天領日田を結ぶ豊後街道の宿場町として栄えた筑後吉井。筑後川の豊富な水による豊かな農産物に加え、酒造業、製麺業、精蝋などの産業が栄えました。明治期の大火が契機となり、防火性が高く富を誇示する豪勢な漆喰塗の商家が建てられ、現在でも、街道沿いにはほぼ当時の姿のまま残されています。早春、2月から3月にかけては、商家跡に箱雛やおきあげ雛が展示され、より一層の華やぎをみせてくれます。

重伝建地区に選定される白壁の街並み ©福岡県観光連盟
箱雛(イメージ) ©八女市

城下町 竹田

豊後の深い自然に囲まれた竹田は、藩主・中川秀成によって築城された岡城跡を中心として武家屋敷通りなど歴史的な街並みが残る城下町です。少年期の瀧廉太郎が暮らしたことでも知られ、岡城は代表曲「荒城の月」のモデルとなったとされます。2020年にニューアルした竹田市歴史文化館・由学館で町の歴史に触れ、瀧廉太郎の旧宅を利用した記念館も訪ねます。

竹田市歴史文化館・由学館内部
瀧廉太郎記念館

ツアー日程

3日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
博多駅12:00発 筑後吉井 別府・鉄輪温泉15:30頃

■博多駅よりバスにて筑後吉井の町へ。

「おひなさまめぐり」が開催されている筑後吉井の町の散策へ。白壁の建物が並ぶ○白壁通りにもご案内します。

■その後、別府の鉄輪温泉へ。「山荘 神和苑」にチェックイン。

■お食事までゆっくりとお過ごしください。ご希望の方は、鉄輪温泉郷の散策や地獄めぐりにご案内します。

(別府・鉄輪温泉:山荘 神和苑泊)

2日目
別府・鉄輪温泉11:00発 (竹瓦路地裏散歩) 長湯温泉15:30着

■午前、チェックアウト(11:00)までゆったりとお過ごしください。

■午前、別府竹瓦路地裏散歩にご案内します。

■午後、世界有数の炭酸泉・長湯温泉へ向かいます。

■着後、ご希望の方は、長湯温泉の炭酸泉をお楽しみください。

■宿泊は3万坪の敷地にわずか12部屋の離れの客室を持つ「宿坊 翡翠之庄」です。

(長湯温泉:宿坊 翡翠之庄泊)

3日目
長湯温泉10:30発 竹田 博多駅16:30着

■午前、チェックアウト(10:30)までゆったりとお過ごしください。

■バスにて竹田へ。●瀧廉太郎記念館、●竹田市歴史文化館・由学館を見学します。

■午後、博多駅へ。

※上記日程は博多駅発着の日程です。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは3日間のコースです。

出発日 旅行代金
2月20日(火)発

旅行代金:¥198,000

※博多駅発着

3月5日(火)発

旅行代金:¥198,000

※博多駅発着

1名室利用追加代金:¥32,000
お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111